「テレビの友チャンネル」+「テレビ」の期待

 「あまり魅力感じない」と切り捨てていたWiiの「テレビの友チャンネル」について面白いエントリーがあったのでちょっと絡んでみます。

Wiiテレビの友チャンネルが家電業界に与えたメガ・ショックとは – キャズムを超えろ!
http://d.hatena.ne.jp/wa-ren/20080314/p1

 どうしても自分はゲーム的な視点で見てしまうけれど、家電的なインターフェイスとしてみると面白い、というお話。確かに言われてみればその通りで、リモコンのボタンがどんどん増えて複雑化していく中、WiiリモコンのようなシンプルインターフェイスでEPGを操作できるっていうのは確かに面白い。

 ただ、テレビの友チャンネルはインターフェイスは秀逸としても、わざわざ電源を入れなきゃいけなかったり、Wiiリモコンですべてを操作できるわけではない点が辛い。何より厳しいのは起動時間で、あれだけ時間がかかるんじゃEPG目当てに電源入れる気はしないよなあ。時々花粉情報が見たくて「お天気チャンネルでもみようかな」と思うことはあるんだけど、あの起動時間の遅さを考えると結局使わないで終わってしまう。

 一方でこのインターフェイスをテレビ側がとりこんじゃうっていう発想はかなり面白い。上記エントリではWii内蔵テレビなんて話があるんだけど、Wiiを内蔵するまでもなくセンサーバーだけ搭載しちゃえばどうだろう。配線がジャマだったり、ワイヤレスにしても電池が必要だったりといろいろ面倒なセンサーバーを内蔵すれば便利だし、あのWiiの操作インターフェイスをテレビのリモコンにも取り込めちゃう。まあ実際には特許の問題だったりとか、そんないいとこどりの条件を任天堂が許すのか、というところでは現実的ではないかもしれませんが。

 画面インターフェイスももうこの際HTMLでいいんじゃないか、というのも「テレビの友チャンネル」を見ると思っちゃう。最近のテレビはLAN対応が当たり前になっているので、もう画面インターフェイスをすべてHTMLで作っちゃえば画面の変更なんかも対応しやすい。

 私のDVDレコーダ「RD-XS41」はEPGがiEPGしかないんですが、これってある意味その発想に近い。さすがにレコーダのメニュー構成は本体内蔵ですが、EPGの部分だけはPCからRD-XS41本体を経由してインターネットに接続、ネット上のEPGから録画する。これだったら番組表とかも柔軟に変えられるし、Wii的インターフェイスにもうまくあいそう。

 これまた必ずネット接続が必要だという環境が、「つければ見られる」もっとも操作が簡単な(あくまで見るだけならね)テレビに必須とできるかどうかなど課題はありますが、実験的ネット家電としては面白いんじゃないかなあ。ソニーの有機ELテレビなんかはテレビとの接続インターフェイスをHDMIオンリーにするという割り切り仕様だったりするので、コンセプトに基づいた割り切りインターフェイスというのは変にゴテゴテしたインターフェイスよりいいものができそうな気がします。

 しかし何をやろうにしても、Wiiの場合はハードのチープさが後に影響を与える気がしますね。特に内蔵メモリの少なさは今後を考えると拡張性の面で厳しい。もちろん当時としては十分なメモリでしたが、今や2GBのmicroSDですら1,000円台突入していることを考えると、256MBはちょっと厳しいですな。

 次世代Wiiという話もありますが、持ち運びできるDSと違って据え置きのWiiはそこまで2台、3台という買い替え需要は起きなそう。そうするとやっぱりメインは現行機を対象にせざるを得ないので、このあたりのデジタル連携を任天堂がどこまで本気でやるのかは興味津々であります。

 おまけですが、テレビの友チャンネルが集めるメタデータに関しては、正直うまくいってないなという印象。テレビ好きっ子としては、テレビのメタデータは「この番組おもしろい!」と言えることより、「面白いと思う番組をおすすめしてくれる」使い方のほうがいいんですよね。レッドカーペット見ている人にはメリーゴーランドもどうぞ というかんじの。今の使い方は単なる投票チャンネル的機能で終わっているので、あれをもっとうまく結びつけて、おすすめ番組を携帯に送信してくれるとかだったらおもしろかったのになあと思います。

マリオカートWii公式サイトついに登場

 発売日まで1ヶ月を切ったこのタイミングでついにマリオカートWiiの公式サイトが開設されました。?

マリオカートWii
http://www.nintendo.co.jp/wii/rmcj/

 なかなか公式情報なくて不安うずまいておりましたが、公式サイト見るとWiiハンドルだけでなくWiiリモコン横持ちやクラシックコントローラ、さらにはゲームキューブのコントローラまで全5種類をサポート。スマブラX並みの幅広い対応に一安心です。

Wiiハンドルの操作方法
http://www.nintendo.co.jp/wii/rmcj/handle/index.html

 もちろんWiiハンドルも楽しそうなのでプレイしたいですが、今まで十字ボタンで簡単に操作できたからこそ楽しいマリオカートでもあったので、この対応は素直に歓迎。理想としては「十字ボタンでも操作できるよ。でもハンドルが一番楽しいよ!」という流れが美しいですよね。

 ただし懸案はこれが据え置き機だということ。こればっかりはどうしようもないんですが、GBAの頃は移動中毎日のようにプレイしていたファイアーエムブレムも、据え置き型になるととたんにプレイが遅くなる。マリオカートも移動中のちょっとした時間にプレイするのが楽しかったんですが、Wiiだと家に帰らないとできないのがなあ……。まあそのぶんハンドルの楽しみがあるわけでありますが。

 しかもWiiはWi-Fiコネクションで最大16人も対戦できるとのことなので、今から楽しみ。マリオカートシリーズは潜在ユーザーも多いだけにたくさんで対戦できる日がくるといいな。できればマリオカートWii ナイトとかもしてみたい!

マリオカートWii(「Wiiハンドル」×1同梱)
マリオカートWii(「Wiiハンドル」×1同梱)

「テレビの友チャンネル」追記

 エントリがいったん消えたからといって手を抜いたせいか誤解を招いている気がするので簡単に補足。

まずは以前のエントリにいただいたコメントから。

未だにブラウン管TVで新聞もとっていない我が家では、
家族が喜んでくれるんじゃないかな?と期待しています。

そうですね、こういうケースの人にはとってもすばらしく役立つサービスではないでしょうか。なのでこのサービスを完全否定するわけじゃなくて、役に立つ人もいるだろうなとは思います。

ただ、「レコーダがない」「新聞もしくはテレビ欄を持った紙媒体を持っていない」上で「テレビに興味がある」というのはかなり小数に限られると思います。そういう人を救うためのサービスとしてならすばらしいですが、「家庭内でゲームに興味を持たない人に対してリモコンを握らせる」サービスとしては少々弱すぎる。

そしてもう1つ、ほぼ自分のことについてブログで指摘されている点についてもコメント。

 それはイイんですけど……このチャンネルに対する二大批判の文言が「録画が出来なければ使い道がない」「今時みんなハイビジョンレコーダーくらい持っているからそっちの番組表を見るだろう」というもので、この二つって似ているようで相反していますよね。みんながレコーダー持っているなら、Wiiに録画機能付けるイミないだろうと。

やまなしなひび?Diary SIDE? 今日は軽めにゲームプレイ日記でもhttp://yamanashirei.blog86.fc2.com/blog-entry-603.html

まさにこれは私の意見そのままなんですが、この2つって似ているようで相反しているようで、実はぜんぜん相反していないと思いますよ。つまり「EPGなんだから録画くらいできないと、わざわざWiiで操作するほど乗り換えないだろう」ということです。

テレビの友チャンネルには、「みんなで投票チャンネル」的な機能がついているんですが、EPGとしての機能はレコーダより弱い。というか単に番組表見るだけ。テレビに興味持っている人がわざわざ番組表だけ見て、好きな番組投票して終わり、というのは、EPGでの録画生活に慣れた人がそういう行動に出るか、という点で疑問。

そもそもがWiiを起動しなきゃいけない時点で相当ハンデなんですが、せめてこれが「Wiiからでもレコーダに録画できる」という機能があれば、「レコーダじゃなくても録画できるんだからこっちでもいいかもね」という流れができるかもしれない。面白い機能を搭載したとしても、それを使ってもらうためにはそれ以外の当たり前すぎる機能で同じスタートラインにならんどかないと仕方ないよね、ということです。

Wii SportsやWii Fitは、「非ゲーム層にリモコンを持たせる」ことに成功しているとは思いますが、そもそももっともそれをしなければならないWiiのチャンネル構想が、そうした成果をほとんど残せてない気がするんですね。だったら「ディスク入れたらゲームが自動で起動する」という仕組みのほうがどれだけ使いやすかったか、という話になってしまうので、任天堂はわざわざチャンネルをホームに据えただけのチャンネル効果を見せて欲しいなと思います。

Wiiの「テレビの友チャンネル」が残念

 途中まで書いていたエントリが吹っ飛んで悲しいので要点だけ書いておく。

テレビの友チャンネル Gガイド for Wii – Wii
http://www.nintendo.co.jp/wii/features/tv_no_tomo/

  • ただ単に番組表が見られるというだけで、わざわざWiiを立ち上げて番組表をチェックするのだろうか
  • そもそもWii持っているような家だったらEPG対応のレコーダくらいあるのでは
  • リモコンもテレビ機能だけだとレコーダがある家では結局不便
  • WiiならではのEPGのメリットがお気に入り番組の投稿、というのは、非ゲーム層を引きつけるにはちょっと弱い
  • 本来はWiiのEPGから録画など連携できるといいけど、Wiiではそれは難しい
  • そういうところは家電連携の強いPS3が有利っぽい

 家族での番組情報共有やネットでの注目ランキングというのは悪くはないと思うけど、すでにHDDレコーダでタイムシフト化が進んでいる現状では、わざわざリアルタイムのEPGで評価はしないよなあと。たいていは録画済みの番組から選んだりする訳で、やっぱりWiiチャンネルは後付け感というか「これはすごい!」という機能があまりみられなくて寂しいです。

 伝言板機能に関しても、毎回青い色でしか光らないからバージョンアップなのか友達のメッセージなのかわからない。あれが友達からのメッセージは色が違うとか、親から子供にあてたメッセージは開封しないとゲームできない(伝言必ず読めということ)とか、そういう機能があれば広がりはあるんだと思うんだけども。

 GCベースでコストおさえた分、機能的にはやはりPS3やXbox 360に比べると苦しい。なので純粋なゲームならいいけど、こいういう拡張機能では見劣りしてしまうなあというのが印象です。

 むしろPS3はBD1本化が決まったので、これまで背負ってきた「BD普及」という肩の荷が降り、今度こそBDがPS3普及の役にたってくれることになる。そういう意味で2008年はPS3がもうちょっと面白くなってくる年だと思うので期待しておりますよ。

マリオカートWiiはWiiリモコン操作にも対応!

 どきどきしながら待っていたマリオカートWiiの操作方法ががついに明らかに!

なお、Wiiリモコンのみ、Wiiリモコン+ヌンチャクによる操作も可能とのことだ。

「Wiiハンドル」を傾けて車を操作! 『マリオカートWii』4月10日に発売決定!!
http://dol.dengeki.com/data/news/2008/2/27/e973ee4ede4ca2611508ee62294417e5.html

 よかった、本当によかった……。へんにハンドル縛りとかあったらどうしようかとずっと不安だったんだ……。

 新しい直感的な操作で人気を博したWiiですが、実はシリーズものに関しては新しい操作ってそれほど受け入れられていない。Wii Sportsやドラゴンクエストソードは新しいゲームのカテゴリだし、トワイライト・プリンセスやスーパーマリオギャラクシーもWiiリモコンは使いこそすれ、操作方法自体は今までのゲームの延長戦上でしかなかった。

 マリオカートの面白さというのは純粋なレースゲームではなく、アイテムを使って相手を妨害したり、ジャンプしてドリフトしたり、ドリフト中にターボできたりという、「ゲーム的な面白さ」、つまりは「リアルではない面白さ」の要素が強い。これがリッジレーサーやグランツーリスモだったら話は別だと思いますが、すくなくともマリオカートの面白さはリアルとは別のところにあると思うし、リアルに近いハンドル操作ばかり要求されても今までのファンは困る。何より、マリオカートの今までの人気は十字ボタンで手軽にできるからこそ、だと思うんですね。

 マリオカートが全部人気があったかというと、実はGCのマリオカートはそこそこ売れて入るけれど操作方法を思いっきり変えたが故にあまり人気は出なかった。また、スターフォックスのDS版もタッチペン限定という操作方法にしてしまったがゆえに、人気シリーズだったのにそこまで話題に上りませんでした。

 そもそも操作法ってあまり強制されるものではないですよね。マリオカートDSが売れたのも、やはり十字ボタンの手軽そうさだからだろうし、あれがタッチペン限定だったらかなり売上落ちてるんじゃないかと思う。そうやって操作方法をしばるのではなく、今までの操作方法をきちんとフォローした上で、「でもハンドルのほうがおもしろいよ」というのが正当なアプローチだろうし、マリオカートがちゃんとそういう展開できてくれたことがとても嬉しいです。

 これは間違いなく買いますよ。DSの頃も対戦が熱かっただけに、スマブラより盛り上がること間違い無しの予感。今からマリオカートにそなえて友達あつめておかないとですね。ああ、一度くらいはiChatで4人同時ビデオチャットしながら対戦したいなあ。

マリオカートWii(Wiiハンドル」×1同梱)

「スマブラXサロン」開設のお知らせ

予約もできてないのに買ったつもりで作成しちゃいましたよ。

スマブラXサロン
http://blogging.from.tv/smablosalon/guest.php

参加表明されている方はコメントいただいたIDとパスワードでログインしてください。忘れた人は連絡ください、お送りします。

携帯電話はこちらからアクセスしてください。

スマブラXサロン モバイル
http://blogging.from.tv/smablosalon/m.php?a=guest

今日ゲットできなくてもとりあえずログインして親交を深めるのもいいかも。もう自由闊達に使っちゃってください。

あとは中身見たい人用にゲストアカウント作りたいけど、それは参加者のご意見ふまえてからかな。匿名さんで出入りされるのがいやなひともいるかもだしね。

さて、明日は朝イチでゲットするためにもう寝ますよ。ぐーぐーがんも。

暁の女神再開

しました。

ファイアーエムブレム 暁の女神
ファイアーエムブレム 暁の女神

ファイアーエムブレムシリーズは、ある程度キャラが育って軌道に乗るまではリセット繰り返しの厳しいゲームで、暁の女神も壁にぶち当たって長いお休みしてたんですが、ふと久々にプレイしてみたら、久々すぎてキャラの強さとか思い出すのにちょいと時間かかったけど、苦労していたステージもあっさりクリア。

前にプレイしていたときはブログで攻略日記つけていたのでそれも再開。クリアしちゃえばいいけど、クリアできなかった場合はブログでのメモ書きが意外に役に立つんですよね。

ただ、以前のブログはMT4化したときにテンプレートがぶっこわれてしまいましたので、こちらもWordPressで新しく開設。このブログに関してはカスタマイズをいっさいしなくて、フリーのテンプレート適用しただけだったんですが、それでもやっぱりデザイン崩れちゃうのね……。

ファイアーエムブレム「蒼炎の軌跡」改め「暁の女神」つれづれ日記(旧)
http://blogging.from.tv/fediary/

ファイアーエムブレム「青炎の軌跡」&「暁の女神」つれづれ日記(新)
http://blogging.from.tv/fediary2/

もうまもなくスマブラXの発売ではありますが、2008年中にクリアするぐらいの長期目標で地道に進めたいと思います。DS版FEの前にはクリアしておきたいなあ。

スマブラXオンライン対戦者絶賛募集中

いよいよ来週に迫ったスマッシュブラザーズXの発売。ちなみにAmazonはおろか家電量販店も予約終了が相次いでおりまして、当日入手はちょっと困難かもしれません。発売日延期は出荷数確保のためという理由でしたが、この状況見るとそれは確かに正しいのかも。当日はいつもより早起きして開店1時間前から並ぶ覚悟でおりますはい。


大乱闘スマッシュブラザーズX

そして先日告知したスマブラ専用サロンですが、ありがたいことにちょこちょこ参加表明いただいております。

スマブラやろうぜ – カイ士伝
http://blogging.from.tv/kai4den/archives/000753.html

さらにはブログで参加表明をいただいた方も。

[追記20080125]
第1回コロトラクイズの覇者、カイさんがこんなのをやってます。スマブラの対戦相手を探すコミュニティみたいです。

スマブラやろうぜ
とりあえずぼくも申し込んでみました。まだ予約できてないけど。CMで盛り上げるの早すぎだよ。

ゲームを観戦する (smashmedia)
http://smashmedia.jp/blog/2008/01/000904.php

ご紹介ありがとうございます。これで少し参加者増えるといいなー。わくわく。ご参加いただける方はもしよろしければブログでご紹介とかいただけると幸いであります。

とりあえず今回の目的は場の提供だけであって、基本的には2ちゃんねるの中間鯖みたいなイメージ。自分がいないときでも自由に使っていただいていいですし、ここ使って自分が主催したイベントのメンバーと連絡とっていただくのもOK。スマブラXユーザーが集う半公共的な場として役に立てればという思いです。コメント欄でのコメントが苦手な人は右サイドバーにありますメールアドレスでもいいですし、はてなメッセージでもmixiでもTwitterでもなんでもOK(パスワード設定の関係上はてなブックマークは難しそうですが、何かしら参加の意志を示していただければご対応いたしますので。

発売日入手が難しそうなのと、発売されてからの感想を見てやりたくなる人もいるでしょうから、発売日以降も参加表明は受け付けます。あくまでフレッシュミーティングの期間を最大限利用するために当日開設する関係上、事前にご連絡いただいておりますだけなので。

あー、早くプレイしたいなあ。ちなみに先日公開されて話題騒然となった「トライアルモード」も紹介。スマブラX登場キャラクターのゲームを体験できるという、ちょっともうやりすぎですよというぐらい至れり尽くせりモード。詳細はぜひ下記で確認してくださいませ。

名作トライアル
http://www.smashbros.com/jp/gamemode/various/various23.html

「テレビゲーム最大の欠点」について一言(ry

ずっと腑に落ちなかったんだけど、この2日くらいずっと考えていて何が納得できないのかやっと明確になったのでまとめます。

テレビゲームの根元的な欠点とは? (デジタルエンタメ天気予報):NBonline(日経ビジネス オンライン)
http://business.nikkeibp.co.jp/article/life/20080124/145244/

相変わらず当日以降続きが読めないステキ仕様なんですが、こういうときって引用はどういう扱いになるんでしょうね。パスワード保護されているものも普通に引用していいのかしら。

でまあ、とりあえず公開されているうちにまとめておいた今回の流れはこちら。

テレビゲームの欠点は「プレイしないと楽しめない」
「Wii Fit」「Wii Sports」は家族のプレイを見ているだけでも楽しい
「プレイしていなくても楽しい」からヒットする
スマブラXはネットワークで「観戦モード」搭載
観戦モードでスポーツ観戦と同じ楽しみが味わえる
テレビと違うのはプレイヤー自身がコンテンツを作り出していること
テレビゲームは「プレイすることが楽しい」だけのエンタテインメントではなくなりつつある

前回のマリギャラは首尾一貫してトンデモ理論でしたが、今回に関してはWii SportsやWii Fit、スマブラXの観戦モードみたいに、ゲームそのものを操作している人以外も楽しめる仕組みはすばらしいという結論そのものは賛成です。Wiiなんてのははじめからそれを狙ったハードですしね。

で、腑に落ちなかった部分はそもそも「ゲームの欠点」とされている点について。

テレビゲームは、プレイするのに疲れてしまうと、それ以上楽しむことができません。技術が足りずに先に進めなくなっても楽しめなくなる。指や腕が痛くなったらもう楽しめない。ゲームが上手い人ほど気づきにくいのですが、「プレイしないと楽しめない」というのは、テレビゲームが持つ根源的な欠点なのです。

それはさ、何だって同じじゃないですかね。スポーツだろうがなんだろうが疲れたら楽しくないですよ。自分が大学で入ったテニスサークルはうまい人がすごいたくさんいて、自分みたいな大学デビューはレベル差がありすぎて最初の頃は全然テニスたのしめなかった。それでもがんばってくらいついてなんとかラリーできるくらいにはなったけど、「プレイしないと楽しめない」というのはテレビゲームだけに限らない、娯楽としてのゲームは総じて当然の理屈だと思います。

んで、後半には「オンライン観戦はスポーツ観戦みたいに楽しめる」っていう下りもあるんだけど、これに関しても観戦が楽しいのは好きなスポーツだからこそであって、好きでもないスポーツみても面白くも何ともないです。自分はサッカーはウイイレとかでは楽しめるんですが、リアルサッカーに関しては90分も戦っていて2〜3点しか入らないという盛り上がりポイントの少なさが苦手でどうも楽しめない。これは好みの問題なのでスポーツの好き嫌いは人それぞれ違うとは思いますが、すくなくとも「スポーツ観戦は楽しいよね」っていうのは対象に興味がなかったらオンラインだろうがリアルだろうが楽しくないですよ。

ただ、スポーツそのものに興味が無くても観戦が楽しいということはあります。例えば野球には興味ないんだけど、球場でビル片手に友達とワイワイやるのが楽しいとか、サッカーに興味はないけど大画面でサッカー見ながらみんなでビールをあおるとか。つい酒ばかりに注目してしまいますが、スポーツというイベントを通じて友達と話したり飲んだりが楽しい、というのもスポーツ観戦の別の楽しみ方といえるのでは。

Wii SportsやWii Fit、スマブラXの観戦モードも実はそこなんだと思う。ゲームそのものはプレイしていなくても、周りもその空気に参加できるということ。スマブラXに関してはただ見ているだけじゃつまらないから、誰が勝つかを予想できるモードが実装されていて、観戦を通じて他の人たちとその場の空気を共有して楽しめる。

大観戦
http://www.smashbros.com/jp/gamemode/wi-fi/wi-fi02.html

つまり、プレイしていない人も楽しめるというよりも、コントローラを直接操作している人以外も一緒に参加できること、そういう要素が絶対ではないけれど、ゲームの間口を広げる施策としては良い効果を持っているということが本質なんじゃないかなと思います。

ずっと腑に落ちなかったのは、言葉の違いこそあれ結論は同じ方向にあるものの、そこへたどり着くまでの論点がちょっと勢いよすぎるからなんだな、と気づきました。少なくとも「プレイしていないと楽しめない」はテレビゲームだけの欠点じゃない。映画だって見てない人は楽しくないし、趣味なんて基本的にそういうもんじゃなかろうか。観戦モードも観戦そのものが楽しいんじゃなくて、観戦しているだけじゃない参加要素をきちんと作り込んでいるからこそ、なんじゃないかと思います。

あとついでに観戦モードについてもゲーオタとして触れておくと、観戦モードってのは今に始まったものではないですね。リッジレーサーのXbox 360版なんかもオンライン観戦モードはついていて、他人の試合を見ながらチャットを楽しんだりもできる。ほかにもちょっと調べたらDEAD OR ALIVE 4のXbox 360版もオンライン対戦があるみたい。Xbox LIVEという強力なオンラインプラットフォームがあるXbox 360ならではと思いますが、とりあえずオンライン観戦はいまにはじまったこっちゃない。別に「こっちが最初だもんね」なんてしょーもない突っ込みがしたいわけではないですが、あくまで事実確認として紹介しておきます。