【アブラブ】渋谷「油坊主」塩 たまごのせ油そばがウマかった

文化村のそばにある油そば専門店「油坊主」久々に行ってきましたのでエントリー。

IMG_20120125_205050

油そばスキーとして油坊主自体は以前に一度訪れたことがあったのですが。

【アブラブ】渋谷「油坊主」行ってきた – カイ士伝
https://bloggingfrom.tv/wp/2011/06/18/5787

その時は「食べやすい油そばだねー」というくらいの印象だったのですが、2度目ということで前回と違う味を選びつつ、何の気なしに卵つきを選んだのですがこれがクリーンヒットすぎた。

みためはこんな感じ。想像してた卵は味付け卵だったのですが、実際はとろとろの半熟卵でした。

IMG_20120125_205814

油そばなので勢いよくがっつり混ぜると卵がいい感じに麺とからまりクリーミーな感じに。

IMG_20120125_205925

味はといえば卵のまろやかさと塩ベースの味付けでなんともカルボナーラ的な仕上がり。しかしながら麺はしっかりラーメンだし、焦がしたチャーシューも実に相性がいい。あっという間に食べ終わってしまって大盛にしておけばよかったと後悔するほどでした。これはちょっと足しげく通いたいレベルです。

元祖「油そば」 油そば商店 油坊主|渋谷・三軒茶屋・吉祥寺
http://www.aburabouzu.jp/

さらにすごいのが女子率の高さで、店内で男は俺1人だったよ。食べやすいから女性にも人気なのかなー。

【アブラブ活動】渋谷「春日亭」鳥豚油そば食べた

今まで場所は知っていたものの、なんとなく足を運んだことがなかった渋谷の春日亭。結論から言うともっと早くいけばよかったと後悔するほどお気に入りのお店になりました。

油そば 専門店春日亭ホームページ|池袋、錦糸町、明大前、渋谷店
http://www.kasugatei.com/

場所は道玄坂を上り、道路を挟んでユニクロと反対側の道を 曲がるとすぐにあります。

110815_200338

 

油そば専門店ということでメニューはいろいろあったのですが、中でも興味を引いた鳥豚油そばをセレクト。

110815_195522

 

油そばの基本ということで全体をがっつりまぜていただきます。

110815_195600

 

最近は油そばといっても単に油を絡めるだけではなくいろいろなダシで味付けがしてあるまぜそばっぽくなっているお店が増えていますが、このお店もそうしたスタイルで、名前の通り鶏ガラスープと豚骨のダシで味付けがしてある。油そばはかなりこってりした味つけが多い中、この油そばは鶏ガラスープであっさり味に抑えてあって、とっても食べやすい味。油そばが苦手な人でも食べやすい味に仕上がっていると思います。

さらに面白いのがスープ割というシステム。油そば最大の弱点はラーメンと違ってスープがないということなのですが、ここでは油そばで残ったダシをスープで割っていただくことができるのです。

というわけで麺をあらかた食べたらお店の人を呼んでスープをもらう。たべかけの写真でごめんなさい><

110815_195847

 

そしてスープを入れてもらったところ。いわゆるラーメンスープとまったく同じにはいきませんが、麺を食べたらスープを飲みたいというニーズも満たせる新しいコンセプトだと思います。鶏ガラベースということでスープとしても飲みやすくこれはかなりいいアイディア!

110815_195928

 

道玄坂は渋谷勤務ながらあまり足を運ばないエリアなのですが、ここはまた足を運びたいお店。こないだの轍といい、道玄坂側のほうが麺好きにはいいエリアなんだなあ……。

【アブラブ】渋谷「油坊主」行ってきた

実験も兼ねた油そばエントリー。

先日グレンラガン展を訪れた折、前々から存在は知っていたものの行ったことがなかった「油坊主」に行ってきました。

Untitled

場所は渋谷文化村のそば。ドンキホーテの角を曲がって道なりに坂をあがり、円山町へ向かう途中にあります。

油そば商店 油坊主 | ラーメンデータベース
http://ramendb.supleks.jp/shop/23035


大きな地図で見る

お店の中には油そばを国民食にしたいという切り抜き。ライトな油そばを国民色にしたいってことで、油ぎとぎとでヘビーなら油そばよりも食べやすい油そばを、ってことみたいですね。

Untitled

メニューは醤油と塩があるのですが、どちらがおすすめか聞いたらまずは醤油で、ということで醤油をセレクト。

Untitled

いつもの麺持ち上げパターン。油そばは麺が極太なことが多いですが、こちらは普通の中華麺と比べてやや太いかな、程度。ライトな油そばという意味ではいつも通りの細さは確かに食べやすくていいかも。

Untitled

ライトな油そばというだけに味も確かに食べやすい。油そば苦手な人でも入りやすいかな。場所がちょっと遠目なので足を運びにくいのですが、塩味を試しにまた行ってみたいところです

北品川の二郎インスパイア系ラーメン「丸直」が破壊力ありすぎた件

先週末のケータイ会議内覧会の際、私が心のラーメン師匠と勝手に仰いでおりますえふさんと念願のラーメンオフしてまいりました。

お店はせっかくなので全員が行ったことない場所にしよう、ということで北品川にあるという「丸直」へ。

丸直 | ラーメンデータベース
http://ramendb.supleks.jp/shop/17586

事前情報見ると、ラーメン好きならこの一言でわかる「二郎インスパイア系」というガッツリラーメンだったので心とおなかの準備をしていざ北品川へ。ちなみに北品川は品川から京浜急行でたったの1駅であり、急行の多い京急では止まる電車も少ないので、品川駅から歩いてしまった方が早いかと思います。

お店は北品川駅を出たら歩道橋を渡ってすぐ目の前。駅前でパノラマしたらばっちりお店が入りました。

DSC_1581

お店の門構え。ラーメンじゃなくてお食事処が前なんだな……。

DSC_1582

入口の扉には「二郎インスパイア!」という張り紙。いやわかるけどそれ自分で言っちゃうのかよwww

DSC_1584

お食事処の名前が示すとおり、ラーメン以外にも定食がたくさん。普段はご飯食べる場所で二郎インスパイアが食べられるってことなんですかね。

DSC_1583DSC_1589

1階は普通のカウンター型ラーメンですが、2階の喫茶店でも同じメニューが食べられるとのことで、のんびりラーメンをいただこうと上のフロアへ。上のフロアは喫茶店になっていて、4人席が4つあるので団体客はこっちのほうがよさそう。その代わり注文は1階よりも時間がかかってしまうので、早く食べたいか落ち着いて食べたいかでフロアを選ぶといいかも。

DSC_1592

2階は喫茶店なので本格コーヒーも楽しめます。実際、周りにいた人はみんな喫茶目当てだったな……。

DSC_1590

しかしながら我々はラーメン食べるために来たのでありまするので、コーヒーには脇目もふらずラーメンメニューをチェック。いわゆる二郎インスパイアの「直次朗ラーメン」のほかにも醤油、味噌、豚骨といった定番に加え油そばもラインアップされているなど、ジャンルはかなり充実しています。しかしほんと何のお店だここは……。

DSC_1587DSC_1588

とりあえずお店の看板食べるのが一番てっとりばやいのと、油そば好きということもあって直二郎ラーメンの油そば版「直次朗まぜそば」を選択。一度に調理できるのは4食までとのことなのでのんびりできあがるのを待ちます。

DSC_1586DSC_1585

 

ラーメンまだかなー(写真に意味はありません)。

DSC_1593

しばしラーメンを待っていると最初に現われたのは直次朗ラーメン。確かに確かに二郎インスパイアな香りがぷんぷんと漂って参ります

DSC_1595

反対側からも激写。背脂こってりにキャベツ、チャーシューとかなりのガッツリ系ですね。

DSC_1600

ラーメンの味をさまざまに楽しむための薬味も充実。結構凝ってますね。

DSC_1599

いざ実食!

DSC_1601

1人でラーメンが撮れるブロガー持ち!

DSC_1602

と、先に来た直次朗ラーメンを見て「あああのくらいなら二郎より軽そうかなー」なんて思いつつ自分のまぜそばを待っていたときにその衝撃は発生しました。

DSC_1603

なにこれでかいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいい僕アルバイトォォォォォォォォォォォォォォォォォォォォォォォォォォォォォォォォォォォォォ!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!

DSC_1604

写真では一切伝わらないこの迫力ですがとりあえずでかい、でかすぎる。洗面器並みの円周を保った容器です。思わず手のひらと比較しましたが、成人男子の手のひらがすっぽり入りそうな勢い。

DSC_1605

麺を持ち上げたところ。隣にある普通サイズのラーメンとの器が違いすぎる……。

DSC_1611

店員さんに「ねえこれ大盛り? 大盛り? 大盛りだよね?」と何度も問いかけるも、返ってくるのは「これが普通盛りです」との答え。いやこれオーダー間違えただろーと思ってたけど、食べログ見るとこれがほんとに普通らしいぜ……。

こんな楽しいまぜそばワールドは初めてかもしれない! : 丸直 [食べログ]
http://r.tabelog.com/tokyo/A1314/A131405/13081558/dtlrvwlst/2408529/

あまりの大きさに衝撃をうけつつ、「これはもはや満腹中枢との全面戦争だ!」と勢いでかっこんでみたものの、麺と野菜をなんとか平らげたところでストップ。これは破壊力ありすぎだろ……。

しかもまぜそばって言っときながらこの汁の量。これもはやまぜそばを超えた新ジャンルだぜ……。

DSC_1612

結局あまりの胃もたれにより、その後のケータイ会議に向かうまで「食い過ぎたー」を連発し、夜の飲み会も枝豆以外口にできないというやられっぱなしっぷりでしたが、くやしかったのでまた攻めに行きたいと思います。なあに、向こうの手さえわかっちまえばこっちのもんだぜ! 次からは直次朗ラーメン頼むよ!

あ、肝心の味について書いてなかったですが、二郎に比べると若干あっさり目なのでまぜそば自体は食べやすい。問題はもうこの破壊的な量だけですな……。

一緒に行ったラーメンオフ仲間のエントリーはこちら。みんななんだかんだとケータイ会議内覧会の最中もうんうんうなっておりました。

やっと丸直に行ったよ? – *これもすべて同じ一日*
http://d.hatena.ne.jp/fyouko/20110611/1307892783

破壊力抜群!北品川にある「丸直」で二郎インスパイアを食す – これからゆっくり考L
http://d.hatena.ne.jp/sakaki0214/20110612/1307851049

 

日高屋に新メニュー「油そば」登場

日頃よりお手頃価格でおなかいっぱいになれる日高屋を愛用しておりますが、先日訪れた時に油そばが新メニューとして追加されているのを発見。油そばもメジャーになったもんだー。

DSC_1340

もちろん油そば好きアブラブとしては勢い良く注文したわけですが、残念ながら温泉卵が切れていて卵が味付け卵になりました。味がまろやかになるという点で、卵があるとないでは結構味が違うのでちょっと残念。今度温泉卵の通常バージョンも試した見たいところです。

DSC_1341

がっつりまぜていただきます。味はチェーン店の日高屋ということでそこまでこってりしておらず食べやすい味。これ卵をからめたらもっと食べやすいかな。とはいえ1杯食べ終わると満腹感はありますが、ぶぶかやジャンクガレッジ程のがっつりさはないので、油そばが苦手な人でも食べやすいかも。ふっと油そば食べたくなった時に愛用したいと思います。

DSC_1342

 

アブラブ活動「恵比寿 瞠」限定 コク味噌仕立てのあぶらそば

これは嬉しいサプライズ!

油そば好きとしてトップ3に入るほどお気に入りの恵比寿「瞠」ですが、以前食べにいった時にはお店が工事をしており、「ああ、つぶれちゃったのかな……」と勝手に思い込んでいたのですが、ふと改めて検索してみたら恵比寿にまだあるみたい! あれただの改装工事だったのかなー。

アブラブ活動「恵比寿 瞠(みはる)」 – カイ士伝
https://bloggingfrom.tv/wp/2009/04/14/2019

というわけで喜びいさんでアクセス! 23時閉店の時間ギリギリに滑り込んできました。

DSC_0289

さていつも通り油そばを頼もうかいね、と思ったらなんかお知らせが!

DSC_0286

そりゃもう限定には弱い訳で!

DSC_0288

いつもながらの油そばでしたが味噌仕立ての味わいでかなりこってり。久々にたべる瞠はやっぱりうまいわー。

勝手に閉店したと思い込んで通ってなかったんですが、これからは油そば食べたくなったらまたアクセスしたいと思います!

アブラブメン食べてきた

こないだ環七沿いを通りがかったらこんな表記を見つけてびっくり。

100711_184115.jpg

アブラブだと!!!

関連エントリ:東京油そば探訪改めアブラブ活動「JRエキナカ 粋家 新油そば」 – カイ士伝
https://bloggingfrom.tv/wp/2008/10/02/456

名前に引かれて思わず入店。もちろん頼むはアブラブメンですよ!

入店して注文が終わり、店の中で待ってたらこんなのを見つけた。

100711_184346.jpg

何、ひょっとして二郎系なのかしらここ……。

そこにやってきたアブラブメン。なんとも強烈な風貌を誇っております。

100711_185456.jpg

写真だけで二郎系っぽいかなと勝手に判断してしまったんだけど、実際には全然違う味。写真では見えないけどチーズが入っていて、マヨネーズとチーズが不思議な味を生み出しつつそこにキムチがまざって独自の味になってます。チーズがちょっとこってりしすぎかなと思ったけどこれはありだわー。個人的に細麺好きだけどこのくらいどっしりした味なら太麺が合うね。

他にも面白そうなメニュー見つけたのでこれからもちょいちょい行ってみたい。店主もブログやってるみたいなのでそちらもウォッチしていきたいと思います。

吉祥寺 「音麺酒家 楽々」&高円寺「ラブメン 楽々」の店主blog
http://mprfuck.blog8.fc2.com/

カップの「ぶぶか 油そば」たべた

まだまだアブラブの精神は捨ててはいませんよ!

初めて食べた時の感動が忘れられず、毎年発売されるカップ麺の「ぶぶか 油そば」を食べるのがもはや慣習化している私。しかし4年前のブログ、写真汚すぎるなおい……。

カイ氏伝: カップ麺油そば「ぶぶか」がよくできている
http://blogging.from.tv/archives/000198.html

というわけで今年も元気にぶぶかタイム!100621_130049.jpg

作り方はカップ焼きそばと一緒で、お湯を入れて3分待ったらお湯を捨てる方式。

100621_130747.jpg

あとはおもむろに油をそそぐのみ!

100621_130922.jpg

しかしこのカップ型油そば、毎年クオリティが上がっている気がするなあ。去年よりさらに美味しくなっている気がする。味も濃いめではあるものの食べやすくなっているので、油そば食べたことない人にもぜひチャレンジしていただきたい一品です。

アブラブ活動「神田 元楽」

油そば食べまくってるのにエントリに反映してなくてネタがたまりすぎているのでこまめに消化していこう。

最近、お出かけがある時に「駅名 油そば」で検索かけるほどの油そばジャンキーな私ですが、そんな検索で見つけたのがこの元楽。元楽と書いて「げんらく」と読むらしいです。

20090422120123.jpg

らーめん元楽–ぶためし,らーめん元楽
http://www.genraku.com/

店の前には大きく「油そば」の看板が。これはかなり攻めの姿勢ですね!(意味不明)

20090422115125.jpg

お店に入るなり油そばを注文。麺と一緒にスープが付いてくるのがちょっと特色でしょうか。

20090422115448.jpg

もちろん食べるときはめんをわっさわっさとかきまぜる!

20090422115519.jpg

油そばというと太麺が多いんですが、ここは写真を見ても分かるとおり細麺タイプ。しかも味もいかにも油そばという濃厚醤油ではなくて甘みのあるソースっぽい感じで、むしろ焼きそばに近い感じの味。麺が細いこともあってするする食べられるのと、スープが付いているので味が濃いなと思ったらスープで中和できるのがいい感じです。

いわゆる典型的な油そばとはちょっと違う雰囲気なんだけど、これはこれでおいしい。食べてもそれほどおなかがもたれないこともあって、近くにあったらさらっと通ってしまいそうかなーと思いましたよ。

神田 元楽 (ラーメン / 淡路町、神田、小川町)
★★★★ 4.0

アブラブ活動「山頭火 中野店」

こないだのエントリで触れた中野の山頭火、実際に行ってまいりました。

あと単なる検索ミスでみっけたんですが、山頭火の中野店は油そば出してるのね。期間限定メニューかもしれないけどこれも興味ある!

アブラブ活動「恵比寿 瞠(みはる)」 – カイ士伝
https://bloggingfrom.tv/wp/2009/04/14/2019

会社近くにある山頭火には油そばなんてメニューが一切存在しないんだけど、中野店には確かに油そばがメニューに!

20090417211401.jpg

全体的にメニューが独自っぽくて、今まで体験した渋谷店や恵比寿店とはちょっと雰囲気が違う感じ。山頭火って店ごとに結構独自展開してるのねー。

とかおもいつつさっそく油そばをがっつり注文。

20090417212206.jpg

見た目はかなりスタンダードな油そば。極太の麺と細切れチャーシュー、メンマ、ネギのトッピングをがっつりまぜていただきます!

20090417212311.jpg

味も見た目に違わずというか、かなりのスタンダードな油そばで、油と醤油で食べるシンプルなテイスト。ただ、瞠やめんだで魚ベースのダシ付き油そばを味わってしまうとちょっと物足りないかなあ。あと油がかなりこってりなので、食べた後結構おなかもたれる可能性もありです。

もともと山頭火の定番といえばあっさり塩味なので、こういうこってり系の味は少し印象が違うかなあ。山頭火に来たら普通に塩ラーメン食べたいなあとか思ってしまいましたはい。

山頭火 中野店 (ラーメン / 中野)
★★★☆☆ 3.0

アブラブ活動「恵比寿 瞠(みはる)」

前から行ってみたかったあのお店についにいってきました。

[を] 瞠(みはる)で油そば(恵比寿)
http://chalow.net/2008-10-16-2.html

たつをさん御用達の恵比寿「瞠」。今まではアクセスの関係からなかなかお店に行くのが難しかったんですが、オフィスが渋谷と恵比寿の中間くらいになったので帰り道を恵比寿経由にすることで気軽なアクセスが可能に。やりましたね!

前々からいつかふらりと行くためにNAVITIMEでMy地点登録してたのでお店はすんなり到着。というか、山頭火があったところのそばなのね。そしてもう山頭火の恵比寿店はなくなってるのね・・・・・・。

20090413195203.jpg

噂の「ガツンと男のまぜそば」は期間限定のため終わってたけど、まずはスタンダードメニュー味わう派の人としては問題なく油そばを選択。

20090413200058.jpg

ぱっと見で感じるのは油というか汁の多さで、一般的な油そばよりもやや多め。具はタマネギのみじん切りやメンマなど油そばとしてはスタンダードながらも盛りだくさんでボリューム感にあふれています。

20090413200116.jpg

そして油そばといえばお馴染みのルール、がっつり麺をまぜまぜして実食!

う!

う!

うー! まー! いー! ぞー!

前回の油そばエントリー「めんだ」もそうでしたが、この瞠の油そばも魚ベースのダシで味付けしているので純粋な油そばよりも食べやすい。ただ、こちらのほうが油の味が強いので味はこってり目です。男のまぜそば、なんてメニュー出すくらいだからそもそも狙いが男性なのかな。油そばの濃厚さと魚ベースの味の両方を味わうならこっち、もうちょっとやさしめの味を選ぶならめんだ、という感じでしょうか。

かなりこってり目でおなかにヘビーではありますが、これは結構自分の好きな味。渋谷の油そばだと、東京油組総本店はいろいろ食べ比べてしまうと個人的にはイマイチだし、雷伝は好きな味だけど辛みが強くてスタンダードとはいいがたいしでなかなか決定打がなかったんですが、この瞠は会社から歩いていけるしシンプルな油そばベースに魚のコクもあってかなり好印象。もう「渋谷だとあまりいいお店ないなあ」って嘆く必要はなさそうです。

ミハル、俺はもう悲しまないぜ!

あと単なる検索ミスでみっけたんですが、山頭火の中野店は油そば出してるのね。期間限定メニューかもしれないけどこれも興味ある!

山頭火の油そば|【中野】 「まるごとマイタウン東京」ブログ
http://ameblo.jp/mitown02/entry-10083107588.html

瞠 恵比寿店 (ラーメン / 恵比寿、代官山、広尾)
★★★★ 4.5

アブラブ活動「吉祥寺 めんだ」

これは今まででNo.1かもしれない!

日々密やかに続けている油そば食べ歩き部略してアブラブですが、今回のお店ははてなブックマークから知ったここ。

今日の一杯  武蔵野油そば「めんだ」@吉祥寺 MASAの気がむいたら日記/ウェブリブログ
http://masa1958.at.webry.info/200903/article_14.html

こないだ初めて食べて感動したラーメン「一二三」の隣に開店するというなんとも挑戦的な油そばと、17時までしか営業しないという漢気に釣られてはるばる吉祥寺まで行って参りました。でもそういや一二三も19時くらいまでなんだよね、あの辺は閉まるの早いのかなあ。

吉祥寺「一二三」行ってきた – カイ士伝
https://bloggingfrom.tv/wp/2009/03/02/1806

場所は一二三の隣なのでそれほど迷うこともなくたどり着く。

DSC01134

たまたま隣の一二三はお休みだったので何の迷いもなくお店へ突入!

DSC01135

ラーメンもやってますがあくまでメインは油そば。ただ、ご飯が結構こってるみたいで、カツオブシ山盛りのおかかご飯や卵かけご飯などを注文している人が結構いました。油そば自体がけっこうこってりしているのでご飯に合うのかもね。

DSC01137

見た目はシンプルな油そば。ほうれん草が入ってるのが特徴と言えば特徴ですかね。麵はかなりの極太で、ゆであがるまでに5分かかるそうです。そしてもちろん油そばは勢いよく混ぜるのが大事!

DSC01138

いただきます!

で、油そばの名前が「にぼし油そば」とついているとおり、単なる油そばではなくでにぼしで取ったダシがからめてあるんですが、これがかなり極上にうんまい。前に同じ吉祥寺の「旅人の木」でたべた油そばは魚粉で魚の味だしていたので口の中がエホエホしてしまい、「これならダシでやって欲しいなあ」と思っていた味がまさにそこにありましたよ!

油そばは麺を楽しむ食べ物で、ツルツルっとしたのどごしも醍醐味の1つなんだけど、それがボソボソ感で失われちゃうのはちょっと残念かな。ここはカツオダシを濃縮してスープっぽくしてからめるとか、粉以外のアプローチがいいかなと思った。

アブラブ活動「吉祥寺 旅人の木」 – カイ士伝
https://bloggingfrom.tv/wp/2009/01/16/1563

一口目から「うわ、これ、うま!」という味が口に広がりあっという間に完食。これまでは正当派油そばというべき味をもった千人力が自分の中のNO.1油そばだったんですが、このにぼし油そばは自分の中の油そばチャートに初登場第1位な勢いのスマッシュヒットでした。

惜しむらくは時間が17時までという閉店の早さですが、定休日は月曜および第2・第4火曜日とのことなので、土日なら十分食べられそう。

20090323124133.jpg

ちょっとおなかしんどいかもだけど、油そば食べてからちょっと早めに吉祥寺で飲む、なんてオフもいいかもしれませんよ。

武蔵野 油そば めんだ (ラーメン / 吉祥寺)
★★★★ 4.5

アブラブ活動「渋谷 雷伝 納豆麻辣麺」

渋谷のアブラブ活動といったら雷伝をわすれちゃだめなんだぜ!

というわけで先日足を運んだときにそのピリ辛な味付けのとりこになった渋谷雷伝。

アブラブ活動「渋谷 麻辣麺 雷伝」 – カイ士伝
https://bloggingfrom.tv/wp/2008/12/12/874

しかしそのとき気になっていた表題の納豆麻辣麺もかなり気になっていたので、渋谷を訪れた際に再チャレンジしてきました。

DSC00247

これが予想以上にうまいというか、納豆と油そばってかなり絶妙な組み合わせ。もちろん納豆嫌いには悪魔のような食べものかもしれませんが、納豆好きからすると納豆のまったり感が油そばの麺をうまいこと包み込んでいます。

ただちょっと残念なのは、これは油そばではなくあくまで麻辣麺なので、味付け自体はピリ辛が残っていること。ピリ辛はピリ辛でおいしいんだけど、納豆とはうまく組み合わさってない印象でした。

とはいえ納豆と油そばという一見相性が悪そうな組み合わせが結構可能性を秘めていることに気がついたいい体験でした。ラーメンとかだとスープによって納豆のネバネバ感がなくなってしまうけど、油そばはスープがないからこそ納豆の美味しさをそのまま引き出せてきる気がしましたね。

アブラブ活動「吉祥寺 旅人の木」

新人がすごい勢いでまくってるのに古参としては黙っているわけにいかぬ!

というわけで今回はやんごとなき事情で訪れた吉祥寺の地にて、部長も食べたという旅人の木に挑戦。

アブラブ活動「旅人の木 (油そば)」 – まだげん
http://capelito.from.tv/wp/2008/12/02/197/

あらかじめ住所をNAVITIMEに設定しててくてく歩いてたんですが、これが確かに駅から遠い遠い。散歩がてらだったのでのんきに歩いてましたが、ちょっとどっかの帰り道ってわけにはいかなそうですな。

第一弾

お店は10人くらいのカウンター席のみでかなり小さめ。人気店らしくひっきりなしに行列ができていて、20分くらい待ってからようやく入店。やはり頼むべきはもう猫まっしぐらに油そばであります。

DSC00161

前情報通り、麺の上に魚粉が乗っているちょっと変わったタイプの油そば。麺自体はピリ辛で、そこに魚の味がからまってかなりの美味です。

DSC00164

ただどうしても粉がゆえに、麺がボソボソになってしまうのが残念。油そばは麺を楽しむ食べ物で、ツルツルっとしたのどごしも醍醐味の1つなんだけど、それがボソボソ感で失われちゃうのはちょっと残念かな。ここはカツオダシを濃縮してスープっぽくしてからめるとか、粉以外のアプローチがいいかなと思った。

あと1つ食べ物以外でちと残念なのが、お店の人がお金を受け取りながら包丁も使っていたこと。もちろん手はきちんと洗っているのかもしれないけど、食べる方としてはやっぱりお金を受け取る人と食べ物を作る人はわかれていてほしいし、せめてそれは見えないところでやって欲しいなあと思いました。

旅人の木 (ラーメン / 三鷹、吉祥寺)
★★★☆☆ 3.0

2009年初スーラー部&アブラブ活動

スーラータンメン好きかつ油そば好きの私としては、やっぱりこれ食べないと1年が始まった気がしないね!

というわけで今週中にはぜったい行こうと思っていた揚州商人に勢いで突撃。食べたいメニューはいろいろあるけど、やはり1年の始まりはこれだろうということでスーラー油めんを注文しました。

DSC00144

いつも通りおいしかったんですが、忙しかったせいか麺のタイプを聞いてもらえず、普通麺で来たのがちいと残念。スーラー油めんは味が濃いからやっぱり刀切麺で食べたいな。

敬虔な揚州商人好きの私としましてはいつも通りクーポン発動で餃子も注文。350円の餃子がこのクーポンで100円ですからもうオトク過ぎる。

DSC00143

今回は特別ゲストとして大物ブロガーもお連れしたんですが、ちょっと無理矢理気味ではあるもののスーラー油めんを注文してもらったら「これうまい!」と納得してもらえてとても嬉しかった。この店は麺類だけじゃなく餃子もサイドメニューも、さらには飲み放題のジャスミンティーまでおいしくて、それでいてお値段もお財布に易しめなので万人にお勧めしたいお店であります。

中国ラーメン│揚州商人 – 中華料理・冷やし中華・タンタン麺
http://www.whistle-miyoshi.co.jp/

あとはかの大物ブロガーがエントリーしてくれるといいなあ・・・・・・。