UPQの小型アクションカム「Q-camera ACX1」開封から撮影サンプルまで


手頃な価格とおしゃれなデザインかつ怒涛のラインアップで話題となった家電・家具の新ブランド「UPQ」。

株式会社UPQ(アップ・キュー)
http://upq.me/jp/

Cerevoが入居するDMM.make AKIBA生まれの企業ということもあり、イベントや発表会などちょこちょこお手伝いさせていただいた関係でラインアップは一通り知っていたのですが、その中でもお値段やスペックでちょっと気になってたものをいくつか購入してみました。

購入したのはイヤフォンとスマートフォン、そしてカメラなんですが、カメラは油断してたら初回分が完売。悔しいからまずはスマホとイヤフォンあればいいか、と思ってたら販売再開のアナウンスを目にし、勢いで買ってみたところ、一番遅く注文したカメラが一番早く到着してしまいました。

こちらがパッケージ外観。本体だけでなくパッケージもなかなかおしゃれ。

20150817_090938018_iOS

小型のカメラだったのでパッケージも小さいのかと思ってたらなかなかの大きさ。これはカメラの取り付けキットとか周辺機器がいっぱい入っているからですかね。

20150817_091005947_iOS

パッケージを開けると中にはカメラの本体が防水ケースと一緒に収納されてました。

20150817_091027110_iOS

カメラを取り出したところ。

20150817_091159274_iOS

このままではSDカードを装着できないので防水ケースを外します。まずは本体上部の三角マークに従ってスイッチを引っ張りながらディスプレイ側に持ち上げ。

20150817_091207396_iOS

これでディスプレイ側のロックは解除されているのであとはケースを開くだけ。

20150817_091227390_iOS

こんな感じで展開できます。

20150817_091238103_iOS

本体自体はかなりの小ささ。指でつまんで持ち運べます。

20150817_091259751_iOS

iPhone 5sとのサイズ比較。小さいだけでなく直方体なので、かばんやポケットに入りやすいのも嬉しい。

20150817_091317122_iOS

操作体系はなかなか変わっていて、電源ボタンが前にあります。緑色が馴染みすぎていて、最初どこに電源があるのか悩んでしまったw なお、本体のマニュアルはWebサイトで公開されているので、そちらを見ながら初期設定することをおすすめします。

 

20150817_091340817_iOS

本体上部には撮影ボタン。動画も静止画もこれで撮影。

20150817_091350354_iOS

本体右横にはクイックメニューボタンと上下ボタン。

20150817_091355328_iOS

本体左横にはMicro USBとMicro HDMI、microSDカードスロット。microSDカードスロットは向きもちゃんとイラストで表示。意外に向きがわからなくなって困るハードも多々あるのでこういう細かなポイントありがたい。

20150817_091549754_iOS

製品起動時はUPQロゴからスタート。

20150817_091421790_iOS

続いて「Designed in Tokyo」の文字とイラスト。あくまで設計は日本だよ! というアピールが伝わってきます。

20150817_091424020_iOS

カメラのインターフェイスはこんな感じ。シンプルながら最低限の情報がこれでわかります。

20150817_091443470_iOS

本体右のクイックメニューボタンから動画サイズや露出、ホワイトバランスを選択できます。

20150817_091451395_iOS

本体全面の電源ボタンは機能切り替えボタンも兼ねており、1回押すと静止画撮影モードに。

20150817_091502222_iOS

さらに押すと設定メニューに移り、細かな設定が可能になります。

20150817_091509503_iOS

設定メニューはこんな感じ。動画のループ録画やHDR、動体検知など機能はもりだくさん。アクションカムとしてだけでなく監視カメラやドライブレコーダとしても活用できそうです。

20150817_091715716_iOS

動画のサイズは4種類。個人的にはあまりファイルサイズ大きくしたくないのと、フレームレート高めでヌルヌル動く動画のほうが好みなので、1280×720 60fpsで運用することにします。フルHDはねえ、PCで見る時も結構負荷が高いしね……。

20150817_091726120_iOS

こちらがオフィスで撮影してみた動画サンプル。広角なのでわりと広々撮れていて、色もしっかり出ているのが好みな感じ。これは今後いろいろと活躍してくれそうで期待が持てます。

静止画も撮れるのでオフィス内をいろいろと撮影してみました。

2015_0817_181721_001

2015_0817_181733_002

2015_0817_181755_003

2015_0817_181804_004

2015_0817_181902_005

DMM.make AKIBAの癒やし担当あかねくんもパチリ。ちなみにあかねくんが働く株式会社イヌパシーは絶賛人材募集であります。

2015_0817_182001_001

アンニュイな表情もたまりません。

2015_0817_182008_003

写真撮られるのもう飽きたわー。

2015_0817_182006_002

基本的には動画メインで買ったカメラでしたが、静止画もわりと色合いが好みで使いやすそう。本体サイズも小さいしHDMIもあるからライブ配信にも使えそうで、これからいろいろ試してみたいと思います。

Q-camera | 株式会社UPQ(アップ・キュー)
http://upq.me/jp/q-camera/


コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください