Androidユーザー待望の「モバイルSuica」がついにリリース

おサイフケータイ搭載のAndroidユーザー待望のSuicaがついに7月23日にリリースされました。Android1台持ちの人にはとても待ち遠しかったサービスではないでしょうか。

suica01

Androidスマートフォン向け「モバイルSuica」、7月23日開始 – ケータイ Watch
http://k-tai.impress.co.jp/docs/news/20110523_447857.html

携帯電話とスマートフォンの2台持ちをしている自分としては、電池の持ちから考えてもまだSuicaは携帯電話に入れとこうかなーと思ってはいますが、メニュー見る限り機種変更設定はお手軽っぽいのでおサイフケータイ好きとしてサクっと設定してみました。

対応機種はSuicaの公式サイトで公開されていますが、かなりの数が対応しているのでモバイルSuicaがでたばかりの時のように「Felica搭載してるのにSuicaが使えない」って事態は避けられそうかな。

JR東日本:モバイルSuica>モバイルSuicaとは>対応機種
http://www.jreast.co.jp/mobilesuica/whats/models.html

アプリはすでにAndroidマーケットで公開しているのでAndroidマーケットで検索するか下記URLからPC経由でインストール。

モバイルSuica – Android マーケット
https://market.android.com/details?id=com.mobilesuica.msb.android&feature=search_result

初回設定時にはスマートフォンだといくつかの機能が使えないこと、Gmailだとメールが正しく表示されない場合があるという注意書きを表示。

suica02

 

利用できない機能はサイトに紹介されていますが、Suicaの利用に関わる大事なポイントは銀行チャージができないくらいかな。運行情報とかはほかのサービスが一通りあるし、えきねっとはまあPCでもいいかなと。

■スマートフォンでご利用できないサービス

・銀行チャージ(みずほ銀行、三井住友銀行、三菱東京UFJ銀行)
・ 運行情報
・ えきねっと
・ 時刻乗換案内

JR東日本:モバイルSuica>モバイルSuicaとは>おサイフケータイ®対応Android™搭載スマートフォンでの モバイルSuicaサービスについて
http://www.jreast.co.jp/mobilesuica/whats/smartphone.html

 

すでにモバイルSuicaユーザーである私は携帯電話側で機種変更手続きを行ない、Androidでログインすれば移行完了。このあたりの移行はSuicaだとお手軽でいいですな。

suica03

 

ログイン後の画面はこんな感じ。一見するとAndroid向けにかなり作り込まれているように見えますが……。

suica07

 

メニューをクリックすると携帯電話版まんまのデザインw。携帯電話用のショートカット数字まで一緒です。このショートカット、10付きのAndroidだとうまく動いたりするのかしら。

suica08

 

設定してからコンビニで買い物したり、NEWDAYSでチャージしたりも試しましたが、まったくもって普通に使える。まあそれは当たり前の話ではあるんですが、やっとAndroidでSuicaを使える日が来たかとおもうと感慨深いものがありますね。

Androidならではの機能もあって、その1つがクイックチャージ。メニューの「SF(電子マネー)」で左側の三角ボタンをタップするとクイックチャージがメニューとして表示されます。

suica12

 

 

そしてこれがクイックチャージの画面。携帯電話だとメールアドレスとパスワードでログインしてからチャージ金額を決めて、という手順に対し、クイックチャージだとパスワードと金額を入れるだけで手軽にチャージできるってことですね。

suica13

 

そしてもう1つのAndroidならではの機能がウィジェットなんですが、なんかもう機能とか以前にすごいキラーかも。

 

以下のように画面にウィジェットを設定するとペンギンとSuicaのアイコンが現れます。Suicaでスイカというド直球のだじゃれもいいんですが大事なのはここから。

suica09

このウィジェット、タッチするとSuicaのチャージ金額が表示されるんですが、この時のペンギンがやたらもうかわいいわけですよ。これはずるいわーついタッチしちゃうわー。

suica10
suica11

 

機能面だと銀行チャージに非対応ですが、定期やオートチャージ、機種変更など一通りの機能は盛り込まれているので個人的には不足なし。画面がまんま携帯電話デザインなのは、ごっそり移植したんだなーという点で逆に安心します。ウィジェットでの残高確認やクイックチャージも地味に便利だし、初回リリースでここまで機能入っているというのはなかなかすばらしい。このあたりはさすがJRクオリティだなと思いました。

バッテリーの消費が早いスマートフォンでSuicaを設定するところにやや不安もありますが、このアプリを待ちに待ってたユーザーも多いはず。かなりしっかり作り込まれているので、機能面では安心して使えるかなと思いました。

ただ、カード型のSuicaと違ってスマートフォンだと改札でチャージできないので、携帯電話からではなくカードから移行する人はその点に注意。NEWDAYSなどでのコンビニではチャージできますがそれもちょっと面倒なので、Androidで使うならクレジットカードでオートチャージ設定しておくことをお勧めします。

おサイフケータイのクレジットカード登録は一般のクレジットカードだと年会費1000円、VIEWカードだと年会費なしというシステムになっているので、余計なお金を払いたくない人はVIEWカード作るのがお得です。

お薦めはビックカメラのVIEWカードなのですがそのあたりは以前のエントリーで書いたのでそちらをご参照くださいませ。エントリ執筆時点ではJCBのみ対応だったのですが今はVISAにも対応しているので利用の幅も広がっております。

iPhoneはVIEWカードでオートチャージが勝ち組 – カイ士伝
http://bloggingfrom.tv/wp/2008/06/13/241

また、Suicaはポイント還元でもなかなかにお得なシステムになっております。そのあたりはこちらのエントリーをドゾー。

電子マネーポイント再考 – カイ士伝
http://bloggingfrom.tv/wp/2009/07/06/2389

ドコモユーザー的にはEdy、iDに加えてモバイルSuicaが登場したことでほぼ電子マネーの環境に隙はなし。ぜいたくをいうとnanacoが欲しいけれど、ポイントさえ気にしなければSuicaもセブンイレブン対応してるので利便性ではさほど問題なし。いままで「Suicaが使えないから」という理由でAndroidに機種変更していなかった人だけでなく、今までモバイルSuica使ってなかった人もこれを機会にモバイルSuica使い始めるといいな。モバイルSuica含めてオートチャージを設定しているユーザーからすると、改札前で「チャージ不足でした」とチャージ待ちさせられるのは困ったもんなのでね……。

電子マネーポイント再考

なんだかいろいろ思い違いをしていた気がしてきた。

今まで自分の電子マネーの使い方は以下の通りでした。

  • メイン:DCMX(100円で1ポイント=1円)
  • Suicaポイント対応店:Suica(100円で1ポイント=1円)
  • DCMXもSuicaも使えないとき:Edy(基本200円で1ポイント=1円)

基本は常に100円で1ポイントもらえるDCMXが生活の中心で、SuicaはキオスクやエキナカじゃないとSuicaポイントつかないからなあ・・・・・・。なんて考えていたんだけど、こないだ友達から「そもそもチャージでポイントついてるからSuicaのほうがオトク」という言われて目が覚めた。そうか、支払い時にポイントつかなくても、チャージですでにポイント溜まってるからいいのか!

自分の場合、VIEWカードでモバイルSuicaにチャージしているので、サンクスチャージが適用されるんですな。

JR東日本の駅できっぷや定期券、Suicaへの入金(クレジットでのチャージ)、びゅう国内旅行商品をお買い求めいただくと、VIEWプラスで通常の3倍、1,000円につき6ポイント(15円相当分)が貯まります。

ビックカメラSuicaカード:ビューカード
http://www.jreast.co.jp/card/first/bic/index.html

すでにチャージした時点で1000円で15円相当のポイントが適用。つまり100円では1.5円だからわずかにDCMXよりポイントが高い。さらにSuicaポイント対応店だと100ポイント1円だから合計で100ポイント2.5円相当なわけですよ。実際にはサンクスチャージとSuicaポイントはポイントが違うんであくまで概算ですが。

つい支払いが楽なんでDCMX使ってたけど、これはひょっとしたらこまめにモバイルSuicaチャージしたほうがいいんじゃないかという気がしてきた。しかしそれにしても最近Edy使わなくなったなあ・・・・・・。

「モバイルSuicaの電池は切れる」という事実

 前から書こうと思っていたところにちょうどこんなエントリーがあったので勢いで書いておく。

以前、モバイルSuicaはケータイの電池で動くので、(中略)どうやら電池の残量が本当にない時には使えなくなるようだ。

モバイルSuicaはケータイの電池が切れると本当に使えなくなる – ただのにっき (2008-06-22)
http://sho.tdiary.net/20080622.html#p02

 そう、ほんとにモバイルSuicaの電池は切れます。よく「携帯の電池が切れても残った電池で動くから大丈夫」という話をする人がいますが、それでも切れるものは切れます。

 自分のときはどんなだったかというと、前にも書いたんだけどお店で携帯電話使いまくっていたら電池が切れたのでその場では電源オフにし、機種変更前の別の携帯電話に差し替えてそっちでブラウザやメールを利用。帰ろうと思ったら電源切ったままの携帯では改札を通れず、「電源は切っていてもいいけどSIMカードは装着しないとダメ」とのことなので、SIMを装着してから電源を投入して改札を通過、その後また電源を切ってからまたSO905iでメールやブラウザチェック。

 「電池が切れていてもSuicaは使える」という話を聞いていた安心感もあってか、他の改札を通るときに再度同じ作業をしていたら、最後の改札を降りようとするところで、電池が一切入らなくなっていて改札を通れないという事態が発生していたのでした。

 あくまで体感ではありますが、「電池が切れても大丈夫」という言葉のイメージが与えるほどモバイルSuicaの電池は持ちません。そして「電池切れが発生してから数回電源を再投入するだけでもSuicaが使えない」という程度の電池の持ちというのは、連絡を取らなければいけないような事態が発生した場合には非常に不安であるということです。

 そんな電池が切れるような携帯電話にSuica入れてるほうが悪いといわれたら最後ですが、単にお金が使えなくなる他の電子マネーと違い、電車に乗ってしまったら降りるときにも大変になるというインフラ系サービスであるだけに、JR東日本は3キャリアの充電器くらいは全改札に装備してほしいところ。ほんのちょっと充電するだけでも改札通過するくらいはできるでしょうし。一度でもSuicaの電池切れを体感するともう怖くて怖くて、予備電源ないともう電車は乗れませんね。

 あと、「モバイルSuicaの電池は切れても残った電池で動くらしい」という話って、そのほとんどが伝聞系で、「電池切れたんだけど十分改札通れたよ」という実例って、自分の身の回りではあまり聞きません。実際にはもちろん電池切れてもSuica使えた人もいるとは思いますが、ほとんどの人がそうならないよう気をつけていてそういう事態に遭遇していないだけに、やたら「電池切れても大丈夫」という言葉ばかりが一人歩きしている気もする。電池を気にしながら最低限使っていたって電池切れするケースはありますよ、という1つの事例だけは、モバイルSuica使う人は知っておいたほうがいいかと思います。

iPhoneはVIEWカードでオートチャージが勝ち組

※おへんじ書いたよ

「iPhoneはVIEWカードでオートチャージが勝ち組」について自分で言っておくか – カイ士伝
http://bloggingfrom.tv/wp/2008/07/09/299

「日本でもっともブログを書く男」でおなじみネタフルのコグレさんから、ものすごい勢いで投げっぱなしリンクがきたのでちと補足エントリー。

ちなみにエージェントK氏によると「VIEWカードでオートチャージが勝ち組」だそうです。

[N] 「iPhone」をおサイフケータイにするアイデア

http://netafull.net/iphone/026212.html

iPhoneにはおサイフケータイ機能が搭載されないのですが、その苦肉の策!? とでもいうべきアップルのiPhone用ケースにはカードを収納する部分が用意されており、ここにSuicaとかを入れておけばおサイフケータイっぽくつかえるじゃん、というお話。

これ、一見するとバカにされそうではありますが、実はSuicaに関してはバカにできないというか、むしろおサイフケータイよりこっちのほうが上の部分もあるのです。

というのもおサイフケータイの中でSuicaだけはモバイルにすることで「電池がなくなったら」的携帯電話デメリット以外のデメリットがありまして、

  • 駅の券売機でチャージできない
  • チャージは携帯電話の通信機能を使って手動チャージ

なんですよ。現金チャージに関してはNEWDAYSのようなコンビニでもOKですが、駅の券売機のようなカード挿入型ではその形状からして現金チャージが無理。また、チャージは必ず携帯電話の通信機能を行なって手動で行なう必要があり、クレジットカードを登録しているのにも関わらず足りなくなるとせっせとチャージ作業が必要というアホなシステムなのです。

ところがSuica機能を搭載したJR東日本のVIEWカードの場合、オートチャージ機能が搭載されているんですね。残高が一定金額を下回ると自動でチャージしてくれる仕組み。しかもカード型だから券売機での現金チャージもOK。つまり上記モバイルSuicaの課題に対し

  • 駅の券売機でチャージOK
  • オートチャージで手動チャージの必要なし

と、一見するとかっこ悪くても実はモバイルSuicaより利便性が上なのです。

そんなSuica搭載VIEWカードでのオススメですが、私はダントツでビックカメラSuicaカードです。

「この中でさらにお勧めどれですか!」と聞いたら「ビックカメラSuicaカード」を教えてもらいました。

[N] 「ビックカメラSuicaカード」を契約する件

http://netafull.net/life/026231.html

VIEWカードはJR東日本や提携カード含め数種類ありますが、そのほとんどが年会費必要。しかしビックカメラSuicaカードは、1年に1回でも使えば年会費が無料。Suicaのチャージも利用にみなされるので、ビックカメラSuicaカードのSuica機能を使う人は実質的に年会費無料と言っていいです。

※初年度年会費は無料となります。

2年目以降も前年にクレジットのご利用がある場合は無料になります。

JR東日本:ビューカード>ビックカメラSuicaカード

http://www.jreast.co.jp/card/first/bic.html

しかもサンクスチャージにも対応。サンクスチャージというのはSuicaへのチャージや定期券などを購入すると、通常は1000円で2ポイントのビューサンクスポイントが3倍の6ポイントになるのです。

JR東日本の駅できっぷや定期券、Suicaへの入金(クレジットでのチャージ)、びゅう国内旅行商品をお買い求めいただくと、VIEWプラスで通常の3倍、1,000円につき6ポイント(15円相当分)が貯まります。

そして貯まったビューサンクスポイントは400ポイントで1000円のSuicaに変換できるので、普通にチャージしているだけでいつの間にかおまけが手に入ります。このチャージはVIEWカードだけの特典なのですが、会社の定期券なんかをSuica設定している人はかなりオトクだと思います。

ビックカメラSuicaカードという名前ではありますが、クレジットカードとしてはほとんど使わずSuicaだけ利用していてもOK。ビックカメラSuicaカードの弱点はJCBしかないことなので、海外利用が多い人なんかは他にVISAカードを持っておいて、ビックカメラはSuicaのオートチャージのみ利用、ってのでもいいと思います。

私の電子マネー利用法は以前にちょっとまとめたので、よろしければこちらもどうぞ。

僕の電子マネー大作戦 – カイ士伝

http://bloggingfrom.tv/wp/2008/06/03/191

【追記】

はてなブックマークにてビックカメラのSuicaでは定期が使えないというご指摘いただきました。紹介のつめがあまくて大変申し訳ありません。

※「ビュー・スイカ」カード(定期券機能付)、「ビュー・スイカ」リボカード、アトレクラブビューSuicaカード以外のSuica機能付きビューカードについては、定期券機能はご利用いただけません。
JR東日本:ビューカード>定期券機能のご案内
http://www.jreast.co.jp/CARD/teiki/index.html
この点はコグレさんにフォローいただいておりますのでよろしければご覧ください。

はてなブックマークのコメントを見ると「定期が入れられないのでNG」というのがありましたので、ご注意を。

VIEW Suicaカード」であれば、年会費は500円かかりますが、定期も入れられます。そのあたりはライフスタイルに併せて選択して頂くのがいいのかな、と。

いずれにせよ、おサイフケータイ機能がないから「iPhone」はNGということではなく、こういう選択肢もあるんだよー、と知って頂けると嬉しいです。

[N] なぜ「iPhone」はVIEWカードでオートチャージが勝ち組なのか?
http://netafull.net/iphone/026246.html

僕の電子マネー大作戦

id:kurimaxに捧ぐ。

コンセプト

  • 基本価値は1ポイント1円程度なので無理して貯めない。ポイント欲しさに買い物の量を増やすことは避ける
  • ただしまとめ買いしたほうがポイントつく時は積極的にまとめ買い

手持ちアイテム

?

DCMX(iD):100円で1ドコモポイント(1ポイント=1円)

DCMX|ドコモのケータイクレジット
http://www.dcmx.jp/st/point/index.html

ビックカメラVIEWカード:サンクスチャージ+VIEWプラスで1,000円で6ポイント(400ポイント=1,000円、1ポイント=2.5円)

JR東日本:ビューカード>サンクスチャージ
http://www.jreast.co.jp/CARD/thankscharge/index.html

モバイルSuica:Suicaポイントクラブ対応店にて100円で1ポイント(1ポイント=1円)

JR東日本:Suicaポイントクラブ
http://www.jreast.co.jp/suicapoint/index.html

Edy(ANAマイレージクラブ):200円で1マイル、ただしam/pmは200円で2マイル(現金換算では1マイル=1円)

ANAマイレージクラブ – Edyサービスのご案内
https://www.ana.co.jp/amc/reference/edy/index.html

Edyでお得キャンペーン – am/pm
http://www.ampm.co.jp/edycampaign/index.html

nanaco:100円で1ポイント(1ポイント=約1円)

電子マネー nanaco 【公式サイト】 : ポイントを貯める
http://www.nanaco-net.jp/point/charge.html


基本ルール:もっともポイント率の高いカードを優先的に使う

?

ビックカメラVIEWカードは定期券やきっぷなどを買うときだけVIEWプラスで3倍になり、通常は1,000円で2ポイント。つまり100円単位では0.2ポイント(0.5円)のところを6ポイント(1.5円)と還元率が高いので定期券購入とチャージ専用で使う。(カード自体はモバイルSuica設定したあと使っていない)

普段はどこで使おうとも100円で1ポイントが貯まるDCMXを積極利用。携帯電話の料金をDCMXで支払うとポイント3倍。

DCMX | サービス・機能 | NTTドコモ
http://www.nttdocomo.co.jp/service/osaifu_shopping/dcmx/

SuicaはSuicaポイントクラブ対応店でのみ使う。コンビニ利用ではポイントつかないのでiD、iDだめならEdy。

Edyは基本200円で1マイルとDCMXより還元率が低いのでiD優先。am/pmは200円2ポイントだけれど、300円のときにはiDが3ポイントに対してam/pmが2ポイントとわずかに効率悪い。

nanacoは100円で1ポイントと1%還元だが、貯めたポイントをnanacoにチャージする際に1%手数料が取られるのでわずかながら1%を下回る還元率。

電子マネー nanaco 【公式サイト】 : ポイントを使う
http://www.nanaco-net.jp/point/use.html


ポイントの使い道

?

ビックカメラVIEWカード(ビューサンクスポイント):400ポイントでSuicaに1,000チャージまたはビックカメラポイント1,000ポイント

JR東日本:ビューカード>サンクスチャージ
http://www.jreast.co.jp/card/thankscharge/index.html

JR東日本:ビューカード>提携ポイント
http://www.jreast.co.jp/card/thankspoint/point.html

DCMX(ドコモポイント):1ポイント1円相当で機種変更に利用

ポイントサービス : ポイントのご利用方法 | お客様サポート | NTTドコモ
http://www.nttdocomo.co.jp/support/benefit/point/usage.html

モバイルSuica(Suicaポイント):1ポイント1円(100ポイントから)でSuicaにチャージ

JR東日本:Suicaポイントクラブ > ポイントを使う > Suica電子マネーに交換する
http://www.jreast.co.jp/suicapoint/use/sf.html

Edy(ANAマイレージクラブ):1万マイルでEdy1万円分。もしくは旅行券

電子マネー「Edy(エディ)」 | Edyの使い方 | Edyカード・ケータイを入手 | カードの場合
http://www.edy.jp/howto/get/index.html

nanaco(nanacoポイント):1ポイント1円(100ポイントから)でnanacoにチャージ。ただし手数料で1%が引かれる

電子マネー nanaco 【公式サイト】 : ポイント交換手数料を調べる
http://www.nanaco-net.jp/point/exchange.html

モバイルSuicaの電池が切れるまで

 前に「モバイルSuicaの電池はなかなか切れないらしい」なんてこと書いてましたが、先日みごとに電池切れでモバイルSuicaが起動できない事態が発生してしまいました。俺涙目www。

電池が2個目になり「そろそろやばいな」と思いつつもちょこちょこ使い続けていたらついに「充電してください」表示が発動。仕方ないから手持ちのSO905iにSIMカードを差し替え、メイン端末のF905iの電池を温存しておいたところ、改札でみごとエラーが出ました。どうもSIMカードを挿していないとモバイルSuicaは使えないみたいですね……。

仕方がないのでF905iにSIMカードを挿して改札を通過し、次の改札まではまたSO905iに差し替えて……ってやってたら、どうも電源の再起動は電池を食うみたいで、できるだけ電源オフにしておいたのにみごと空になってました……。もう電源ボタン押してもうんともすんとも言わないわけですよ。

で、そういう時にJRはどういう対応をしてくれるのか、という話ですが、答えとしては「乗った駅を口頭で伝え、降りた駅までを現金清算」というかなり原始的な対応……。そこで現金で支払った額の証明書を紙でもらい、携帯電池の充電が完了してから最寄りのJR窓口で紙を見せると、現金で払った分の差額を返金なり対応してくれるとのことです。

まあ電池が切れたから仕方ないんですが、これJRならまだしもPASMO区間に乗り入れた場合も対応一緒なんですかね……。あと、最近SuicaやPASMOで使えるロッカーなんかもあるけど、あれなんかも電池が切れたらどうなるんだろうと不思議です。

モバイルSuicaは電池がなくなってもしばらくは使える、という話でしたが、それでもやっぱり強気に使っていると電池は使われてしまうみたい。電池が危ないな、と思ったら早めに電源オフにしておいたほうがよさそうですね。

ちなみにF905i自体の電池の持ちがイマイチという話もあります。いや、905iシリーズ全部使ったわけじゃないのでこれくらいが普通なのかもしれませんが、少なくとも体感ではSO905iのほうがはるかに長い。あと電池のメモリが2個に減ってから電池が切れるまでの時間も、SO905iはかなり長めの時間なのに対してF905iはかなりあっという間です。モバイルSuicaみたいな仕組みをつんでいるだけに、電池が切れそうな時は早めに告知してくれるほうがいいかなあと思いました。

おサイフケータイの機種変更 Part2

先日まとめたおサイフケータイの機種変更、さっそくSO905iからF905iで実践してみました。

カイ士伝 ? Blog Archive ? おサイフケータイの機種変更
http://bloggingfrom.tv/wp/2008/02/15/65

まずは定期券が設定されているモバイルSuicaですが、これが一番簡単。iアプリからモバイルSuicaを起動して「会員メニュー」でログイン。あとは機種変更を項目から選ぶだけです。設定が終わったら新しい端末で新たにモバイルSuicaのiアプリをダウンロードし、同じく会員メニューから機種変更を選択し、携帯電話のメールアドレスとモバイルSuicaのパスワードを入力すれば無事にモバイルSuicaを移行できました。

nanacoモバイルも手続きはほぼ一緒ですが、違うのは前の機種で設定が終わると、引き継ぎ用の番号が表示されること。この番号をメモっておいて、次の機種でnanacoモバイルのiアプリをダウンロードし、番号を入力すればOKです。ちなみに番号を忘れても、前の機種にSIMを差し替えてnanacoモバイルのiアプリを起動すると同じ番号が表示されるので一安心。

そして手数料が取られてしまう懸案のEdyでしたが、机上の空論で予想していた通り、Edy to Edyでも引き継げました。この場合、新機種で先にEdyのアプリをダウンロードして設定を行ない、Edy番号を取得。今度はSIMを差し替えて前の機種から新機種のEdyに送ってあげれば無事移行できました。

Edy to Edy
Edy to Edy posted by (C)カイ士伝

なお、Edy to Edyの場合は手数料が最低53円から発生するのですが、その手数料を自動で差し引いてくれるような機能はありません。なのでまずは残ったEdy全部を入力し、必要な手数料が表示されたらそれを引いた差額を自分で計算する必要ありです。

電子マネー「Edy(エディ)」 | Edyの使い方 | Edy to Edy
http://www.edy.jp/howto/etoe/index.html

手数料は送付額の1%で最低53円から。そしてモバイルEdyの引き継ぎは105円なので、Edy to Edyでお得になるのは残額が1万円以下の時だけですからお気をつけて。しかし自分のお金なのに機種変更で持ってかれるのは納得いかないよなあ……。電子マネーってこのあたりもうちょいなんとかならんものか。

FOMA F905i徹底レビューまとめサイト【ケータイ会議 sponsored by 富士通】

おサイフケータイの機種変更

先ほどのエントリの続き。

おサイフケータイについてこないだ知人と話していた時のこと。お互いおサイフケータイ同士で「やっぱおサイフケータイいいよねー」なんて語ってたんですが、私のは最新機種のSO905iなのに対して相手のは一昔前のモデル。「そろそろ機種変更しないの?」と聞いたところ「おサイフケータイの機種変更がめんどそうで」と回答が返ってきました。

たしかにお金からむだけにちょっとめんどいよねーと思い、これまた興味本位でいろいろ調べた結果をこのエントリでまとめてみます。このエントリがあの人の機種変更に少しでも役立ちますように。

ひとまず調べたのは私が愛用しているEdy、nanaco、モバイルSuicaの範囲内ですが、いずれも機種変更前の端末で残高をいったん預け、新機種で受け取るというシステムです。ただ、カードごとにそれぞれ細かな挙動が違っていてなかなかに興味深い。

まずはEdyですが、機種変更でカードを移す時に105円の手数料が取られます。自分のお金なのにひどいよ! やっぱり電子マネーの先行者だけにシステムも少し古いのかなとか懸念してしまいます。

電子マネー「Edy(エディ)」 | Edyの使い方 | 機種変更・故障の場合 | 機種変更する場合
http://www.edy.jp/howto/exchange/index.html

しかしEdyには、友達にEdyを送れる「Edy to Edy」という機能があり、こちらは手数料が1%で済みます。

電子マネー「Edy(エディ)」 | Edyの使い方 | Edy to Edy
http://www.edy.jp/howto/etoe/index.html

Edyはnanacoと違ってポイントシステムがないので、割り切って新しいEdy番号を取得し、そこにギフトで送っちゃうというのも手なのかも。1%の手数料ということは、1万円以下の残高だったらEdy to Edyの方が安いですからね。ただ、Edy番号が違えども同じ携帯電話にギフトとして送れるのかは未検証ですが。

同じカード型でもnanacoはポイント制度があるので番号変えると損しますが、こちらは無料で引き継ぎが可能。しかも機種変更前の端末で引き継ぎ操作をしなかった場合、Edyは「前の機種の残高そのままつかってね」、紛失した場合は「残高は知りません」というかなり冷たい仕様で、水没や故障などの時だけ引き継いでくれる仕様です。

電子マネー「Edy(エディ)」 | Q&A | おサイフケータイが故障した場合
http://www.edy.jp/qa/accident.html#6

これに対してnanacoは紛失でも引き継いでくれるし、万一変更前の端末で引き継ぎしなかった場合でも「お問い合わせください」とあるので窓口対応してくれる模様。後発だけにこのあたりは充実してますね。

電子マネー nanaco 【公式サイト】 : 不具合・紛失・盗難について
http://www.nanaco-net.jp/inquiry/rescue.html

モバイルSuicaも引き継ぎは問題ありませんが、同様に機種変更前の端末で操作が必要なのでご注意。また、私はまだつかってませんがDCMXも同様の設定で機種変更できるみたいです。

JR東日本:モバイルSuica>よくあるご質問>機種変更・携帯電話会社の変更など
http://www.jreast.co.jp/mobilesuica/faq/faq_change.html

DCMX|ドコモのケータイクレジット
http://www.dcmx.jp/st/update/about_model_change.html

全体的に前端末での引き継ぎが前提のようですが、ビックカメラやヨドバシカメラのポイントなんかは店頭対応らしく、すべてが電話機でできる訳ではない模様。ただ、ドコモの場合は自分の手でのSIM差し替えに対応しているので、機種変更前の端末も回線を使えるから「ああ、前の機種で設定忘れた!」といってもそこまで大きな問題はなさそう。

また、ドコモだとiCカードの情報を自動で移してくれる「iCお引っこしサービス」を提供しています。

iCお引っこしサービス | サービス・機能 | NTTドコモ
http://www.nttdocomo.co.jp/service/osaifu_shopping/osaifu/ic/

どのサービスがどこまで対応しているのかがサイトだとよくわからないんだけど、こういうサービスつかうのもいいかもですね。

おサイフケータイのススメ

ゲームばっかと思ったら今度はケータイばっかと偏りまくりのブログですが、ウィルコム時代にどうしても欲しかったのがおサイフケータイ。元々ICカードの電子マネーは結構つかっていたんですが、残高こまめに見られないのが辛かった。おサイフケータイならちょっと時間はかかるけど残高チェックできるし、何よりたくさんカードを持ち歩かずに携帯だけにできるのが便利。

おサイフケータイ | サービス・機能 | NTTドコモ
http://www.nttdocomo.co.jp/service/osaifu_shopping/osaifu/index.html

そんなおサイフケータイですが、新規ならいざしらず元々カードを持っていた人の引き継ぎはいろいろ面倒。サービス会社ごとにいろいろ対応ちがって調べるのも一苦労だったので、せっかくなのでここでまとめておきます。

ちなみに私が元々持っていたのはこのカード。

  • ANAマイレージクラブのEdy
  • nanano
  • 定期券付きSuica

東京都心で済んでる人なら、SuicaかPASMOかの差はあれど、これがメジャーどころかな。iDやDCMXは携帯持つまではそもそも使えないし、WAONとかはスーパー通う人でないとそこまでメリットないだろうし。

まずはEdyとnanacoですが、カード型はおサイフケータイに引き継げません。どっちも使い切ってから切り替えてください方式です。ただ、Edyはともかくnanacoはポイントが貯まるシステムなので、どんなにつかってもちょっとだけポイントが貯まっちゃうので、完全使い切りは難しいかも。

電子マネー nanaco 【公式サイト】 : ポイントの貯め方/使い方
http://www.nanaco-net.jp/point/index.html

また、EdyとANAのマイルは連携させることで、Edy200円ごとにマイル貯められるのですが、ANAマイレージクラブのようにEdyが一体化している場合どうやって切り替えるのか謎でした。

ANAマイレージクラブ−ANAマイレージクラブとは
http://www.ana.co.jp/amc/promo/card.html

しかし実は仕組みはすごい簡単。ANAマイレージクラブにはEdy番号を1つだけ登録できるんですが、そのEdy番号自体は変更してもよく、つねにANAマイレージクラブに1つだけEdyの番号が登録できてればいい。Edyが一体化しているANAマイレージクラブのカードであっても、そのEdyカードの番号は代替が聞くんですね。なのでおサイフケータイで新しく取ったEdy番号をANAマイレージクラブに登録しなおすだけでOK。ここはかなり簡単です。

ANAマイレージクラブ – おサイフケータイRを機種変更されたお客様へ
http://www.ana.co.jp/amc/reference/kishuhen_osaifukeitai/index.html

唯一残高を引き継げるのがSuicaですが、こちらは残高を確定させるために引き継ぎの1日だけSuicaが使えません。定期は切り替えた時点で使えるんですが、チャージ分が使えないので、切り替えたその日に乗り越し清算する場合は窓口対応になりますのでお気をつけて。次の日になると会員情報から前日確定したチャージを引き継げますよ。

JR東日本:モバイルSuica>Suica定期券を切り替えよう
http://www.jreast.co.jp/mobilesuica/member/switch/index.html

しかしここで問題となるのはおサイフケータイでの登録方法。というのもEdyとnanacoはおサイフケータイから無料で新規に作れますが、モバイルSuicaだけはクレジットカードの登録必須だからです。

しかもクレジットカードはVIEWカード以外だと年会費1,000円がモバイルSuicaのためだけに取られます。今はキャンペーンで無料らしいですが、今後つかい続けること考えるとモバイルSuicaのためだけに年会費払うのはあまりにばかばかしい。

さらにモバイルSuicaをVIEWカードで登録すると、JRの商品を購入したときにもらえる「サンクスチャージ」というポイントが3倍になる赤い彗星効果特典つき。これは定期券も対象になるので、会社の定期とかを買うときにもれなくポイント化されるのはかなりオトクです。

JR東日本:ビューカード>サンクスチャージ
http://www.jreast.co.jp/CARD/thankscharge/index.html

そんなおとくなVIEWカードですが、おすすめはビックカメラのVIEWカード。というのもモバイルSuicaの年会費避けるためにVIEWカードにするというのに、VIEWカードのラインナップに年会費がついてるのばっかなんですよ……。ほんとJRのラインナップはひどすぎる。

JR東日本:ビューカード>ビューカードのラインナップ
http://www.jreast.co.jp/card/first/lineup.html

その中でもビックカメラは、1年に1度でもつかえば年会費がつかないシステム。おサイフケータイで登録する以上、チャージで必ず月1回はつかうのでこの条件は自動でクリア。しかも前述のサンクスチャージをビックカメラのポイントに還元してビックカメラでお買い物できるのです。

JR東日本:ビューカード>ビックカメラSuicaカード
http://www.jreast.co.jp/CARD/first/bic.html

変換率はビューサンクス400ポイントでビックカメラ1000ポイント。ビューサンクスカードの貯まり方は1,000円で2ポイントで、私の定期券は月21,000円くらいなので、3倍効果をつかって計算すると月に122ポイント。定期だけ買ってても3ヶ月ちょっとで400ポイントいきますし、実際にはクレジットで買い物もするからもっと早く達成できそう。

ビックカメラのVIEWカードが残念なのはVISAに対応していなくてJCBだけなんですが、それはもう別に1枚持つしかないかな。モバイルSuica専用のカードと割り切ります。ちなみにビックカメラのVIEWカードだとビックカメラでクレジット購入しても現金と同じポイントが還元されるのでお得ですよ。発行も手軽で、店頭なら30分ですぐ利用できる仮カード発行してくれます(審査に通れば、ですが……)。仮カードもモバイルSuica使えるので、すぐにでもモバイルSuicaつかいたい人にお勧め。

しかし残念なのはビックカメラにもSuica機能がついているのに、これは実質無駄になってしまうこと。しかもビックカメラVIEWカードのSuicaはオートチャージ対応なのに、モバイルSuicaはオートチャージ非対応というこの事実。せっかくクレジットカード設定しているのに、毎回手動で携帯電話からチャージするのってなんかばかばかしくない? 対応カードの狭さとかシステムの不便さとか考えると、そりゃ普及に時間かかるのも納得だなと思いました。

ほんとは機種変更のお話もしようとおもったんですが、ちょっと長くなってるのでそれはまたエントリ改めて。