スマブラXを楽しく対戦するコツ

いやもう購入するなりハマりまくり。これおもろいわー。


大乱闘スマッシュブラザーズX

1人用のアドベンチャーモードもステージごとにドンキーやメトロイドやらのオマージュがいたるところになされていて、思わずニヤリとしてしまう。でもそんな任天堂ファン心理がなかったとしても、おまけとは思えないくらい1つのアクションゲームとして成立しているのでなかなか楽しいです。

しかしやはり一番楽しいのはオンライン対戦でして、購入してからほぼ毎日だれかと対戦しています。大乱闘の名が示す通り、乱闘してこそのスマブラXですしね。というわけで短い時間ではありますがプレイしていて気づいたポイントをちょっと紹介。あくまで個人的な感覚ではありますが、大乱闘が少しでも楽しくなる気がします。

  • 対戦はCPU入れてでも4

オンライン対戦だと人数集まらなくて2人の時が多いかもしれませんが、それでもCPU入れて4人にしましょう。というのもスマブラは対戦ゲームとしてはちょいと微妙というか、2人対戦で駆け引きするには技や要素がちょいと少ないんですね。スマッシュ攻撃みたいなのも含めてスマブラは4人プレイに最適化されていると思うので、乱戦の楽しさを味わうためにもCPU入れて4人にしましょう。

  • ルーム作成者はCPU設定忘れずに

どうもCPUを参加者に入れるのはルーム作成者だけみたいなのでお忘れなく。毎回CPUを設定しなきゃいけないようなんですが、これ自動設定ないのかな?

  • ネット接続はできるだけフレンドで

あくまで体感ですが「だれでも」対戦より「フレンド」対戦のほうがつながりやすい気がします。つか知らない人との対戦はまだ1回しか成功してなくて、すぐに回線切れちゃう。やっぱり対戦がキモなゲームだけにオンライン率も高いようですね。

  • フレンド接続は失敗してもリトライ

これまたおまじないレベルですが、フレンド対戦で接続失敗してWi-Fiコネクションから切断されても、すぐに接続してもう一度ルームに参加したら入れたことが結構ありました。失敗してもルーム作り直すより再接続したほうがいいかも。

  • モードは「大乱闘」で

組み手モードも試したんですが正直微妙すぎる……。やっぱり対戦楽しむには大乱闘モードですな。

  • キャラの色はこまめに変えよう

キャラ設定で選んだキャラの上でボタン押すと(設定やコントローラによってボタン違いますが)キャラの色が変えられます。気分転換の意味もあるけど、相手が同じキャラ選んだときにわかりやすい。同じキャラで同じ色の場合、相手の色が薄く表示されるようになっているんですが、それじゃちょっと見にくいですしね。変えたすえにかぶっちゃう可能性もありますが、デフォルトのままよりはましじゃないかと。

  • アイテムはまめにひろう

対戦に夢中になりがちですが、体力回復アイテムなんかはかなり重要。特に最後の切り札が狙えるアイテムはそれだけで勝負を決める重要な要素なので積極的に狙いましょう。ちなみに最後の切り札は「必殺技」ボタンで発動できますが、ゼルダの弓みたいにあらぬ方向へ打ってしまうと非常にもったいないキャラもいますから出すときはタイミングを考えましょう。

ちょこまか書いてみましたが、とりあえず大事なのは「CPU入れてでも4人」ということ。これがあるかないかで全然違うゲームになってしまうかもしれないくらいの要素なので、2人対戦だけでなく4人対戦もぜひお試しください。

あとはゲームのコツとしては、上下のスマッシュと必殺技は結構重要。特に下スマッシュでスピンキック出せるキャラ(マリオとかピカチュウとか)は、ジャンプして上から狙うと結構効きます。下スマッシュは段差の下からジャンプしながら決めると効果的。

でもやっぱり対人で4人対戦したい、というかたは毎度の告知ですがスマブラ専用サロン用意してますのでおいでませー。

カイ士伝 WordPress Version ? Blog Archive ? 「スマブラXサロン」開設のお知らせ
https://bloggingfrom.tv/wp/2008/01/31/52

たまたまこのブログに迷い込んだなんて人でもまったく気兼ねなく来てもらって大丈夫ですよー。ご参加いただきたい人は下記エントリのコメント欄からコメントお願いします。

スマブラやろうぜ – カイ士伝
http://blogging.from.tv/kai4den/archives/000753.html

映画「陰日向に咲く」見てきた

 岡田くんかっこいいよ岡田くん。

映画「陰日向に咲く」公式サイト
http://www.kage-hinata.jp/index.html

 原作は同名の劇団ひとりによる小説。もともと劇団ひとり好きだった私としては、この小説も非常にハマって読みました。内容はそんなにボリュームないんだけど、オムニバスのストーリーがみごとにリレーしていって、それがみごとにつながるシナリオのうまさと、1人1人が劇団ひとりのコントにでてきそうなほどきちんとキャラが構成されている。お笑い芸人の小説という評価を除いたとしても十分に楽しめる一作だと思います。

 そんな陰日向に咲くが映画化され、そして主役はV6の岡田くんということで、男のクセにジャニオタな私としては見に行かないといけないわけです。といってもジャニーズなら全部ってわけじゃないですけどね。そしてマイブームのジャニーズNo.1はNEWSの増田くんであります。まっすーかわいいよまっすー。

 で、実際に見てきたんですが、正直言って感想は微妙。原作では1つ1つの話が順々につながっていって、それが全体としても話としてうまくまとまっているんですが、映画だと岡田くんと宮崎あおいを主役においたせいか、全部のシナリオを主役にむすびつけようとしちゃって、結果として全体のバランス感を欠いていた気がする。

 んで、1つに話を集中するあまり、秋葉オタクのストーリーが完全に浮いちゃった。あれどこの話ともリンクしてなくて、原作しらない人だとあの話が何で入っているか理解不能なんじゃないだろうか。個人的にはあのエピソード好きなんだけどなあ。

 で、どうも見ていて既視感というか、こんな演出あったよなあと思っていたら、脚本の「金子ありさ」という名前をみてちょっと納得。

?金子ありさ – Wikipedia
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%87%91%E5%AD%90%E3%81%82%E3%82%8A%E3%81%95

 映画「電車男」もこの人なんだけど、あれも全体のストーリーはいいのに、途中で今まで電車を応援していた人たちが電車のホームを舞台にして主人公を励ますシーンがあって、せっかく匿名かつPCの向こうの人たちがリアルタイムに応援していたという電車男ならではの良さが壊れちゃってた気がする。

 なんというか「言葉にしないで伝わる」という良さに対して、それ言葉でそのまま表現しちゃう、みたいな演出が多い気がするんですよね。原作はそれぞれのストーリーが1つのお話として成立しながらもつながっていき、最後には陰の主人公が浮き上がると構成がほんとおみごとだったのに、ネタバレになるから詳しくはかかないですけど、最後のシーンに全員を詰め込みすぎて興ざめになっちゃた気がする。

? といいつつ、原作も一度読んでからかなり時間が経っているのでストーリー結構わすれてたり。なのでもう一度読んでみようかなと思ってます。たしか原作には女子高生のエピソードもあった気がするんですが、それも映画にはなかったような。

陰日向に咲く
陰日向に咲く

スマブラX購入しました

無事ゲット。

大乱闘スマッシュブラザーズX
大乱闘スマッシュブラザーズX

ノー予約だったのですが2ちゃんねるあたりで人気の沸騰ぶりを見てちょいと不安になり、ヨドバシカメラに開店1時間前にいったら無事ゲット。開店同時でも十分買えたっぽいですが、早めに行くとレジがすいてて助かります。あの列だと開店同時では30分くらい並ぶんじゃないかなー。

とりあえずフレンドコードも無事取得しましたのでご報告。

スマッシュブラザーズX フレンドコード
0774-3460-6827

まだあまりやりこんではいないですが、やっぱりネット対戦が楽しいね。コンピュータや見知らぬ人でも十分楽しいけど、やっぱり相手を把握して対戦できると興奮の度合いも大きい。週末で手に入れた人も多いと思うので、はやく4人対戦したいものです。

一方で残念なのは任天堂の相変わらずのネット仕様。今回もWi-Fiコネクションは専用モードなので、ローカルで1人プレイしているときに友達がオンラインになってもわからないため、友達がオンラインでプレイしているのまったく気づかずすれ違ってしまう。

これがXbox LIVEやPS3のPlayStation NETWORKだと、1人プレイしていて友達がオンラインになったのがわかるようになってるので、いつでもオンラインが楽しめるわけです。せっかくWiiConnect24とか言ってるんだから、もうちょいオンライン機能をプラットフォーム化して欲しいな。DSと違ってWiiは据え置き機で常にネットつながってるんだから、DSと同じ発想はちょいとずれているとおもう。

もう1つ難点を挙げておくと初回のメニュー画面。「みんなで」「ひとりで」がメインになっていているから、普通に買ってきた人はまず「ひとりで」を選ぶはずで、そうすると遊べるのはステージクリア型の「シンプル」と「アドベンチャーモード」だけ。もちろんこっちも面白いんだけど、スマブラの一番の楽しみは大乱闘であって、大乱闘モード自体は「みんなで」からCPUを選べば遊べるのに、最初の誘導ではほぼ「大乱闘」選ばないだろうからもったいなすぎる。

初回画面は「大乱闘」「シンプル」「アドベンチャー」にして、大乱闘を選んでから「みんな」「ひとりで」を選ばせたほうが良かったんじゃないのかな。せっかくの大乱闘が「CPU使えばまあそべるよね」みたいなオプション的存在に見えてしまって損している気がする。CPU戦でも十分大乱闘は面白いのにね。

と、細かいところは気になりつつも、毎日楽しく遊んでおります。アドベンチャーも最初は入り込めなかったけど、操作にある程度慣れてきたら結構楽しくなってきたし。友達がいつオンラインになったかわからないというさみしい仕様については、個人的に立てておりますスマブラXサロンへぜひお越しくださいませ。

カイ士伝 WordPress Version ? Blog Archive ? 「スマブラXサロン」開設のお知らせ
https://bloggingfrom.tv/wp/2008/01/31/52

「スマブラXサロン」開設のお知らせ

予約もできてないのに買ったつもりで作成しちゃいましたよ。

スマブラXサロン
http://blogging.from.tv/smablosalon/guest.php

参加表明されている方はコメントいただいたIDとパスワードでログインしてください。忘れた人は連絡ください、お送りします。

携帯電話はこちらからアクセスしてください。

スマブラXサロン モバイル
http://blogging.from.tv/smablosalon/m.php?a=guest

今日ゲットできなくてもとりあえずログインして親交を深めるのもいいかも。もう自由闊達に使っちゃってください。

あとは中身見たい人用にゲストアカウント作りたいけど、それは参加者のご意見ふまえてからかな。匿名さんで出入りされるのがいやなひともいるかもだしね。

さて、明日は朝イチでゲットするためにもう寝ますよ。ぐーぐーがんも。

暁の女神再開

しました。

ファイアーエムブレム 暁の女神
ファイアーエムブレム 暁の女神

ファイアーエムブレムシリーズは、ある程度キャラが育って軌道に乗るまではリセット繰り返しの厳しいゲームで、暁の女神も壁にぶち当たって長いお休みしてたんですが、ふと久々にプレイしてみたら、久々すぎてキャラの強さとか思い出すのにちょいと時間かかったけど、苦労していたステージもあっさりクリア。

前にプレイしていたときはブログで攻略日記つけていたのでそれも再開。クリアしちゃえばいいけど、クリアできなかった場合はブログでのメモ書きが意外に役に立つんですよね。

ただ、以前のブログはMT4化したときにテンプレートがぶっこわれてしまいましたので、こちらもWordPressで新しく開設。このブログに関してはカスタマイズをいっさいしなくて、フリーのテンプレート適用しただけだったんですが、それでもやっぱりデザイン崩れちゃうのね……。

ファイアーエムブレム「蒼炎の軌跡」改め「暁の女神」つれづれ日記(旧)
http://blogging.from.tv/fediary/

ファイアーエムブレム「青炎の軌跡」&「暁の女神」つれづれ日記(新)
http://blogging.from.tv/fediary2/

もうまもなくスマブラXの発売ではありますが、2008年中にクリアするぐらいの長期目標で地道に進めたいと思います。DS版FEの前にはクリアしておきたいなあ。

スマブラXオンライン対戦者絶賛募集中

いよいよ来週に迫ったスマッシュブラザーズXの発売。ちなみにAmazonはおろか家電量販店も予約終了が相次いでおりまして、当日入手はちょっと困難かもしれません。発売日延期は出荷数確保のためという理由でしたが、この状況見るとそれは確かに正しいのかも。当日はいつもより早起きして開店1時間前から並ぶ覚悟でおりますはい。


大乱闘スマッシュブラザーズX

そして先日告知したスマブラ専用サロンですが、ありがたいことにちょこちょこ参加表明いただいております。

スマブラやろうぜ – カイ士伝
http://blogging.from.tv/kai4den/archives/000753.html

さらにはブログで参加表明をいただいた方も。

[追記20080125]
第1回コロトラクイズの覇者、カイさんがこんなのをやってます。スマブラの対戦相手を探すコミュニティみたいです。

スマブラやろうぜ
とりあえずぼくも申し込んでみました。まだ予約できてないけど。CMで盛り上げるの早すぎだよ。

ゲームを観戦する (smashmedia)
http://smashmedia.jp/blog/2008/01/000904.php

ご紹介ありがとうございます。これで少し参加者増えるといいなー。わくわく。ご参加いただける方はもしよろしければブログでご紹介とかいただけると幸いであります。

とりあえず今回の目的は場の提供だけであって、基本的には2ちゃんねるの中間鯖みたいなイメージ。自分がいないときでも自由に使っていただいていいですし、ここ使って自分が主催したイベントのメンバーと連絡とっていただくのもOK。スマブラXユーザーが集う半公共的な場として役に立てればという思いです。コメント欄でのコメントが苦手な人は右サイドバーにありますメールアドレスでもいいですし、はてなメッセージでもmixiでもTwitterでもなんでもOK(パスワード設定の関係上はてなブックマークは難しそうですが、何かしら参加の意志を示していただければご対応いたしますので。

発売日入手が難しそうなのと、発売されてからの感想を見てやりたくなる人もいるでしょうから、発売日以降も参加表明は受け付けます。あくまでフレッシュミーティングの期間を最大限利用するために当日開設する関係上、事前にご連絡いただいておりますだけなので。

あー、早くプレイしたいなあ。ちなみに先日公開されて話題騒然となった「トライアルモード」も紹介。スマブラX登場キャラクターのゲームを体験できるという、ちょっともうやりすぎですよというぐらい至れり尽くせりモード。詳細はぜひ下記で確認してくださいませ。

名作トライアル
http://www.smashbros.com/jp/gamemode/various/various23.html

「テレビゲーム最大の欠点」について一言(ry

ずっと腑に落ちなかったんだけど、この2日くらいずっと考えていて何が納得できないのかやっと明確になったのでまとめます。

テレビゲームの根元的な欠点とは? (デジタルエンタメ天気予報):NBonline(日経ビジネス オンライン)
http://business.nikkeibp.co.jp/article/life/20080124/145244/

相変わらず当日以降続きが読めないステキ仕様なんですが、こういうときって引用はどういう扱いになるんでしょうね。パスワード保護されているものも普通に引用していいのかしら。

でまあ、とりあえず公開されているうちにまとめておいた今回の流れはこちら。

テレビゲームの欠点は「プレイしないと楽しめない」
「Wii Fit」「Wii Sports」は家族のプレイを見ているだけでも楽しい
「プレイしていなくても楽しい」からヒットする
スマブラXはネットワークで「観戦モード」搭載
観戦モードでスポーツ観戦と同じ楽しみが味わえる
テレビと違うのはプレイヤー自身がコンテンツを作り出していること
テレビゲームは「プレイすることが楽しい」だけのエンタテインメントではなくなりつつある

前回のマリギャラは首尾一貫してトンデモ理論でしたが、今回に関してはWii SportsやWii Fit、スマブラXの観戦モードみたいに、ゲームそのものを操作している人以外も楽しめる仕組みはすばらしいという結論そのものは賛成です。Wiiなんてのははじめからそれを狙ったハードですしね。

で、腑に落ちなかった部分はそもそも「ゲームの欠点」とされている点について。

テレビゲームは、プレイするのに疲れてしまうと、それ以上楽しむことができません。技術が足りずに先に進めなくなっても楽しめなくなる。指や腕が痛くなったらもう楽しめない。ゲームが上手い人ほど気づきにくいのですが、「プレイしないと楽しめない」というのは、テレビゲームが持つ根源的な欠点なのです。

それはさ、何だって同じじゃないですかね。スポーツだろうがなんだろうが疲れたら楽しくないですよ。自分が大学で入ったテニスサークルはうまい人がすごいたくさんいて、自分みたいな大学デビューはレベル差がありすぎて最初の頃は全然テニスたのしめなかった。それでもがんばってくらいついてなんとかラリーできるくらいにはなったけど、「プレイしないと楽しめない」というのはテレビゲームだけに限らない、娯楽としてのゲームは総じて当然の理屈だと思います。

んで、後半には「オンライン観戦はスポーツ観戦みたいに楽しめる」っていう下りもあるんだけど、これに関しても観戦が楽しいのは好きなスポーツだからこそであって、好きでもないスポーツみても面白くも何ともないです。自分はサッカーはウイイレとかでは楽しめるんですが、リアルサッカーに関しては90分も戦っていて2〜3点しか入らないという盛り上がりポイントの少なさが苦手でどうも楽しめない。これは好みの問題なのでスポーツの好き嫌いは人それぞれ違うとは思いますが、すくなくとも「スポーツ観戦は楽しいよね」っていうのは対象に興味がなかったらオンラインだろうがリアルだろうが楽しくないですよ。

ただ、スポーツそのものに興味が無くても観戦が楽しいということはあります。例えば野球には興味ないんだけど、球場でビル片手に友達とワイワイやるのが楽しいとか、サッカーに興味はないけど大画面でサッカー見ながらみんなでビールをあおるとか。つい酒ばかりに注目してしまいますが、スポーツというイベントを通じて友達と話したり飲んだりが楽しい、というのもスポーツ観戦の別の楽しみ方といえるのでは。

Wii SportsやWii Fit、スマブラXの観戦モードも実はそこなんだと思う。ゲームそのものはプレイしていなくても、周りもその空気に参加できるということ。スマブラXに関してはただ見ているだけじゃつまらないから、誰が勝つかを予想できるモードが実装されていて、観戦を通じて他の人たちとその場の空気を共有して楽しめる。

大観戦
http://www.smashbros.com/jp/gamemode/wi-fi/wi-fi02.html

つまり、プレイしていない人も楽しめるというよりも、コントローラを直接操作している人以外も一緒に参加できること、そういう要素が絶対ではないけれど、ゲームの間口を広げる施策としては良い効果を持っているということが本質なんじゃないかなと思います。

ずっと腑に落ちなかったのは、言葉の違いこそあれ結論は同じ方向にあるものの、そこへたどり着くまでの論点がちょっと勢いよすぎるからなんだな、と気づきました。少なくとも「プレイしていないと楽しめない」はテレビゲームだけの欠点じゃない。映画だって見てない人は楽しくないし、趣味なんて基本的にそういうもんじゃなかろうか。観戦モードも観戦そのものが楽しいんじゃなくて、観戦しているだけじゃない参加要素をきちんと作り込んでいるからこそ、なんじゃないかと思います。

あとついでに観戦モードについてもゲーオタとして触れておくと、観戦モードってのは今に始まったものではないですね。リッジレーサーのXbox 360版なんかもオンライン観戦モードはついていて、他人の試合を見ながらチャットを楽しんだりもできる。ほかにもちょっと調べたらDEAD OR ALIVE 4のXbox 360版もオンライン対戦があるみたい。Xbox LIVEという強力なオンラインプラットフォームがあるXbox 360ならではと思いますが、とりあえずオンライン観戦はいまにはじまったこっちゃない。別に「こっちが最初だもんね」なんてしょーもない突っ込みがしたいわけではないですが、あくまで事実確認として紹介しておきます。

移転祝い

 ってわけでもないんですけどね、ついやっちゃいました……。

PS3

 みなさまご存知の通り、PS2との互換機能を搭載した20GBモデルと60GBモデルが1月をもって販売を終了し、今後はPS2との互換性を持たない40GBモデルに一本化されるわけです。そうはいってもまだまだPS2のソフトもたくさん発売されるし、何より買ったはいいが全然プレイしてないメタルギアソリッド3もあるから、PS2機能がないのは困る。PS2とPS3両方並べても場所取っちゃいますしね。

 で、前々から気にはなっていたものの、販売終了が発表されて以降60GBモデルは大変な人気で売り切れが相次いでおり、まあ買えないならしょうがないかなーということであきらめていたところ、今日の帰りがけに「緊急入荷」と題した60GBモデルの販売を目の当たりにしてしまい。いやPS3の緊急入荷なんて生産出荷台数並みにあてにならないのはわかってるんですが、多少高くてもカードリーダーついててPS2互換機でSACDも聞けるなら買って損はないのかも……。

 とまあ勢い先攻で購入しちゃいましたが、先頃のアップデートではWMVやDivXの再生にも対応しているので、DLNA対応NASを組み合わせれば動画プレーヤーにもなるし、リモートプレイを使って外出先からテレビ見たりもできるし、使いかた次第ではいろいろ楽しめそうかな、と期待しております。

 とりあえずは本体だけ購入してソフトはまた別途考えることに。ネットで体験版も楽しめるからしばらくはいいかな。ガンダム無双がちょっと気になりつつ、PS2版はシナリオ増えてるからそっちもいいなあ。PS3のソフトって高いんですもの。

 そんな感じでこれからいろいろ楽しめそうなPS3なんですが、ただ1つだけ、せっかくのPS3を活かせない部分がありまして。

 うち、いまだにブラウン管なのよね……。細かい文字が全然読めないよ……。


PLAYSTATION 3(60GB)

ブログ移転しました

すでにフィードの転送かかっているようなのでRSSリーダーでお読みいただいている皆様はすでにおわかりかと思いますが、ブログをついにMovable TypeからWordPressへ移転してしまいました。ついこないだURL変えたばかりなのにサーセンw。

でもそもそも当初はココログではじめたブログも2カ月でMovable Typeに切り替えたりしてますし、URLよりも自分が書いているという場所があればそれでいいかな、と思っているので。ただRSSリーダー使ってないでブックマークされている方には大変申し訳ない限りですが……。

WordPressは勢いでインストールしてみただけなんですが、設定も簡単ながらいろいろいじれそうだし、管理画面も軽くていい感じ。何より新しい環境というのがちょっとやる気にさせます。

Movable Typeは4になってから管理画面がかなり重くなってしまったのと、テンプレートがいじりにくくなったのが厳しかった。MT4だと1つのテンプレートの中にいろいろタグをいれることで、「この部分はインデックスだけ表示して、この部分は個別エントリーだけ表示して」というように1つのテンプレートを複数の場所で使い回せるんですが、これが逆に考えるの大変。「個別エントリーだけ表示したい」というときにMTIFタグとか使って条件分岐しなきゃいけなくて、慣れればいいんだろうけどちょいとしんどい。

その点WordPressはMT3までと同様にインデックスや個別エントリー、アーカイブのデザインが別になっているのでカスタマイズしやすい。テンプレートによってはサイドバーがドラッグ&ドロップで変更できるようにもなっていて、ブログパーツなんかもいじりやすくなってます。

何より新天地で心機一転、というのは気分的にいいもの。MT4の場合、自分が悪いのですがどうしても「MT3からアップデート失敗した」という気分がつきまとってしまっていて、MT3の頃ほど気持ちが乗ってませんでした。Oepraで表示崩れたりしrている問題なんかもあって、その点でもWordPressはOperaやSafari含めていまのところデザイン大丈夫っぽい。

まだまだいじりたいところはあって、とりあえずの暫定スタートですが、一通り最低限のツールはつけたからいいや、ってことで見切り発車しちゃいます。はてなブックマーク表示やはてなスターもつけたしね。ちなみにはてなブックマークはここ参考にしました。

脳内会議の50%はWord Pressでできていますので
参考までにWord Press2.1.3での表示の仕方を書いておきますね。

脳内会議 ? WordPressではてなブックマーク数を表示したよ☆?
http://alittle.bitter.jp/blog/?p=67

先駆者がいるというのはありがたいもので、テンプレートやコンテンツの並び方など大変参考にさせていただきました。知らず知らずのうちに他の人を助けているってこともあるものですよね☆?

イチから始めるさくらインターネットでWordPress生活

最近話題の無料ブログツール「WordPress」。前にもインストールしたことがあったんだけどそのときは設定がうまくいかなくて(後になって自分の設定ミスが発覚)、さらにWordPressはMySQLを使うため、すでにMovable TypeでMySQL使ってる自分には無縁かなと思ってました。さくらインターネットのスタンダードプランって、MySQLが1つしか使えないんですよ。

ところがブログ合宿のときかなにかで、ブログの王子ことみらのさんに「Movable TypeもWordPressもテーブルにそれぞれ違う接頭語がつくから混在しても問題なし」と、1つのMySQLでMTとWordPressが混在できることを教えてもらいました。さらに正月に参加させていただいたAA-CampでWordPressの面白さを教えていただき、これは試してみるかと一念発起したらこれがすごく設定が簡単。前に失敗していたのも自分が設定ミスっていただけで、手順はすごくシンプルなのでした。

というわけでフレッシュリーダーに続き、さくらインターネットのスタンダードプランでWordPressを導入する方法をまとめてみますよ。ちなみにかなり画像が多くなりそうなので、今回はあまり使わない「続きを読む」でまとめさせていただきます。

“イチから始めるさくらインターネットでWordPress生活” の続きを読む

Welcome to WordPress

WordPress の世界へようこそ。
このテスト用の投稿は、インストールが問題なく終了したことを意味しています。早速この内容を編集、もしくは削除してあなた自身のブログを始めてください。