今年のコンセプトは特撮好き向け。巨大ジオラマが見どころのウルトラマンフェスティバル2015行ってきた

ありがたいことに今年も招待券をいただき、毎年恒例となりつつあるウルトラマンフェスティバルへ足を運んできました。

ウルトラマンフェスティバル2015
http://ulfes.com/2015/

ウルトラマンフェスティバルは毎年開催ながら年ごとにコンセプトが違うのですが、今年のコンセプトは「超体感」とのこと。

IMG_20150812_133252

入り口には大きなウルトラマンの胸がお出迎え。

DSC00653

先に進むと一番最初にお出迎えしてくれたのはウルトラマンビクトリーとウルトラマンヒカリ。だいぶマニアックなお出迎えだな。

DSC00655

その奥には雑誌を読んでいるウルトラマンナイス。ウルトラマンナイスは常にボケ役の立ち位置ですな。

DSC00656

入り口付近には怪獣が現れたという新聞の号外が。ちなみにこの新聞、後で気がつきましたがちょっとした伏線でした。

DSC00657

更に進むと「怪獣が出現しました」との映像とニュースが。なるほど、今回は実際に怪獣が出現した設定を体験するということなのね。

DSC00658

ウルトラマンの活躍を陰で支える懐かしの名機たちも展示。マットアローはシンプルでかっこいいなー。

DSC00659

こちらジェットビートルと思いきやウルトラマンメビウスに出てきたイカヅチでした。

DSC00660

空飛ぶメビウスと80。これも特撮で実際に使った人形なのかな。

DSC00661

実物大、ではないですが触れるレッドキングの尻尾。

DSC00664

こちらはエレキングの尻尾。エレキングの尻尾は長いですなー。

DSC00665

そして今回のメインステージとも言える会場中央はウルトラマンたちが戦う活躍の場。まるで特撮博物館のような作り込みで特撮好きにはテンションあがります。

DSC00669

さりげなくひかりTVが宣伝してるw

DSC00671

ウルトラマンと怪獣だけじゃなくビルや道路もしっかり作り込まれているのでテンションあがります。惜しむらくは天井がビルそのままなことですかね。何かしらここ紙貼れたらよかったんだけど、防災関連で難しいのかな。

DSC00673

ジオラマはこまかいところでタイアップがちらほら。こちらはファミリーマートが看板とお店のセットで宣伝されてます。こういうのは嫌味がなくていい広告ですね。

DSC00674

まさかの帰ってきた怪獣酒場まで。怪獣酒場のエントリーも書かないとだなー。

DSC00675

荒れ果てた都市部で戦うウルトラマン。重ね重ね天井が惜しいな・・・・・・。

DSC00676

ひっそりと怪獣退治してたウルトラマンタロウ。結構脇にいるので順路そのまま行くと気がつかないかも。

DSC00680

そしてもう1つの醍醐味である巨大ウルトラセブン。ただ40mの縮尺には思えないから実物大ではない、のかな?

DSC00684

こっち見んなw

DSC00683

テーマが特撮ということもあって当時の設定資料集なんかも展示。これはもう少し細かく読んでみたい。

DSC00687

DSC00688

当時の撮影風景もジオラマで再現されてました。

DSC00689

見たところエースと新マンですが、この怪獣なんだったっけな・・・・・・。

DSC00690

テレビ放映が始まったばかりのウルトラマンXは大々的にアピール。

DSC00691

海外勢に囲まれたウルトラの父と母。

DSC00693

隅っこにおいやられているウルトラマンレジェンドw

DSC00694

と思ったら壁際にもっとおいやられている人がいた!

DSC00696

巨大セブンだけでなく巨大ウルトラマンも。とはいえこちらも40mはないのでちょっと小柄なウルトラマン。

DSC00700

去年もやってたアイスラッガーゲーム。今年は子供が大量に列をなしてました。

DSC00701

チブル星人をひたすらいたぶるチブルアタック。ちょっと楽しそうだった。

DSC00703

これまた海外勢に囲まれるレオ兄弟とウルトラマンキング。

DSC00706

動かないウルトラマンが多い中、ふと見るとウルトラセブンが歩いてる!

DSC00704

と思ったらグリーンバックでウルトラマンと一緒に写真が撮れるコーナーでした。うーん、これデジタルデータでもらえるならやるんだけどなー。

DSC00707

特撮特集ということで、グリーンバックを使って変身シーンを撮影できるコーナーも。ううむ、これ子供の頃だったら間違いなくやりたかっただろうなー。

DSC00698

巨大シリーズの最期は巨大ゴモラ! この大きさはさすがにほぼ実物大かも?

DSC00711

下から見ても大迫力!

DSC00716

昨年から引き続き安定のバルタン星人とアントラー。

DSC00718

イベントの最後は毎年楽しみにしているウルトラライブステージ。ストーリーや演出はもちろんちょいちょい入れてくる小ネタも含めて、ウルトラマンフェスティバル行くなら必ず見ておいた方がいいステージです。

今年もなかなか趣向が凝らされていて、冒頭から誰かに乗り移られたと思われるウルトラマンがウルトラヒーロー同士で戦わせようと画策。

DSC00720

ゼロシリーズのヒーローが多く登用されているようで、グレンファイヤーがかなりクローズアップされてました。

DSC00722

会場と一体になった演出も健在。みんなが手を上げて「がんばれ!」というと手が光り出して会場が光で埋め尽くされます。

DSC00726

ウルトラマンたちが観客の側に現れると会場の熱狂は最高潮に!

DSC00729

個人的に熱かったのはなぜかジラースが参戦していたことw ジラースと言えば円谷プロのお金がなかった当時、東宝の怪獣であるゴジラを使い回したことで有名な怪獣なのです。襟巻きと黄色が無ければほぼゴジラというね。

DSC00731

そんなゴジラじゃなかったジラースとウルトラマンが最後には一騎打ち!

DSC00736

ウルトラマンがお約束で襟巻き引きはがしたら、BGMがゴジラのテーマに! なんだこれ仕込みかよwww

DSC00738

首回りの赤い血を除けば完全にゴジラ対ウルトラマンという幻の対決! 本当は身長全然違うんだけれども!

DSC00741

最後はゴジラに見えるジラースをスペシウム光線で撃退! 子供よりファンの大人を喜ばせる演出でした。

DSC00742

そして個人的にもっともテンション高まったのはまさかのアンドロメロスとグリッドマンw これ子供達放置しすぎだろwww。

DSC00745

いやーかっこいいなーアンドロメロス。中身はゾフィーなのかなー。

DSC00746

最後のボスは安定のタイラント。今回は実物ではなく映像での登場でした。

DSC00747

無事に力を合わせてタイラントを撃退!

DSC00750

特撮博物館を思わせる本格的なジオラマやウルトラライブステージなど今年も見どころもりだくさんなウルトラマンフェスティバルでした。お子さんのいる家庭はもちろん、子供の頃ウルトラマンにハマった思い出のある大人も十分楽しめるイベントです。8月いっぱいは会期なのでお時間ある方はぜひ足を運んでみてください。

最後のおまけ。今年の物販コーナーでもっとも気に入ってしまった一品です。これはセンスよすぎるだろ・・・・・・。

IMG_20150812_151327

怪獣酒場の運営が延長決定。ただし現状のコンセプトは3月まで、その後はリニューアル

ですってよ奥さん。

地球人たちにクリスマスプレゼントで、嬉しいニュースの発表だ。
怪獣酒場の開放延長が、宇宙人怪獣連合会議にてあっさりと承認された。
ウルトラ戦士の目は気になるが、今のところ何のアクションもない事だし大丈夫であろう。

開放延長に当たっては色々な準備も必要になる。これからまた忙しくなりそうだ。
フォッフォッフォッフォッ

バルタン店長のつぶやき – 怪獣酒場
http://www.kaiju-sakaba.com/tsubuyaki/

ただし今の状態は3月末で見納め、4月からは新たにリニューアルするっぽい。

延長に当たっては色々考えている事もある。
例えば店内の装飾やレジェンド怪獣のオブジェ等は入れ替えも検討している。
今の怪獣酒場は3月末までで見納めとなるので、未見の者は急いでくれたまえ。

1度行ったことある人としてリニューアルは嬉しいけど、まだの人は3月までに1度行っておくとリニューアル後も2度楽しめそうです。

以前に訪問したレポートはこちらをどうぞ。

小ネタ満載で料理もおいしい川崎の「怪獣酒場」はウルトラファンなら必訪 – カイ士伝
https://bloggingfrom.tv/wp/2014/09/11/13290

小ネタ満載で料理もおいしい川崎の「怪獣酒場」はウルトラファンなら必訪

先日ウルトラマンフェスティバルに行ったその日の夜、ウルトラマンつながりで川崎にある怪獣酒場に行って参りました。

2014年のウルトラマンフェスティバルは「ようこそ、光の国」がテーマ – カイ士伝
https://bloggingfrom.tv/wp/2014/08/25/13260

怪獣酒場はその名の通り怪獣をコンセプトにした居酒屋。ヒーローたちにこてんぱんにされる怪獣たちが日々のうっぷんを晴らすためのウルトラ超人お断り居酒屋です。

怪獣酒場
http://www.kaiju-sakaba.com/

場所はJR川崎駅から徒歩数分、Google マップにも場所が出てます。

Google マップ
https://www.google.co.jp/maps/@35.5298279,139.6988472,20z

お店は地下にあるので注意。まずは降りる階段を探しましょう。そばにいる客引きの人に聞くとやさしく教えてくれます。

DSC09839

こちらが怪獣酒場の入り口。

DSC09841

ピーク時はお店の前に行列できるそうなのでできれば予約したいところですが、予約は5人からで17時から2時間または19時半から2時間と結構ハードルが高い。幸いこの日は21時過ぎかつ平日に訪れたのでさくっと入れました。

予約 – 怪獣酒場
http://www.kaiju-sakaba.com/reservation/

中に入るとゼットンがお出迎え。

DSC09843

入店すると店員さんがこのお店の掟を教えてくれます。怪獣がたむろする酒場だけに、地球防衛隊員やヒーローに変身できる能力を持つお客は入店禁止とのこと。設定こだわりすぎだわw

DSC09845

地球防衛隊員でもヒーローでもないことを示すのがこのジャミラの真実の口。なんかみたことある口だなおい。

DSC09844

正義の味方ではない証明とばかりに手をつっこむ! ジャミラにかまれたらヒーローの証!(実際には噛まれません)

DSC09846

ジャミラの隣にはシーボーズ。怪獣酒場と怪獣墓場間違えたんだなw

DSC09847

こちらが怪獣酒場のメニュー。シルエットはみんな有名な怪獣ばっかりですな。

DSC09881

まずはドリンクメニュー。いろいろ気になるものもあるけど喉渇いたのでビールを注文。

DSC09848

そしたらきたこれウルトラマンフェスティバルで欲しかったジョッキ!

DSC09858

ペスターのビールもセンスいいのう……。あまり家でビールをジョッキにつぐことないんだけどこれは欲しくなる……。

DSC09860

怪獣酒場の食事セット。箸置きはプレゼントとして持って帰ることができます。デザインも人それぞれですが私はペギラでした。

DSC09849

お店の人を呼ぶにはカラータイマーつぶさないといけないw とことん怪獣仕様です。

DSC09854

ビールでのどを潤したところでいよいよごはん! 怪獣酒場ならではの凝ったメニューは「バルタン星人のおススメ」として5種類が用意されています。

DSC09855

それ以外は各怪獣がおすすめする普通のメニュー。怪獣興味ない人でも普通に居酒屋として楽しめますね(内装的に無理だけど)。

DSC09856

DSC09857

そして一番最初に登場した「バルタン星人のおもてなし」。おもてなしというかむしろ手ありだろこれ。

DSC09863

バルタン星人のはさみをあけるとそこには……。

DSC09864

おいしそうなバルタン星人の手、じゃなかったカニチャーハン!

DSC09865

見た目に反して? カニチャーハンとして普通においしい。こういうネタ系居酒屋って味がいまいちだったりすること多いのですが、カニの味がしっかりしててご飯もぱらりと仕上がっててちゃんとおいしいカニチャーハンです。これは次のメニューにも期待がかかる!

DSC09867

続きましてはもっとも期待していたツインテールフライ。このセンスすばらしすぎるよwww グドンになったつもりで2本のナイフをそれぞれの手に持ちばっさばっさと解体してやりました。

DSC09868

こちらは「「禁じられた言葉」サラダ」。食べていくとメトロン星人からの質問がお皿に刻まれているのですが、せっかくなのでここはネタばれなしにしておきます。

DSC09870

そしてこちらが「カラータイマーを狙え! Ver.2」。

DSC09871

一緒にサラダがついてきます。

DSC09872

まぜておいたサラダをカラータイマーに乗せて……。

DSC09877

えいや! とカラータイマーをぶっつぶす!

DSC09879

いずれのメニューも奇抜なだけでなくご飯がしっかりおいしい。どれ食べても納得の味なのが嬉しいです。なお、今回はあいにく品切れで注文できなかったのが「ウルトラセブンを解析せよ!」というメニューなのですがこれがかなりとんでもない。食べられなかったからどういうメニューかなと思ってWebサイト見たらその発想に衝撃でした。このブログ読んで行かれる方はWebサイトでメニュー見ないようにして注文することオススメします。

食べ物も楽しいですが部屋の中もウルトラ怪獣ばかりでテンションあがります。カウンターなんて目の前に怪獣がいるから1人でも楽しそう。むしろ隣の人とウルトラトーク盛り上がっちゃったりなんかしてね。

DSC09882

壁にもいたるところに怪獣たちが!

DSC09861

ふと部屋を見上げると照明まで宇宙船っぽい。これだれの船だろうか……。テンペラー星人かなとおもったけどちょっと違うみたいだし。

DSC09853

我々の座る背中にもウルトラ怪獣たちが!

DSC09851

DSC09850

お店のメニュー頼むとコースターもらえるのですが、お姉さんが何の説明もなくさらっと置いていくのが楽しいw まるでハンカチおとしのように何事もなくコースターが詰まれていきます。

DSC09873

壁にはウルトラシリーズに登場する星たちも。

DSC09889

はー、ヒッポリト星そんなところにあるのかー。

DSC09888

DSC09890

飲み物もちょこちょこ凝ってます。こちらはエレキングの電気ブランサワー。たしかにエレキングっぽいw

DSC09892

最後のデザートは大好きなティラミスを使った「ジャミラの想い」。ちなみに当日は怪獣酒場の一員となるべくジャミラTシャツ着ていったんですが主に店員さん方面に大人気でした。

DSC09893

そしてこれがジャミラの想い。ジャミラが地球で表れた国際会議場をモチーフにティラミスが立方形状で飾られています。

DSC09895

その国際会議場をジャミラ型スプーンでぶっこわす! いちいち設定こまかいなーw

DSC09896

閉店間際で他のお客さんも少なくなっていたのでいろんな部屋を覗いてきました。こちらは団体用のお部屋。

DSC09899

2人用の個室は怪獣をモチーフに作られています。こちらは酋長怪獣ジェロニモンですな。

DSC09898

空に浮かぶクール星人。

DSC09901

怪獣たちが密談中!

DSC09902

テーブルデザインからも一目瞭然、ここはキングジョーのお部屋。

DSC09903

あれ、怪獣酒場なのにウルトラシリーズのメカたちが飾られている……。

DSC09905

とおもったら科学特捜隊を研究するための部屋だったw ビートルあなどれないよねー。

DSC09906

床には謎の怪獣の足跡。この形状だとバルタン星人かなー。

DSC09907

そして怪獣酒場最大の人気スポットである謎の部屋。この部屋、その月に誕生日を迎える人しか入れてもらえないというプレミア感満載のお部屋なのです。

DSC09910

入れないものの部屋にある窓から中をそっと覗くとそこには……!

DSC09909

そう、メトロン星人と記念写真が撮れるというこれ以上ない貴重なお部屋なのです! ううう、誕生月に来たかったぜ……。

DSC09912

そろそろ時間ということでレジへ向かうとそこには数々の忘れ物が展示。

DSC09913

いやマグマ星人さすがにそれは忘れねえだろwww

DSC09914

そしてお金周りにはめざといカネゴン!

DSC09908

いやあ楽しい時間でした、と怪獣酒場をあとにしようとした一行が目にしたものは……。

DSC09916

ゼットンのプリケツ! なんというさよなら!

DSC09918

とにかく最初から最後までウルトラネタ尽くしでとても楽しいだけでなく、食べ物も飲み物もしっかりおいしいので大満足。3月までの期間限定なので、ぜひまだ誕生月が残っている人は訪問してみてくださいませ。誕生月が過ぎてしまった人は友達誘っていこう!

2014年のウルトラマンフェスティバルは「ようこそ、光の国」がテーマ

昨年に引き続き、ありがたくも招待券いただいたこともあってウルトラマンフェスティバル参戦してまいりました。

「シリーズ全怪獣大集結」のウルトラマンフェスティバルがその名に恥じぬ充実ぶりだった – カイ士伝
https://bloggingfrom.tv/wp/2013/08/29/11283

入り口でお出迎えするウルトラマンは今年も健在。

DSC09657

今回はマグマ星人がお店開いてました。「とうさつOK」「かくさんしろよ」とかネタが細かいw なんとなくエイプリルフールの感覚を思い起こさせます。

DSC09662

グッズを購入するとサインしてくれるやさしいマグマ星人さん。

DSC09659

今回は時間の関係上ステージに直行。フラッシュ撮影と動画撮影以外はOKとのことだったのでバシバシ撮影しちゃいました。

主人公はやっぱりテレビシリーズ放映中のウルトラマンギンガ。

DSC09667

今回はゲーム形式で、3体の怪獣から好きな怪獣を選び、会場のみんながその怪獣を操作できるというアトラクション。なんでもどの怪獣を選ぶかでストーリーも分岐するんだとか。そうとう凝ってますな……。

DSC09668

会場の小さなお友達に「どの怪獣がいい?」と聞いて帰ってきた答えがまさかのサドラ。マニア過ぎるだろサドラのチョイスは……。いい大人になるぞきっと!

DSC09670

それではサドラ編のゲームスタート!

DSC09676

前からおそってくる火の玉を……。

DSC09679

しゃがんでよける! 会場のみんながしゃがむとその動きに合わせてサドラがしゃがむ(ということになっている)ので、真面目に参加するとほんとにゲームで操作しているみたいで面白い。いろいろ考えますなあ。

DSC09681

まさかのナースが意外な形で登場w

DSC09686

そして登場したウルトラマンジョーニアス! ちょうど今年はザ・ウルトラマン35周年の年ということで特別にフィーチャーされました。ザ・ウルトラマンのオープニング曲は歴代ウルトラマンの歌でもベスト3に入るくらい好きな曲なので、いきなりかかったときにはテンションあがったわー。

DSC09710

みよこのダサかっこよさ!

DSC09716

ステージはプロジェクションマッピングを活用した演出も。こういう光線の使い方はうまいよなー。

DSC09730

クライマックスはあえて割愛しますが、超巨大なグランドキングの登場だったりウルトラマンたちがかけつける演出はかなりの見物。やっぱりウルフェス行くならステージは必ず見たいキラーアトラクションです。

エンディングに向けて集まるウルトラマンたち。

DSC09745

そんな中隅っこで遊ぶ人たちw

DSC09744

びしっとポーズでエンディング!

DSC09750

ウルトラマンが多すぎて入りきらないのでパノラマでも撮影。いやー改めてジョーニアスがダサかっこいいわー。

DSC09751

時間ぎりぎりですべりこんだステージを見終わった後はスタート地点に戻っていよいよウルフェススタート。今年のウルフェスは光の国という設定で、まずは入国審査を受けて光の国に入ります。

DSC09757

会場内のコーナーも光の国をイメージしたものばかり。

DSC09761

ただ単にウルトラだけでなく星座を学ぶコーナーがあったり。

DSC09764

空中では光の国の住民がお出迎えしてくれます。

DSC09774

謎の放送局ブース。

DSC09778

放送局の横には本日のテーマコーナーがありました。ペットにしたい怪獣か−。ドドンゴとか乗ってみたいかなー。

DSC09776

そうこうしているうちに始まった放送局コーナー。しかしMCが声はすれども姿は見えず!

DSC09777

と思ったらナックル星人がMCだった!(正確にはナックル星人グレイというウルトラマンギンガの星人ですが)。

DSC09779

そしてさらにおねえさんたちとウルトラマンナイスも参戦。基本的には投稿を紹介するコーナーなのですが、非常にざっくりしたゆるい進行でなかなか面白かった。

DSC09786

会場内はウルトラマンシリーズがお出迎え。ジョーニアスはアメリカ勢とまとめられちゃうんだな。

DSC09789

隠れキャラ的な位置にいたレオ兄弟。メイン通路の壁の裏にいるので気がつかない人がいるかもしれない場所でした。レオさんだって40周年なのに扱いが切ない……。

DSC09798

ポーズがおかしすぎるウルトラマンゼアス。なんだこのポーズw

DSC09800

会場にはミニゲーム体験コーナーも。

DSC09799

ウルトラセブンの必殺技アイスラッガーで怪獣を倒すアイスラッガーショット。これはちょっと楽しそうだ。

DSC09801

なんて見てたら会場を通りがかったジャックがアイスラッガーショットに挑戦!

DSC09802

しかし3投でわずか1点しか取れないていたらく。これは恥ずかしいw

DSC09809

今回のフードコーナーはMOMI & TOY’Sとのコラボレーション。

DSC09812

ウルトラマンの名を冠したクレープたちが食べられます。ウルトラマン関係ないとか言わない!

DSC09815

ティラミス好きとしてここはメビウスのティラミス味を選択。クリームたっぷりでおいしゅうございました。

DSC09818

会場にあったガチャコーナーで目を引いたのがこれ。ツインテールフライおもしろすぎるだろこれw

DSC09819

もちろん挑戦しましたが残念ながらガヴァドン餃子でした。まあこれはこれでかわいいな。

DSC09820

そして最後に訪れる物欲コーナー! このジョッキおしゃれすぎる!

DSC09821

中でもドドンゴ絞りはかなりそそられましたが「普段ビールはジョッキで飲まないし」と断腸の思いであきらめました。これセンスいいなあ。

DSC09823

ウルトラ怪獣の絵本も。これ友達の子供たちに配りまくりたいなあ。

DSC09825

会場を後にするとマグマ商店はすでに閉店ガラガラでした。出没場所全部いっしょじゃねーかw

DSC09827

当日はサンシャインシティがウルフェスとコラボしていてさまざまなウルトラマンメニューを展開。しかしウルトラ稲庭うどんが雑すぎるw

DSC09831

せっかくなのでコラボメニューの1つを食べにダッキーダックへ。

DSC09834

先着20名とのことでしたがこの日は十分に在庫がありました。

DSC09833

かわいいウルトラマンのスペシウム光線ケーキ。味はシンプルなショートケーキでおいしかったです。ウルフェス周りで疲れた体を休めるのにちょうどいいかな。

DSC09836

去年のように怪獣やウルトラマンがこれでもかというほど現れる演出とはまた違っていくぶんシンプルだったけど、そのぶんアトラクションが多めで楽しかった。毎年演出を変えてくれるからその年その年で違った楽しみがあっていいですなー。今年もまだ最終週末がありますので、夏休み最後の思い出に足を運んでみて下さいませ。

ウルトラマンフェスティバル2014
http://ulfes.com/2014/

「シリーズ全怪獣大集結」のウルトラマンフェスティバルがその名に恥じぬ充実ぶりだった

「ウルトラマンシリーズ全怪獣大集結」という強烈なキャッチコピーに加え、先日ウルトラマンの舞台裏に関する本も読んだことでウルトラマン熱も高まっており、知人にいただいた招待券でウルトラマンフェスティバル行って参りました。

ウルトラマンフェスティバル2013
http://www.ulfes.com/2013/

結果から言うとこれがもうほんとに行って良かった。大集結というだけのことはある大量の怪獣に加えて歴代ウルトラマンもほぼ全員がそろい踏み。ウルトラマンショーも含め大人のウルトラ好きにも大変楽しめる内容でした。

DSC04161

会場の入り口では初代ウルトラマンがお出迎え。嫌が応にもテンション高まります。

DSC04160

入り口を迎えるはウルトラマンの好敵手バルタン星人。センターは初代、サイドは2代目で固められていました。こうやってみるとだいぶデザイン違うなー。

DSC04164

さらに今回のイベントの主役であるウルトラマンギンガも。頭光りすぎててうまく写真撮れない……。

DSC04277

会場および怪獣がどこにいるかを示したマップ。テキストの時点でこの数はとんでもないな……と肌で感じます。

DSC04165

フェスティバルは怪獣の展示だけでなくウルトラマンのステージも行なわれるのですが、これはもうぜったい見た方がいい。正直言ってステージのテーマがウルトラマンギンガということで「あまり興味ないなあ……」と思ってしまったのですが、ギンガだけでなく昔のウルトラマンもたくさん出てくるし、ステージをうまく使った演出はもちろん、ウルトラマンと怪獣のアクションがすばらしい。

まだ最後の土日が残っているのでショーの詳細は避けておきますが、足を運ばれる際はぜひともステージもご覧ください。大人でも思わず拍手してしまうおもしろさでしたよ。エレキングのでんぐりがえしアタック、すばらしすぎたぜ……。

基本的にはギンガ押しということなのか、テレビ放映されている「ウルトラマンギンガ」の変身アイテムを使った遊びも。これ自分のを持ってたら楽しそうだなあ。

DSC04166

顔だけだとちょっと不気味なウルトラマンw。

DSC04167

オフィシャルファンブック売り場ではカネゴンがお出迎え。とっとと金出して買えという無言のアピールを感じますw

DSC04170

面白かったのは怪獣の一部分に触れるという試み。こういう展示って基本的には触っちゃいけないものなのにちょっとドキドキ。

DSC04174

ジェロニモンと握手しちゃった!

DSC04171

レッドキングのおなかはぷにぷにでした。

DSC04175

キングザウルスIII世の背中も! 四つん這いタイプだから背中に乗らないと触れないのにこれは貴重ですね。

DSC04176

6兄弟ではゾフィー兄さんの次に好きなのがエース。どうも技巧派がタイプらしい。

DSC04179

80はユリアンといちゃいちゃしてました。

DSC04180

ここでもしっぽに触れる試み。こうやって肌で触れられるのってすごいいい体験だなあ。

DSC04181

全怪獣大集結というだけあって至る所に怪獣が。空飛んでまでグドンに食べられるツインテールかわいそすw

DSC04281

会場係は科学特捜隊やウルトラ警備隊のユニフォーム着用。「写真いいですか?」と聞いたら喜んでポーズしてくれました。いいなあ科特隊のユニフォーム。

DSC04185

怪獣にやたらと囲まれるタロウ。こんな感じで会場には所狭しとウルトラマンや怪獣たちが並んでいます。すごい近い距離で見られるのでテンションあがりまくり。

DSC04187

ロボット長官など人型タイプは人形で表現w

DSC04188

今年で没後30周年を迎えたジャミラさま。だいぶ縮んでしまわれましたな……。

DSC04192

「うーん、このまま一巡してツモ狙うか……」「ううん、モチロン!」

DSC04193

6兄弟を苦しめたテンペラー星人もかなり小さめの扱いw

DSC04194

超獣バキシム。キングザウルスIII世やアーストロンなど恐竜タイプ好きなんでバキシムもテンションあがりまくる!

DSC04195

L77星からやってきたレオさま!

DSC04199

レオといえばもちろんアストラも。ここは兄弟合体光線見たかったなあ。

DSC04196

そしてレオとアストラ兄弟の後ろにこっそりたたずむババルウ星人。ここ、ガッツ星人やらヒッポリト星人やらウルトラマン苦しめた星人ばっかりだな。

DSC04197

しかもその横にはエースキーラーまで!

DSC04201

レオのえこひいきでおなじみキングさま!

DSC04198

ウルトラマンサーガとウルトラマンマックス。しかしサーガの配色、もはや悪役だろ……。

DSC04202

80に続きウルトラの父と母もいちゃいちゃ。仲むつまじいのう。

DSC04204

ウルトラマンガイアとウルトラマンアグルのコンビになぜかキングジョー。ガイアにも出てきたのかな?

DSC04207

キングジョー、いつのまにかこんなバージョンあったのか……。スカーレットの配色かっこいいな。

DSC04209

ウルトラシリーズのストーリーを見事1つにつなげてくれたウルトラマンメビウス。そういやヒカリはいなかったかも?

DSC04212

ウルトラマンティガとセブン第1話のクール星人。

DSC04213

空飛ぶベムスター!

DSC04214

なんか弱々しい帰りマンことウルトラマンジャック。

DSC04215

会場中央にはお子様向けのウルトラマン列車が走ってます。

DSC04216

すごく、大きいです、顔が……。

DSC04269

さらに奥へ行くと物販コーナーが。巨大なアントラーが目印です。

DSC04217

物販意外に射的など子供の遊び場も。でっかいウルトラマンギンガと写真撮影することもできます。これ等身大サイズなのかな?

DSC04241

遊び場の説明員として立たされるゾフィー兄さんとウルトラマンゼノン。ううう、ゾフィー兄さんは兄弟最強なのに……。

DSC04220

物販コーナーのそばには怪獣ミュージアムとして多数の怪獣を展示。ほんとに至る所に怪獣がいるのでファンにはたまりません。

DSC04221

ウルフェス限定クリームなんてものも! でもエースもゾフィーもいない!

DSC04224

アイスはコールドストーンみたいに凍った鉄板の上で作る本格派。

DSC04231

ウルトラマンマグカップがセットになるアイスもあるとのことで、せっかくの記念に買ってみました。

DSC04233

アイスは紙カップのままマグカップに入れてくれて、持ち帰り用の箱もくれるので非常に便利。これはいいアイディアだなあ。

DSC04234

アイスクリームの奥には子供向け「ふれあいステージ」も。ケムラーが司会進行するんだけどこれがなんというかゆるいゆるい。ウルトラマンレオの「宇宙にきらめくエメラルド」という歌詞を「世界で一番高い山、それエベレスト!」とかむちゃくちゃな替え歌で歌ったりして実に愉快だったのですが、すごいのは子供たちがちゃんとウルトラマンレオの歌を歌えること。もう何十年も前のヒーローかつ地上波でも放映されなくなったウルトラマンの主題歌を今の子供たちがしっかり歌えるって、ウルトラマン好きとしては感動しかありません……。

DSC04227

ミニミニウルトラ怪獣としてカプセル怪獣ミクラスも登場。

DSC04230

と思ったら巨大ヴィラ星人とかも登場してなかなかにカオスでした。

DSC04237

トイレマークは父と母。さすがに80とユリアンじゃなかったw

DSC04219

会場の物販でつい心を奪われて買ってしまったガシャポン。右下の新マン、とんでもなさすぎるだろ……。

DSC04239

発売予定の人形もずらり。物欲そそられますなあ……。

DSC04240

「ガンダー」の札を持っているけどガンダーは奥で、こっちはメビウスのロベルガー。

DSC04244

アニメで登場したアメリカ版のウルトラマンたちも! 左からウルトラマンチャック、ウルトラウーマンベス、ウルトラマンスコットです。ウルトラウーマンとかいちいちいうあたりが実にアメリカっぽいw

DSC04245

空を見上げるとバードン!

DSC04247

ウルトラマンジャスティス、コスモス、そしてレジェンド。このカッパはいったいなんだろ?

DSC04249

カプセル怪獣セブンガーはちょっとSDちっく。これかわいいなー。

DSC04255

ウルトラマンを倒したゼットン星人とゼットンのコラボレーション!

DSC04256

サンシャイン水族館とのコラボというペスター展示。このアプローチちょっとおもろいw

DSC04258

となりにはタッコングの姿も!

DSC04259

どさくさまぎれにウーまで!

DSC04279

ガラモンかピグモンか迷うところ。

DSC04263

ウルトラマンのアニメといえばウルトラマンジョーニアスも実写版で登場。「ザ・ウルトラマン」の歌はシリーズでも相当好きです。

DSC04264

ムルチだと思ったらメビウスにでてきたゾアムルチだったw

DSC04265

海外勢としてウルトラマングレートとウルトラマンパワード。やっぱしちょっと日本と比べて造型に違和感ありますね。

DSC04267

フィギュアコーナーのウルトラマンたち。マント姿のウルトラマンかっけーなー!

DSC04271

物販コーナーにはウルトラマンのお酒も。ちょ、メトロン星人とメフィラス星人が酒作ってるぞ!

DSC04272

こんなトンデモ酒誰が作ってるんだ……、とおもったら人気酒造だったw さすがすなー。

DSC04273

会場入り口ではウルトラヒーローといっしょに記念撮影もできます。自分たちのタイミングはウルトラマンサーガが立ってましたが、30分くらいのタイミングで別のウルトラマンに代わるようです。サーガはカメラ向けるとポーズ取ってくれるいいウルトラマンだったのですが、ごめん、いかんせん赤いウルトラマン以外は気持ちが……。

DSC04275

でもサーガの高感度はとっても上がったよ!

DSC04283

テンション高まりすぎてついついお土産もいろいろと購入。まずはウルトラマンの台本を模したノートです。でもおれってばデジタル派だからあまりノート使わないんだった……。

DSC04285

ウルトラマンのネタシール。モロボシダンはほんとにすぐウルトラアイどっかやっちゃうからなwww

DSC04288

「飲食禁止」はツインテールがかわいすぎて思わずPCに貼りました。

DSC04284

ジャミラの箸とウルトラマンのメモ。返す返す俺ってばメモ使わない人だけどどうしよう……。

DSC04286

勢いで買ってしまった指人形。美しかったクリスタルタロウと没後30周年のジャミラ、兄弟合体光線用の2人をセレクトです。

DSC04287

ウルトラマンの顔を模したウルトラマンパン。朝ご飯においしくいただきました。

DSC04289

大掛かりなアトラクションがあるわけじゃないけれど、そこらかしこにウルトラマンや怪獣たちがいるという、ウルトラ好きにはたまらないイベント。会期は9月1日までなので、今週末にお時間あるウルトラ好きはぜひ足を運んでみてください。日によってはトークショーとかもあるので公式サイトも要チェックです。

円谷一族が語る「ウルトラマンが泣いている 円谷プロの失敗」読んだ

幼少の頃からウルトラマンで育ってきた自分には何とも重い裏話でした。

ウルトラマンが泣いている 円谷プロの失敗 (講談社現代新書)
ウルトラマンが泣いている 円谷プロの失敗 (講談社現代新書)

円谷プロと言えば幾多の経営難を何とか乗り越えつつ、現在はパチンコ開発販売会社フィールズの子会社となり、円谷一族は経営から一切手を引くこととなったのですが、本書は円谷プロの創始者である円谷英二の孫にして6代目社長である筆者が、円谷一族による内紛や経営破綻について語るドキュメンタリーです。

こういう内紛ものは得てして一方からの視点だけでは正確なことはわからないので、書いてあることそのものが当時の事実だったかどうかは判断を保留するとしても、子供の頃から心躍らせて放送を楽しみにしていたウルトラマンシリーズが、こういう経営危機や内紛の中作られていたんだなあ、ということはなかなかに胸詰まらせるものがありました。

本書では特に3代目社長であった円谷皐氏の経営をやり玉に挙げつつ、円谷プロの運営そのものにもいろいろな分析や批判をしているんだけど、個人的にはその分析にちょっと共感できないというか、隣の芝生が青く見えすぎてないかなという気もした。

その一例として円谷プロのウルトラマンシリーズについてウルトラマンファミリーという家族設定が安易だとか、子供向けの番組であることを忘れて大人を狙ってしまった、などという反省のもと、その比較材料として仮面ライダーやスーパー戦隊シリーズを「最初からコンセプトが変わらない」と評しているんだけど、仮面ライダーこそ子供向けから一転して主婦層を狙うイケメンライダーや子供にわかりにくい難解なストーリー採用しているし、家族設定が安易というなら歴代スーパー戦隊を集めて映画にしたり、シリーズ関係ないギャバンを番組に投入してくるしで、よっぽどスーパー戦隊シリーズや仮面ライダーのほうがコンセプト変わりまくってると思うんだよね。

そういう意味でも正直筆者の分析自体は共感しかねる部分が多々あるものの、この本を読んで痛感したのは「いいものを作るだけではうまくいかない」ということ。ウルトラマンシリーズで言えば、課題は高すぎる番組製作費用をうまくまかないきれないことが一番の課題であり、それを対策するには番組のクオリティを下げずにコストを切り詰めるか、制作費以上に儲かるシステムを作るかのどちらか。一時は玩具ビジネスでその道を気開けそうなシーンもあったものの、結果として一族が全員経営から離れるという自体に陥ったという本書の結末は、もの作りにおいて以下にコスト意識やマーケティング、プロモーションも合わせて重要なのかということを思い知らされました。

子供の頃からのウルトラマン好きにとっては、こういう裏側の内紛はあまり気の進まない本かもしれませんが、もの作りという視点からもいろいろと考えさせられる一冊。くれぐれも一族の内紛における1つの視点ということを覚えつつ読むことをオススメします。

余談ながら先日本屋にいったらウルトラマンのちょっとしたコーナーが作られていて、「おおこのフィギュア欲しい」「このぬいぐるみかわいいなー」と感動してしまいました。最近のウルトラ総選挙もネットではけっこうな話題になっていたりと、ウルトラマンはまだまだ人気あるコンテンツなので、このままウルトラの火を消すことなく、自分の子供や孫の代までウルトラマンが伝わっていくといいなと思います。

とりあえず今年はウルフェス行くかー。全怪獣大集合みたいだし。

円谷プロ50年の集大成「円谷プロ全怪獣図鑑」はファン必携の1冊

Facebookでその存在を知るなりポチっとしてしまったこの図鑑。ウルトラマンだけでなく円谷プロの手がけた作品に登場する怪獣をすべて網羅して5,000円とかもう安すぎるでしょ。ある意味1年100円みたいなもんですよ!

届いて知ったるこのサイズ感。みてくださいこの右下にありますわざとらしいまでのiPhoneケースとのサイズ差を!

中身は質実剛健とでもいいますか、登場怪獣の情報が写真とともにコンパクトにまとめられています。ちょいちょい出てくるコラムも嬉しいところ。

全作品を網羅しているのでこんなマニアックなキャラも。ウルトラニャンとかこの本見るまで完全に忘れてたわ・・・・・・。

ウルトラマンが仮面ライダーのバイクにまたがるという貴重なショットも!

図鑑自体も非常にこだわり抜かれていて「円谷プロ制作でないものは載せない」「同じ作品に登場する怪獣は同じ個体であってもその都度紹介する」といった徹底っぷりがすばらしい。作品も年代順に並べられているので、その時代ごとの流れが把握できてすばらしい。円谷プロファンなら1冊は手元に持っておくべき必携ブックといっても過言ではないでしょう。ベッドサイドに置いておいて空いた時間にパラパラめくって堪能したいと思います。

円谷プロ全怪獣図鑑
円谷プロ全怪獣図鑑

ただ個人的に贅沢いうならウルトラマンのみを収めたバージョンも欲しいなあ。やっぱし怪獣よりはヒーロー好きなもので。

ナイスなウルトラマンCD情報ゲット!!!

何事も声に出してみることは大事ですね。先日書いたエントリー、ネタ元のModern Syntaxからのご協力をいただいたこともあり、なんとアドバイスのコメントいただきました! あ、ウルトラマンナイスのことじゃないからね!

同じウルトラ好きの方で情報お持ちの方、ぜひぜひ情報お寄せくださいませ。

カイ士伝 ? Blog Archive ? こんなウルトラマンCD探してます
https://bloggingfrom.tv/wp/2008/02/17/73

ということでウルトラマンCDに関する情報を募集しているのですが、とてもマニアックです。
以下の曲が入っているCDを探しているとのこと。誰か知ってたら教えてあげてください。

こんなウルトラマンCD探してます – [モ]Modern Syntax
http://www.aivy.co.jp/BLOG_TEST/nagasawa/b/2008/02/cd.html

まず一番最初のコメントいただいたベムラーさんのオススメはこちら!


ウルトラマンBOXコンプリート・ソング・コレクション

こ、これはすご! でもお値段も1万円以上……。Amazonだとプレミアついて2万円超えてるよ……。

さすがにこれは手がでないなあと思っていたところに第2弾、プリズ魔さんからのお便りはこちら!


スーパーヒーロー・クロニクル ウルトラマン主題歌・挿入歌大全集I

これはすごい! 3枚組で期待の楽曲がほぼ揃ってる! しかもお値段も手頃!

もうこれ買うよ。がっつり買うよ。いますぐにでも買いたいよ。でもせっかくなのでプリズ魔さんはAmazonのアソシエイトIDとかお持ちでしたらそこから購入しますのでぜひご連絡くださいませ。いやこれ熱い! 6兄弟の歌が早く聞きたい!!!

タイトルを見てみると80以前はきっちりおさえられていて、80以降はIIに収録されている模様。まあ80は別購入でもいいかな。IIはあまり興味ないウルトラマンも多いし……。80とメビウスだけ別でそろえることにしましょう!

【追記】
さらにこんな情報もいただきましたよ。


決定版!!ウルトラマン主題歌全曲集’98
こちらはZATとメビウス以外全部入りの模様。まあメビウスは新しいからしゃーないですかね。ただこちらはAmazon在庫がないみたいでプレミアついちゃって、結果的に3枚組と値段かわらなくなっちゃてるので、今回はプリズ魔さんの2枚組を買わせていただきます。みなさま情報どうもありがとうございました!

こんなウルトラマンCD探してます

Modern Syntaxのこのエントリー読んで、前から気になってた情報をこの場で募集してみます。

ウルトラシリーズの音楽で仕事を快適に(Lifehack(笑) – [モ]Modern Syntax
http://www.aivy.co.jp/BLOG_TEST/nagasawa/b/2008/02/lifehack.html

私がかなりのウルトラマンオタクであることは一部では知られている事実ではありますが、実はウルトラマンに関する音楽CDを1枚も持っていません。いや、むちゃくちゃ欲しいんだけどいつも買うのをためらってしまう。

というのも、自分が蒼いウルトラマンには興味がなく、むしろ赤いウルトラマン(いわゆる80くらいまで)がものすげく好きなんですが、最近のはどうしても蒼いウルトラマンも入ってしまい、赤いウルトラマンの曲が削られてしまって、目当ての曲が全然ないんです。

ウルトラマンの歌というのはタイトルソングだけでなく、科学特捜隊の歌とかそのあたりもかなりすばらしいデキなので、そういう曲が全部入ったCDというのを探してはいるんですが今のところ見つからない。子供の頃、知り合いの家にあったウルトラマンCDがあまりに神がかったすばらしい選曲で、それをダビングさせてもらったテープをすり切れるほど聞いていたんですが、たぶんもうあのCDは絶版なんだろうなあ。

で、いい加減CDショップめぐるのもなかなか大変なので、ブログで募集かけてみることにしました。CD自体は何枚組でもいいし中古でも何でも手に入ればOK。もしくは「俺それ持ってる」なんて人はごにょごにょとご相談させてください。

欲しい楽曲はそれぞれのウルトラマンのテーマは当然すぎるのでカットしつつ、このあたりのちょっとマニアックな曲がコンプリートされているものが欲しいです。

  • 科学特捜隊、ウルトラ警備隊、MAT、TAC、ZAT、MAC、UGMそれぞれのテーマソング
  • 怪獣音頭
  • ウルトラ6兄弟の歌(♪進め!進め!進め!ってやつ)
  • ゾフィーの歌
  • 星空のバラード(ウルトラマンレオ)
  • TACの1週間(♪月曜日、射撃の訓練、ワンダバダバダバダ、ってやつ)
  • ザ・ウルトラマンのテーマ(番外扱いされますが歌はめちゃくちゃかっこいい)
  • ウルトラマンレオのテーマ2種類(♪宇宙にきらめくエメラルド、と♪レオ! ウルトラマン!の2種類)
  • ウルトラマンメビウス(メビウスの歌はきちんと王道の歌なので好き)

こんなところかな。意外とマニアックすぎてなかなかCDに収録されてないんですよね。特に「星空のバラード」なんかさ……。あとウルトラ6兄弟の歌とか鳥肌がたつほど好きなのでむちゃくちゃ聞きたいんですが最近ごぶさたですよ……。同じウルトラ好きの方で情報お持ちの方、ぜひぜひ情報お寄せくださいませ。