Amazon EchoとGoogle Homeの比較、そして今後の展望

発売日買いして絶賛愛用しているGoogle Homeに続き、招待なんだか抽選なんだかよくわからない販売方法で絶賛話題を集めているAmazon Echoも、運良く抽選に当たった人のご好意によりなんとか入手。その後のGoogle Home事情も含めて、今のところのスマートスピーカー事情を独断と偏見によりまとめてみます。

なお、先に結論だけまとめておくと、Echoはスキルの多さばかりが喧伝されているけど実用に足るものは少なく、機器連携で言うとGoogle Homeが上。あくまで現状は利便性という点で考えるならEchoよりGoogle Home、だけど両者始まったばかりなのでまだまだ今後に期待すべし、というのが現時点での個人的見解です。

まずはEchoの話題から。本来はEchoが欲しかったのですが抽選招待に漏れて悲しがっていたところに「Amazon Echo plusなら譲りますよ」という悪魔のささやき天からの声が届き、うんうん悩んだけれど後述するPlusならではの機能に期待したことに加え、時間を金で買うという自分を言い聞かせるといういいわけによってPlusを選択しました。

Google Homeとの比較。縦方向にデカい
Google Homeとの比較。縦方向にデカい

250を超えるAlexa対応スキルも実用度はイマイチ

Echoというと250を超えるAlexa対応スキルが公開されていることが注目されており、スキルの多さだけで「Echo最強Googleオワタ」などという声もちらほらと聞かれておりましたが、実際の使い勝手で言うと少なくともそれは半信半疑というところ。なぜならスキルの大多数がニュースコンテンツであり、そのニュースも指定して呼び出すというより「今日のニュースは?」と呼ぶと読み上げられるニュースを取捨選択できるという仕組みなので、ニュースの多さをうまく使いこなせない。

ほとんどのニュースが「今日のニュースは?」呼び出し
ほとんどのニュースが「今日のニュースは?」呼び出し

これが例えば「パソコンのニュースを教えて」といったらPC Watch、「ケータイのニュースを教えて」と言ったらケータイWatchのニュース、みたいなことができたらこのニュースの多さも役立つのですが、いまのところは「今日のニュースは?」で読み上げられるニュースサイトの順番を変えるしかないのと、読み上げるのもニュース本文を合成音声そのまま読みあげるだけなので聞きにくい。

この点、Google Homeはポッドキャストのニュースが再生されるので、聞きやすさはこっちの方が上。コンテンツ数は少ないけれど、ちゃんとした音声コンテンツとして作られているニュースは聞きやすさが段違いです。余談ですがそろそろ「石川温のスマホNo.1メディア」を「なんばーいちめでぃあ」と読むのは勘弁して差し上げて欲しいところ。

Google Homeのニュースはポッドキャスト
Google Homeのニュースはポッドキャスト

Echoでは買い物系のスキルもたくさんあるんですが、果たして音声だけで買い物できる勇者はどれだけいるのだろうか。前回の注文をリピートするくらいの限られたオーダーでないとちょっと怖くて使えない気がします。実際試しに「コーラを買って」を試したら24本注文されそうになったよ……。

個人的に期待していたQrio Smart LockのAlexa連携は、リリースを読むと「鍵を閉める」だけの機能でした。

Qrio Smart Lockが「Amazon Alexa」に対応、話しかけるだけで自宅の鍵を施錠 | Qrio製品情報・Qrio Store | Qrio(キュリオ)
https://qrio.me/article/release/2017/2203/

いや、わかるよ、鍵を開ける機能を提供しちゃって万が一の時に大変になったら困るっていうのはわかるんだけど、「家の中にいて音声で鍵を閉めたい」っていうニーズは正直ないよね……。友達が遊びに来たときに、声でドアを開けてあげる、というなら相当に便利だなと期待してたのですが、本人の利用許諾を十分に得た上で鍵を開ける機能もお願いしたいところです。

そのほか250というスキルをよく見ていくと「山に降る雨」「鳴り続ける雷」みたいな効果音も数十種類くらいありまして、誤解を恐れずに言うならコンテンツ数だけで勝負かけようとした楽天koboはその後どうなりましたっけ感があり、少なくともAlexaの魅力をスキル数だけで判断するのは時期尚早ではなかろうかというのが今のところの所感です。

これもまた1スキル
これもまた1スキル

基本機能である天気や検索、タイマー、アラームみたいなところは一長一短あるけれどさほど違いはない。細かいところで気づいた点では、天気はAlexaだと市区町村より先の地域でも教えてくれるけどGoogleは市区町村止まり、「○○について教えて」はGoogleだと教えてくれないけどAlexaはWikipediaを拾ってくれる、ただしGoogle Homeについては教えてくれない、みたいなところでしょうか。ただこのあたりはほんとに誤差のレベルで、基本機能はどちらも十分のため、ここで大きな差がつくような機能ではなさそう。

Alexaなら細かいエリアまで天気がわかる
Alexaなら細かいエリアまで天気がわかる

機器連携は現状Google Homeが優勢

個人的にスマートスピーカーがスマートたる理由は他サービスや機器との連携なのですが、その点ではGoogle Homeが圧勝。前回ブログにも書いたとおり、Google HomeはChromecast連携することでテレビのオンオフができたり、YouTubeを再生したりという連携ができます。

声でテレビを消せてToDoも登録できるGoogle Homeが予想以上に便利だった – カイ士伝
https://bloggingfrom.tv/wp/2017/10/09/15270

一方、Alexa日本語版は現時点でFire TVシリーズに非対応なのが実に惜しい。とはいえAlexaそのものは英語版でFire TVに対応しているので、日本語版もそのうち対応されるのではないかという期待はあります。Chromecast同様、テレビの電源オンオフにも対応している模様。

Note: For Amazon Fire TV and Fire TV Stick , this requires a connected TV that supports HDMI CEC. With HDMI CEC enabled, Alexa can power on your connected TV and switch to the HDMI channel for your Fire TV using the device’s HDMI connection. To learn more, go to Amazon Fire TV Settings Basics.

Amazon.com Help: Use Your Alexa Device to Control Your Fire TV
https://www.amazon.com/gp/help/customer/display.html?nodeId=202174250&ref_=pe_1840220_248269910

動画配信対応端末の機能としては、他社サービスにも積極的に対応しており、MiracastにもAirplayにも対応しているFire TVシリーズの方が優秀なので、日本語対応を切に望む次第です。

また、動画配信対応端末ではなく赤外線を搭載したリモコンとの連携も各社行っており、Google HomeにはNature Remoが、Echoにはグラモの「iRemocon」、リンクジャパンの「eRemote RJ-3」「eRemote mini」、ラトックシステムの「RS-WFIREX2」が対応を表明。いずれもWi-Fi経由で連携することで、エアコンやテレビの電源、リモコン対応の照明などをオンオフできます。

Nature
http://nature.global/

Amazon Alexaで家電を操作、3社のスマートリモコンが対応 – ケータイ Watch
https://k-tai.watch.impress.co.jp/docs/news/1090485.html

ただし、細かながらも大きな違いなのが、Google Home対応のNature RemoはIFTTT対応しているのに対し、Echo対応のリモコンはスペックを見る限りIFTTTには対応してない模様。この違いが何かというと、Nature Remoの場合はIFTTTを経由することで「Google Homeに話しかけたフレーズに合わせてテレビのチャンネルを切り替える」というところまで連携できるのです。

手のひらサイズのNature Remo
手のひらサイズのNature Remo
アプリ画面
アプリ画面

実際にはIFTTTをチャンネルごとに作成する必要があるため手間といえば手間なのですが、チャンネルの切り替えも音声でできるのは激しく便利。ただ、どういうフレーズで呼びかけるかは結構こつがあって、「TBSをつけて」と頼んだらTBSラジオがradikoで流れる、みたいな動作してしまうため、今のところ我が家では「テレビでTBS」という呼び方にしつつ、うまく認識できないときのために「テレビで6チャン」みたいなサブワードも設定しています。

我が家のアプレット。もっといいアイディア募集中
我が家のアプレット。もっといいアイディア募集中
クリックで拡大
クリックで拡大

Nature Remo使ってテレビのチャンネルも音声で切り替えたい! という人のために内で作ったアプレットを1つ載せておきます。フレーズはもうちょっとカスタマイズの余地ありですが。

Hueをコントロールできるスマートハブ入り「Amazon Echo Plus」

と、ここまでGoogle Homeばかり推しているように見えますが、最後の最後でEchoのPlusを購入した理由がここで生きてきます。Plusが高いのはEchoの機能に加えてスマートハブ機能を内蔵しており、わざわざハブを買わなくても他の機器と連携できるんですね。

スマートハブと言っても仕様はZigbeeなので対応機種は限られるのですが、現在のところ具体的に対応しているのはPhillipsのスマート照明「Hue」。HueをWi-Fi経由でコントロールする場合、Hueだけではなくスマートハブ機能を持ったHueブリッジという製品を買わないとWi-Fi経由でコントロールできないのですが、これが8000円くらいするんですね。

EchoがPrime割引で約8000円に対してPlusは割引なしの約18000円、差額は1万円なのですがハードを1つにまとめられるならHueのハブ買うよりよかろうと考えたのが、Plusを購入した理由の1つです。

しかしながら譲ってもらったため気がつかなかったんだけど、Plus買う人はHueがタダでついてくるのね……。これ考えるとHue前提の人にはPlusかなりオススメじゃないかと今更気がついたのですが、一番安いHueは3500円くらいなので悔しいのう悔しいのうと繰り返しながら諦めることにします。

【同時購入キャンペーン】

Echo Plusと同時購入でPhilipsのスマート電球(メーカー型番:929001276602)が追加費用なし 規約を読む

Amazon.co.jp: Amazon Echo Plus (Newモデル)、スマートホームハブ内蔵、ブラック: Kindleストア
https://www.amazon.co.jp/dp/B01J4IY8WE
設定は非常に簡単で、Hueを普通のランプと同じように装着したあと、Alexaアプリからデバイスを自動で検索して見つけてくれます。
スマートホームの設定から自動で検出
スマートホームの設定から自動で検出

名前は自由に変えられるので、うちでは「電気」というシンプルな名前にしておき、「電気をつけて」「電気をけして」でコントロール。明るさも「電気を20%にして」というフレーズでコントロールでき、一度設定した明るさはそのままなので、寝室で寝る前にちょっと布団の周りを明るくしておきたい、という使い方をしています。

明るさもパーセンテージでコントロール
明るさもパーセンテージでコントロール

ただ、これはEchoでしかできない話かというとそんなこともなく、Google HomeであればHueと一緒に前述のブリッジを買えばいいので、これを持ってEcho優勢というのも難しいところ。Hueを含めてこれから導入するならスマートハブモデルのPlusを買うのもありかもね、くらいでしょうか。

国内のスマートスピーカー市場は立ち上がったばかり。期待は今後

ここまで一通りEchoとGoogle Homeを比べてみた結果、スキルは数の大きさではなく本当に役に立つスキルがあるのかという点ではEchoは正直そこまでではなく、基本機能は一長一短、機能連携ではGoogle Homeが上、というのが繰り返しながらいまのところの感想です。

とはいえ日本のスマートスピーカー元年はまだ始まったばかり。これまた前述の通り、Fire TVがAlexa対応してくれれば映像サービスはEchoが一気に充実するので非常に期待してます。基本的に動画はYouTubeなChromecastに比べ、Fire TVはプライム・ビデオだけでなくdTVやNetflix、Huluといった他社サービスも幅広く対応しており、我が家でも大活躍しているだけに対応が待ち遠しい。

自社で完結できる範囲でいうならAmazonはやはりショッピングが強いけど、音声だけでのショッピングが果たしてどこまで実用的かというと個人的には利用シーンはある程度限定的にならざるを得ない。一方で音楽や映画、書籍などのコンテンツを一通り持っているのがAmazonの強み、なんだけどスマートスピーカーで使えるのは音楽と映画くらいでさすがに電子書籍は難しそうかな。

一方のGoogleはGmailを初めとするWebサービスが今後どんどん対応していくと面白そう。「こんな感じのメールなかったっけ?」みたいなふわっとした音声検索で該当のメール探し出して受信トレイに表示してくれるとか、そういうサービス面の連携はまだまだ強そうです。とはいえ音楽こそGogle Play Musicがあるけれど映像系が弱いので、その点ではAmazonがまだまだ優勢でしょうか。

どちらにしてもまだローンチして数ヶ月という段階でしかなく、スマートスピーカーは対応サービスが命ということもあってまだまだ本格的な戦いは先になりそう。赤外線やバッテリーなど独自仕様でがんばっているClova WAVEの猛追にも期待しつつ、しばらくスマートスピーカー周りはいろいろといじってみたいと思います。

Firefox 57をできるだけ今までの自分の環境に近づけたメモ

かねてからFirefoxラバーを公言していた私ですが、他のFirefoxユーザーと同様、最新の57で古いアドオンがごっそり使えなくなって困っておりました。

「Firefox Quantum」登場–高速化するも多数のアドオンが使えず – CNET Japan
https://japan.cnet.com/article/35110407/

そのうちアドオンも出てくるだろうとのんきに構えてたのですが、初日からもう業務に支障出るレベルで困り始めてしまったので、できるだけ今までの環境にちかづけるべくいろいろ調べた結果を将来の自分に向けてメモしておきます。

なお、今回調べたらその行き着く先はほぼ下記のまとめでした。このまとめ以降にも続々と情報が更新されているので、Firefoxユーザーはこまめにチェックすることをオススメします。

Firefox57で使えなくなった代替アドオンを探してまとめました
https://00.bulog.jp/archives/164

WebページのタイトルとURLをコピー(make link)

このアドオンで解決。

Format Link ? Firefox 向けアドオン
https://addons.mozilla.org/ja/firefox/addon/format-link3/

インストールしたら右上メニューからアドオンを選び、Format Linkの設定を変更。一番下の「Create submenus」にチェックを入れると右クリックから複数のコピー方法が選べるのと、一番使いやすいのを上に持ってくるほうが便利なのでメニューを入れ替え。正直テキストでのコピーしか使わないからチェック外してもいいかも。

基本は右クリックからとれるんだけど、Firefoxのアドオンページなど一部ページはこれでとれなかったので、その場合は右上のアイコンから取得。

多段タブ(tab mix plus)

こちらの設定を参考に。

Firefox57で多段タブを使う方法
https://00.bulog.jp/archives/1476

プロファイルフォルダーは右上メニューのヘルプから「トラブルシューティング情報…」を選び、該当の箇所の「フォルダーを開く」を選択。このフォルダーに「Chrome」という名前のフォルダが無ければ自分で作成してOK。「userChrome.css」はメモ帳などのテキストエディタを開き、該当の内容を貼り付けたらファイル形式を「userChrome.css」で保存するだけです。なお、上記作業する場合は作業内容をテキストエディタにコピーし、Firefox自体は終了してからやりましょう。

上記エントリーには「コメント欄にもいいやり方がある」と紹介しているのですが、動作見る限りコメント欄のバージョンは最初タブが大きく、たくさん開いていくとタブが小さくなって最後には多段になる、という動作でした。個人的には最初からタブの大きさは均一のほうがどのくらいで多段になるのかわかりやすいので、上記URL作者さんの挙動のほうが好みです。

なんでもかんでも新しいタブで開きたい(tab mix plus)

リンクはこれで解決。

新しいタブでリンクを開く Open Link with New Tab ? Firefox 向けアドオン
https://addons.mozilla.org/ja/firefox/addon/open-link-with-new-tab/

なんでもかんでもといいつつ、同じページ読み進めていくのにタブ開いても面倒なので、アドオン設定から「異なるサイトへのリンクをタブで開く」を選択して保存しておく。

ブックマークバーはロケーションバーに「about:config」を入力し、「browser.tabs.loadBookmarksInTabs」を検索して値を「True」に切り替えて対応。

そのほか検索バーの検索結果も新しいタブがいいので、そこはuser.jsで解決。

user.jsによるFirefoxの設定
https://00.bulog.jp/archives/394

user.jsのファイル作成方法は多段表示に使ったuserChrome.cssとほぼ一緒で、必要な内容をテキストにコピーして保存、なんですが、ファイル形式をUTF-8にして保存するのをお忘れなく。

後困っているのはロケーションバーからも新しいタブを開きたいのですがこれが解決方法が見つからない。上記サイトで紹介されている海外情報まとめでそれっぽいの見たら12 years agoと書かれていて、Firefoxの歴史を改めて感じさせられました……。誰かやり方わかる人いたら教えてくださいませ。

なお、余談ながらアドオン以外で実現していたので今回ほとんど影響を受けなかった機能もメモがてらに。

スクリーンショット

基本的にはSnapCrabを使っていて、任意の範囲のキャプチャはWindowsだとShift+Windows+Sで任意の画面を取れるようになったのでそれ使ってます。Macは元々画面キャプチャがショートカットであるのでそれは問題ないかな。

高機能スクリーンショットツール SnapCrab – マウスひとつで、即キャプチャ | フェンリル
https://www.fenrir-inc.com/jp/snapcrab/

プラスアルファで画面全体のキャプチャー取るのもFirefoxに実装されていて、57でも問題なく動作。これブラウザ標準で動くのマジ素晴らしい。

FireFoxはアドオン無しで画面全体のキャプチャーが可能 | FireFox | プライマリーテキスト
http://primarytext.jp/blog/1392

マウスジェスチャー

開発が終わってしまったかざぐるマウスをまだ使ってます。

かざぐるマウス : わすれなぐさ
http://forgetmenots.doorblog.jp/tag/%E3%81%8B%E3%81%96%E3%81%90%E3%82%8B%E3%83%9E%E3%82%A6%E3%82%B9

ブラウザ依存してないので他のブラウザでも使えるし、フォルダ閉じられるのもほんとに便利。あと、使ってないけど「日々のつぶやき」さんのところで紹介されているこれも同じことできるのかな。未検証ですが。

MouseGestureL.ahk
http://hp.vector.co.jp/authors/VA018351/mglahk.html

ロケーションバーからの新規タブ以外はほぼ今までの環境に戻せたのでひと安心。タブ開きまくってタブの名前が見えなくなり、「あれあのタブどこだっけ???」と探す時間は非常に効率悪いし、同じファイルの再ダウンロードが「ファイル名(2)」と無限に増えていくChromeはとても苦手なので、もうしばらく狐生活を続けたいと思います。

声でテレビを消せてToDoも登録できるGoogle Homeが予想以上に便利だった

海外から1年以上遅れつつ登場したGoogle Home、本体が14,000円のところを2個なら1個10,000円というキャンペーン価格に釣られてついつい購入してしまったのですが、これが予想以上に便利でした。

声を出すのは恥ずかしい、という意識は、Google Homeの音声認識の精度の高さに加えて、下記に紹介する機能の便利さを考慮すると全然気にならない。思えば昔、携帯電話が普及していない頃は外で電話することが恥ずかしいなんて人もいたのが今では信じられないような時代になっているわけで、音声認識が恥ずかしくて普及しない、というのは、この圧倒的な便利さを前にするとあまり説得力がないかなーと感じています。

以下、週末いろいろといじってみて便利に感じたGoogle Homeの機能をいくつかご紹介。まだまだいろいろといじりがいがありそうなので、他にも思いついたらまた何かしらまとめたいと思います。ひさびさに楽しいガジェットだわー。

Chromecast buit-in スピーカーとして活用

Chromecast built-inというのは、文字通りChromecastの機能をAV機器に内蔵するための仕組みで、シンプルに言えばChromecast対応したテレビやスピーカーのこと。このあたりは以前にAV Watchで記事を書かせていただいたので、興味ある人はこちらをご覧下さい。

【ミニトピ】スマホの映像・音楽をより楽しむ「Chromecast」の魅力。“built-in”でさらに便利 – AV Watch Watch
http://av.watch.impress.co.jp/docs/topic/minitopi/1046323.html

Chromecast built-inのいいところは、スマホがあくまでリモコンでしかなく、再生は対応機器側でおこなうこと。Bluetoothスピーカーの場合はスマートフォン側でプレーヤーを再生するのでバッテリーも消費するし、スマホの通知音がスピーカーから流れてしまう、なんてこともありますが、Chromecastならそんな心配もなく音楽を楽しめる。うちの場合はGoogle Play Musicを契約しているので、家の中で音楽を流したいときにとても便利です。

上記記事でも紹介したソニーの「h.ear」はChromecast built-in対応スピーカーとしてとても気になっていたのだけれど、25,000円という価格がネック。その点Google Homeは定価でも14,000円、さらに2台買えば1台10,000円という低価格が何より魅力的で、Chromecast built-in対応スピーカーとしてだけ買っても十分に満足でした。

声が遠くからでも届く

ここはさすがGoogleというべきかかなり距離が離れたところから普通のテンションで話しかけてもしっかり認識してくれる。うちの場合はリビングに置いて、1mくらい離れたベッドルームから話しかけるという使い方でもまったく動作に問題がない。これが後述する機能でも便利に使えます。

声でテレビをつける・消す(with Chromecast)

地味に便利だったのがこの機能。実際にはChromecastに加えてHDMI CEC対応のテレビが必要なのですが、ここ最近の液晶テレビならたいていHDMI CECは対応していると思うのでそこはさほど心配ないかな。詳しい設定は下記のヘルプをご参照ください。

Google Home を使ってテレビをオンまたはオフにする – Google Home ヘルプ https://support.google.com/googlehome/answer/7498991?hl=ja

うちではアプリからChromecastに「テレビ」という名前を付けて「OK Google, テレビを消して」で動作するようにしていますが(すみませんこれわざわざテレビって名前をつける必要はないみたい)、この設定で「OK Google, Chromecastを消して」でも動作するのでそのあたりはお好みで。布団に入って眠たくなったからテレビ消したい、というときにいちいちリモコン探さないですむの最高に便利です。

【追記】テレビのオフだけでなく、テレビのオンもできました。これ、必ずChromecastになってしまうと思い込んでいたけどそうではなくて、直前に見ていたチャンネルで起動してくれるので、テレビ見ていた人ならテレビがつきます。我が家はテレビのタイマーを目覚ましに使っているのですが、1時間経つと自動的に切れちゃうので、その後これで電源入れるのに役立ちそう

なお、我が家ではnasneに録画したテレビ番組をPS4から見ることが多いのですが、PS4もPlayStation Cameraを接続していれば音声コマンドで操作できます。

事前に設定は必要ですが、PS4の画面が表示されている時に「PlayStation」と声を出すと音声操作モードに入り、続いて「電源を始める」と発生すると電源関メニューが表示され、声で電源オフやスリープにできます。PS4の場合は画面に文字が表示されるので音声コマンドも使いやすいのがいいところ。

ただしPS4が電源オフの状態で電源をオンにすることはできないのがちょっと残念。これができたら離れた位置から音声だけでテレビ見られるんだけどな……。

声で買い物リストを作成する

Google homeではデフォルトで買い物リスト機能が備わっていて、Googleのショッピングリスト機能を使って買い物をメモすることができます。詳しくはこちらのブログをどうぞ。

Google Homeのマルチユーザ機能を使いつつ、ショッピングリストは共有する | 道具眼日誌:古田-私的記録
https://do-gugan.com/~furuta/archives/2017/10/google-home_shoppinglist.html

さっそく試しに登録してみたのですが、登録したときに通知が来ないのがちょっと難点。Googleのショッピングリストは本当にシンプルなWebベースのサービスなので、自分が登録したときならいざ知らず、家族が登録したリストを自分が気がつけない、というのはちょっと使いにくいなと。

そこでいろいろ考えた結果、IFTTTを間に挟んでTrelloで運用、さらに通知をSlackに連携することにしました。

まずはIFTTTにログインし、「My Applets」から「New Applet」を選択、「Google」と検索して、「Google Assistant」を選びましょう。

トリガーは3番目の「Say a phrase with a text ingredient」を選択。

Google Homeにどう話しかけるかは自由ですが、登録したいキーワードは「$」で入力します。また、いろいろためした結果、日本語の場合は助詞が多いとうまく認識されなかったので、最終的に名詞だけ完結するような以下の設定にしました。なお、入力が2つあるのは漢字がうまく読めないときのためにひらがなを入れておくためのオプションとして使っています。

続いてIFTTTの「That」部分としてTrelloを検索。

Trelloは選択肢が1つしかないので「Create a card」を選択。

作成済みのTrelloアカウントと連携してカードが作れます。注意点としては、既存のボードへの追加はできず、IFTTT連携用のボードを作る必要があること、先ほど「$」で設定した音声入力部分は「TextField」の部分に反映されるので、Descriptionの部分にあるTextFieldを「Title」に移すこと。Trelloはタイトルに用件入れた方が見やすいですからね。

上記の設定で、Google Assistantに「$」で設定した部分がTrelloの「TextField」に入力されるという仕組み。登録の際は半角スペースを意識して「とれろ ほげほげ 登録」とはっきり発声するとかなりの精度で認識されました。慣れればこの精度はもっと上がりそう。

なお、これだけだとTrelloに登録されて通知されないのは変わらず。先ほどのIFTTT連携にはTrelloのアカウントへ通知する機能も設定できるのですが、Google HomeとIFTTT連携したアカウントと同じアカウントに通知してもアプリでは通知されないのです。要は自分で作成したカードは自分には通知されないってことなんですが、家族が音声で登録した場合も「自分で作成したカード」扱いになってしまうため、自分で作ってないはずのカードが通知されないということに。

同じボードを複数人で共有して全員に通知もしたい場合、それぞれがIFTTTでこの連携を人数分設定すればTrelloのアカウントで通知できるのですが、それはちょっと面倒、なので、ここはSlackとIFTTTの連携機能を使ってSlackへ通知することにします。設定はSlackのHelpにある「Slack Alart」をどうぞ。

Slack で Trello を利用する ? Slack
https://get.slack.help/hc/ja/articles/231967387-Slack-%E3%81%A7-Trello-%E3%82%92%E5%88%A9%E7%94%A8%E3%81%99%E3%82%8B

とはいえこれもSlackのアカウントがなければ意味がないので、Slack使ってない人だったら素直にIFTTTを複数作成したほうがいいかも。手間の違いとしてはSlackならアカウントさえ作ってくれればその他の作業を代行できるのに対し、Trelloの通知を使おうとするとIFTTTの連携までしてもらわないといけないってところでしょうか。

なお、Trelloはボードを変更すれば複数連携できるので、買い物リストだけでなく仕事のアイディアやToDoをメモしておくTrelloを作っておくのもあり。ふと思いついたアイディアってスマートフォン取り出すほどでもなかったり、または眠気が優先してついメモるのを忘れてしまったり、なんてこともあるんだけど、音声ならちょっとしたアイディアも保存するのが簡単。文章が長い時とかは正確に記録されないこともあるけれど、それでもまったく思い出せないよりちょっとした手がかりがあるだけでも便利なのでは。

お風呂の中でアイディア思いつく人は多いけど、これ防水でお風呂におけるようなGoogle Homeが登場したら、嬉しい人いっぱいいるんじゃないかなあ。

音声で設定できるアラーム・タイマー

この機能自体はスマートフォンでも使えるのですが、いちいちスマートフォンを取り出さず声で話しかけるだけでいいのはかなり便利。前述の通り遠くからでも話しかけられるので、キッチンで料理しているときにリビングのGoogle Homeでタイマーを設定する、ということもできます。料理の最中、手に肉や野菜が付いているときはタイマーかけるのも一苦労なので、これもまた地味に役立っています。

と、ここまでは使っていて便利な機能を紹介しましたが、おもったより使えないかなとおもった機能もいくつかご参考まで。

音声検索

検索結果が画面に残るスマートフォンと違って、音声の場合は検索結果を音で言われても覚えられない。実際にはスマートフォンのGoogle Homeアプリから「アクティビティ」で検索した過去ログを追えるのですが、これだとGoogle Homeの音声操作すべてが履歴として残るので探すのもちょっと面倒。天気くらいならともかく、ちゃんとした情報はスマホで調べた方がよさそう。

カレンダー登録

Google Homeを購入した時に期待していた機能の1つですが、実際にはあまりうまく使いこなせず。というのも、Google Homeのカレンダー登録で利用できるのは、自分のGoogleカレンダーのうちデフォルトのカレンダーのみで、自分で作成したカレンダーには登録できないから。メインカレンダーを活用している人はいいのですが、作成するカレンダーのほとんどがメインカレンダーではない共有系のカレンダーだと、ちょっとこの機能は使いにくい。できれば登録するカレンダーを1つでいいのでアプリから指定できるといいのですが。

音声での音楽操作

Chromecast built-inでの音楽再生はとても便利ですが、音声だけで音楽を再生するのはそこまででもない。「ドリカムの音楽を聴きたい」くらいのふわっとした要望ならいいのですが、音声だけで好きなアーティスト指定するのが大変なので、ここは素直にスマートフォンから操作して、音量調節やスキップだけ音でやる、という分業がよさそうです。

Google Homeの本命は対応機器が普及してから、なのでいまのところはまだ荒削りではあるものの、上記の通り我が家では予想以上に活躍してくれそう。ビックの破格キャンペーンは今月いっぱいなので、興味ある人はお早めに入手することをお勧めします。

ビックカメラ | Google Home ビックカメラ.comにて好評取り扱い中 http://www.biccamera.com/bc/c/google/home/index.jsp

Chromecast持ってない人はテレビ消せる機能がとても便利なので、Chromecastとのセットがお勧めですかね。テレビがないと意味ないですがChromecast欲しがる時点でテレビはあると思うので。それ以外の人は2個セットを友達と買うか、リビングとオフィスに1個ずつ置くのがいいかも。ToDoを音声で登録してくれるアシスタントという点では、これオフィスにも1台ほしいなあとか思っています。Google Home miniでもオフィス用に買おうかしら。

キングオブコント2017の感想と俺ベスト

今年のキングオブコントは予想外におもしろかった。ここ数年で一番の満足感あったかもしれない。

そして去年の王者をまったく覚えてないことに気がつき、こういうその時の感想はちゃんと記録に残さないとねということで完全に個人的主観の感想まとめてみます。

最近はあまり前情報仕入れないようにしているので、知らない出場者もいくつか。知っている中ではずっと前から大好きだったかまいたちにがんばってほしいな、というスタンスでした。

コンビ名 実順位 俺順位
わらぶちなるお 6 4
ジャングルポケット 4 5
かまいたち 2 1
アンガールズ 4 10
パーパー 9 6
さらば青春の光 3 8
にゃんこスター 1 2
アキナ 7 3
GAG少年楽団 10 7
ゾフィー 8 9

わらぶちなるお

トップバッターとしての不利をはねかえすくらい十分におもしろかった。短い時間でネタが細かく変わっていくし、観客でしかわからない「なーんちゃって」みたいなメタなネタもよかった。2個目のネタもみたかったかなあ。

ジャングルポケット

トリオのコントは2人でいいじゃんというネタも多いんだけど、このネタは3人ならではの良さはでていた。ただちょっと途中で同じ展開が続いて中だるみしちゃったかなー。とっとと上に行きたい、でもこの2人気になる、のもう1つ先が見たかった感。

かまいたち

スタンガン持ち出してからの狂気に溢れる感が最高。単なる変なキャラの脳内世界と見せかけて狂気溢れるキャラへ移り変わるあたり、山内の狂気キャラが好きな自分としてはほんとにツボった。ネタのクオリティとしては圧倒的に1位だったかな。

アンガールズ

うーん、田中のキャラクター押しで、ネタとしてはいまいちというか、あんまりネタやってなかったのかなあと思ってしまうクオリティでした。

パーパー

男女コンビという点ではにゃんこスターといっしょだったんだけどあまりのびなかった。男キャラばかりが前に出ていて女の子が普通だったのがもったいない。にちようチャップリンで見せた、女の子がクズっぷりを見せつけるネタだったらもっと伸びたんじゃなかろうか。

さらば青春の光

うまそう、頼むのパターンがずっと続くので途中で飽きてしまう。実は1人芸でも行けそうなくらい1人のキャラに頼っているところもちょっと惜しいというか、あまりコンビならではっぽさがなかったのも好みではないところかも。

にゃんこスター

いやもうある意味でぶっちぎりですよね。ただやっぱり変化球ではある。他のネタはどうなるのかはすごく気になるという点も含めてもう一ネタみたい、というのが総意だったのかなと。あと、お笑いがたいてい「ありがとうございました」と締めるのワンパターンだなと思っていたので、終わり方を思いっきり変えてきたのはすごくよかった。他のお笑い芸人ももっと終わり方にオリジナリティ持ってほしい。

アキナ

予想を裏切ってくパターンが好きなので、最初の一発目で大爆笑してしまった。音楽のセンスも最高。ただそのあとがワンパターンだったかもしれない。途中で「この人はおかしい」というキャラは認識されちゃったので、もうちょっと予想を裏切る何かがあったらはねたのかな。

GAG少年楽団

ネタの目の付けどころはおもしろかった、んだけど設定だけで終わっちゃったかな。設定を超えるような面白さまではたどりついてなかったかも。

ゾフィー

プロフィール的にはすごく推したい2人だったけど、ネタはメシ押し過ぎでちょっと弱かった。もっと他のネタも面白そうなので別のところで見てみたい。ちなみにあれですかね。コンビ名の由来は最強の最弱なあの人なんですかね。

全組終わってトップは甲乙付けがたいもののしっかりネタで面白かったかまいたち、時点でとんでもない笑いをかっさらっていったにゃんこスター。残りはかなりの差で、正直決勝はこの2組のどっちか、それもにゃんこスターが2本目でどんなネタできるのかにかかってるか次第かなというところ。

ファイナルステージ

コンビ名 実順位 俺順位
アンガールズ 5 5
ジャングルポケット 4 4
さらば青春の光 3 3
かまいたち 1 1
にゃんこスター 2 2

アンガールズ

1本目よりはよかったんだけどやっぱり他の組の練ってきたネタに比べると急ごしらえ感とキャラ頼み感が強かったかな……。

ジャングルポケット

これまた1本目に比べると、あまり3人が生きてなかった感。これ2人でも全然成立しちゃったなというのと、途中からパターンが見えてしまってちょっと残念。

さらば青春の光

前に見たことがあるネタではあるけれど、途中で話が急展開する辺りは1本目よりよかった。ただどうしてもキャラ頼り感があるかなあ。

かまいたち

1本目とボケを入れ替えつつ、ただウェットスーツを脱がすだけであそこまでの笑い。「先がないやろ!」とか細かく笑いを入れてくるのも素晴らしかった。個人的にかまいたち応援していたというひいき目を除いたとしてもぶっちぎりの笑いだったのでは。

にゃんこスター

2本目がどうなるかがファイナルステージ一番の注目だったと思うけれど、オープニングから「ああ1本目と同じね……」というのが見えた瞬間にかまいたちの優勝が見えた。まあでもこれで結果良かったのかもしれない。

最終的に優勝はかまいたち、でもがっつり爪痕を残したのはにゃんこスター、という結末でした。ただ、かまいたちはネタだけでなくトークもおもしろいし、黒歴史と言われている「ふくらむスクラム」も2人がしっかり回せていたので今後に期待。そしてファイナルステージには勧めなかったけれど、わらぶちなるお、アキナ、ゾフィーの今後にも期待したいところです。

Google Homeの初期セットアップがうまくいかなかったら言語設定が英語になってないか確認するといいかもしれない

とりあえず初期セットアップではまったのでメモがてら。最初はちゃんと日本語に反応していたのに、途中でアップデートかかったタイミングで英語にきりかわったぽい。Twitterで軽く見た限りあまりひっかかっているひともいなそうですが、何かのお役に立ちましたら。

設定に使ったスマートフォンからGoogle Homeアプリを起動し、左上のメニューから「その他の設定」をタップ。

「デバイス」の中から自分が設定したデバイス名を選ぶ。初期セットアップで「オフィス」という名前が自動的に登録されてたので「オフィス」を選択。名前わからないひとは下記のスピーカーっぽいマークを選ぶといいかと。

一番下の言語が英語になっていたら日本語にしましょう。

あと購入を検討しているひとはビックカメラだと2台で2万円、つまり1台で1万円で購入できるだけでなく、1台の場合はChromecastが事実上無料でついてくるキャンペーンやってるのでお勧めです。

ビックカメラ?|?Google Home ビックカメラ.comにて好評取り扱い中
http://www.biccamera.com/bc/c/google/home/index.jsp?ref=toppage

「2からだと手を出しにくい」という人でも心配無用な「スプラトゥーン2」3つのポイント+α

Nintendo Switch待望のキラータイトル「スプラトゥーン2」がついに発売。前作にハマってた私も即日購入、ひさびさのハイカラシティを堪能しております。

一方で人気ゲームの宿命として、「続編からだと手を出しにくい」と、購入すべきか悩んでいる人が身の回りにちらほら。プレイステーション全盛期にNINTENDO 64を選択したがためにテイルズシリーズいまさら手を出せないというトラウマを持つ私※1としては「続編から気軽に手を出せない」という感情は他人事ではありません。
※1 第1作はスーパーファミコンだけどその頃は受験シーズンまっただ中でそんな余裕はなかった

しかしながらスプラトゥーンについては2というナンバリングを気にしてはもったいないくらい楽しい。何をどうすればいいのかさっぱりわからない初心者でも楽しく遊べる間口の広さは本当によくできているので、「続編だから」「すでにうまそうな人がいっぱいいるから」という人もそんなこと気にせずにあそべるよ、というポイントをまとめてみます。

うまくなくても勝てる

スプラトゥーンが一般的な対戦ゲームと比べて特徴的なのは、常に4対4のゲームであり、しかも連戦すると毎回チームがシャッフルされること。

4人のうち1人がそんなにうまくなくても、トータルで上回っていれば試合には勝てる。スプラトゥーンでは圧倒的に下手な1人より圧倒的にうまい1人のほうがチームに与える影響は上です。

しかもチームはシャッフルなので、さっきまで鬼のように強い敵だったのが次の試合では仲間になったりもする。毎試合勝ち続けるっていうのは本当にトップクラスの熟練者でもないと相当に難しいし、おそらくそういう人でも負けるときは結構負けます。

以下の画像は3連戦したキャプチャなのですが、数名ほど同じ名前がいるものの、基本的には途中で離脱する人もいるので常に同じメンバーにはなりません。昨日の敵は今日の友的に敵味方が入れ替わるので、「同じプレーヤーに常に倒されてイライラする」ということもありません※2
※2 逆に倒したい友達が味方だと残念ですが

なのでルールも戦略もわからないまま始めた初心者でも何回かプレイすればゲームには勝てる。もちろん負けることもあるし、うまい人に何度も撃たれてやられることはあるけど、チームとして最終的に一度も勝てないことはまずない。

勝利の体験ってのはすごく大事で、自分が戦力になれてないと思っていてもチームとして勝つという結果は嬉しいもの。ストIIみたいに圧倒的に技術力が違うとボッコボコにされて初心者にはまず勝ち目がない、みたいなゲームとはここが大きな違いなのです。

とはいえ前述の通りうまい人なら1人いるだけで大きな戦力になれる成長性があるのもスプラトゥーンのいいところ。1試合で20キルとか平気でできる人が味方になったときの心強さったら……。

戦わなくても勝てる

そんなランダムマッチングに加えて、スプラトゥーンがさらに気軽なのが、そもそも敵と戦わなくていいこと。

スプラトゥーンの勝敗は敵を倒すことではなく、陣地を塗った面積が広い方が勝ちなので、敵の陣地にいかずにひたすら自分の陣地を塗ってるだけでも戦力になる。

スタート地点の塗りは地味にだいじ
スタート地点の塗りは地味にだいじ
空いているところはこまめに塗る
空いているところはこまめに塗る

だいたいのステージはお互いの陣地から中央あたりが激戦区になるのですが、ステージが広いと自陣の塗り漏れなんかも結構あったりして、それをこまめに塗ってくれる人がいるのは実はすごく大事な戦力になるのです。

スプラトゥーンにおいて最初のうちの大事なコツは「死なないこと」。むやみに敵に向かっていって倒されてしまい、スタート地点に戻されて復活するまでのタイムラグはかなり大きく、下手に死ぬくらいなら敵を見たら逃げ回り、ひたすら敵のいないと塗る方がいい。相手を倒すことより生き延びることが何より大切なんだという教訓を教えてくれるゲームです。

協力プレイが新設された

ここまでは前作でも同じ話なのですが、2では新要素として新たに「サーモンラン」というモードが追加されました。これはコンピュータを相手に4人チームで戦う協力プレイなので、コンピュータに勝てないということはあっても他のプレーヤーにボッコボコにされるという心配はありません。

コンピュータに倒されても、味方が自分へインクをかけてくれると復活できるのでガンガン倒されても大丈夫。また、対戦プレイより心に余裕があることに加え、対戦に比べて「カモン!」「ヘルプ!」の呼びかけがゲームをうまく進めるのに重要になってくるので、コミュニケーション要素が強いのも楽しいところ。

前作の場合1人プレイもあったけれど、多人数プレイの楽しさを知ってしまうとちょっと単調で味気なくもありました。その点でサーモンランは1人プレイ時の要素にうまく協力プレイが盛り込まれていて、初心者にも熟練者にもやりがいのあるシステムになってます。

(+α)今はまだ初心者が多い

発売日の夜にプレイした限り、前作からやってた強者ももちろんいますが、手応えとしては前作に比べると初心者にマッチングしてる感が強い。確率論でしかありませんが、発売後にステージが一通り追加されまくった頃の前作に比べるとだいぶプレイしやすい。

前作が話題で気になってたけどWii U買うほどでもない、けど今度はSwitchごと買ってやってみたいという人は少なからずいるはずで、これはオンラインゲームにつきものではありますが、やっぱり発売直後に参戦しておいた方が入りやすさは格段に上。

もちろん本体が品薄でそもそも手に入らねーよって人も多いとは思いますが、Switchはゲットしてスプラトゥーン2は興味あるけど今さらプレイしてもついて行けなさそう、って人は、そんなに心配せず飛び込んでいいよ、と背中を押したい気持ちでいっぱい。

どうしてもゲームだとシリーズっぽくおもってしまいますが、スプラトゥーンについてはどちらかというとアトラクション的な要素が近く、テーマパークが年々パワーアップしていっているからいつ行っても楽しい! くらいの気持ちで向き合うのがおすすめです。

プログラマー気分が味わえるNintendo Switchのパズルゲーム「ヒューマン・リソース・マシーン」は非エンジニアにもおすすめ

プログラミングにあこがれる非エンジニアにとって、まるでプログラミングしているかのような気分になれる本作はぴったりかもしれません。主に自分のことですが。

2017070814020400-0E8C77F40098791FAC8C33C5C50C1081

ヒューマン・リソース・マシーン|Nintendo Switchソフト|任天堂 https://ec.nintendo.com/JP/ja/titles/70010000000753

ジャンルはパズルゲーム。与えられた命題に従って、左に流れてくる数字をプログラミングの要領で処理して右へ流していく、というプログラム要素を持ったパズルゲームです。画面を見るとなんとなくどんなゲームか把握しやすいかな。

19780578_1388204281265486_6656531212217501246_o

興味ある人はこちらの紹介動画もどうぞ。

ゲーム自体はプログラミングの知識がなくても論理的な構造が理解できれば問題なし。敢えて言うならExcelのIF関数くらいは理解できているとちょっとプレイがしやすいかもですが、使えるプログラミングの処理もゲームを進めるに従って増えていくので、あまり気にする必要はないかな。

サラリーマンに見立てたストーリー仕立てなので、年数に応じて仕事のレベルが上がっていきます。ステージもかなりたくさん用意されており、1,000円という値段からするとお得感は高め。

2017070814232800-0E8C77F40098791FAC8C33C5C50C1081

答えは解けばいいというものではなく、いかにプログラムの行数を少なくするかというステージも用意。

2017070814243500-0E8C77F40098791FAC8C33C5C50C1081

また、クリアしたときにプログラムの最低行数を教えてくれるので、「え、あと2行縮められるの……!?」みたいにプログラムをより効率化していくのも楽しい。

2017070814230000-0E8C77F40098791FAC8C33C5C50C1081

プログラミングとゲーミフィケーションは個人的にも相性いいなと思っていたのですが、いっそのことプログラミングをゲームそのものにしてしまうというのはなかなか面白いアプローチ。もちろんプロの人からするとこんなものはプログラミングと呼ぶレベルにないのかもしれませんが、プログラミングがどんな処理をしているのかという片鱗くらいは体験できるのではないでしょうか。むしろ現役プログラマーがこのゲームどうおもうのかも知りたいところ。

と、手放しで褒めているように見えますがいくつか課題もあって、一番困っているのが日本語訳がひどいところ。本作はPCやiPhoneでもリリースされているのですがそちらは英語版で、Nintendo Switch版のみがフライハイワークスによって日本語化されています。

日本語化自体は嬉しいのですが、いくつか設問の意味が読み解けない文章がちらほらあって、そもそも何をしていいのかもわからない。

例えば下記の問題は、「パネルが2つごとに逆になるように」の意味がまったく理解できなかったのですが、これ用はパネルを2つずつグルーピングし、そのグループの中で逆にするという意味でした。下記の画像で言うと、最初が「4」「5」なのでこれを「5」「4」にして運び、次のパネルは「7」「8」で並べるということなんですが、この説明ではまったく理解できずかなり苦しみました……。

2017070814131300-0E8C77F40098791FAC8C33C5C50C1081

こんな時事ネタ入れる余裕があるくらいならもうちょっと設問の日本語訳をがんばってほしかった……。

2017070814264700-0E8C77F40098791FAC8C33C5C50C1081

また、操作は本体のタッチパネルかJoy-Conかを選択できるのですが、Joy-Conの場合はスティック操作はではなく、本体のジャイロを使ってマウス感覚で画面を操作します。

2017070814240700-0E8C77F40098791FAC8C33C5C50C1081

要はWiiリモコンぽい操作なのですが、Wiiリモコンと違って赤外線がなくジャイロだけで操作するためにカーソル移動の精度が低い。また、Joy-Conはどちらか1つしか使えず、もう片方は本体と切断されるために、両側の機能を使おうとするとなかなかやっかい。

例えば右側のリモコンを使っていて、左側リモコンのスクリーンショット機能を使おうとするといったん右側リモコンの接続が切れてしまい、再度リモコンのキャリブレーションからやり直しになる。まあスクリーンショット撮らなければいいだけの話ではありますが、片方しか操作には使わなくても両側接続しておいてくれると、スクリーンショット撮影魔には嬉しいところです。

また、タッチ操作も画面をスクロールしたいだけなのにうっかりプログラミング部分触ってしまって勝手に入れ替わってしまうと言う操作ミスが頻発するUIなので、ミス防止という意味ではまだJoy-Conのほうが使いやすい。このあたりスクリールエリアとプログラミングエリア別にして置いてくれたらよかったんだけど。

あと細かいところで画面表示が雑。これとか文字が切れてるしね。テレビの画面表示切り替えても直らなかったのでこれはソフトそのものの問題な気がします。まあだいたい読めるんでさほど問題ないけども。

2017070814290400-0E8C77F40098791FAC8C33C5C50C1081

あとまあこれは仕方ないかもだけど、プログラミングが長くなって画面に収まりきらなくなると脳内だけで考えるのが大変になってきてつい紙がほしくなる。それやったらちょっと粋ではない気がしてがんばって画面のみでやってるんだけど、ステージ進んだらいよいよ紙で考える時も来そうかな……。

荒いところもありつつ、プログラミング要素を活用したパズルゲームとしては結構面白い。ゼルダをクリアして次は何で遊ぼうかな、と思っている人に、1,000円というお手頃価格でプレイできる本作はちょうどいいかもしれません。

ヒューマン・リソース・マシーン|Nintendo Switchソフト|任天堂
https://ec.nintendo.com/JP/ja/titles/70010000000753

ネットでの映画三昧に最適。コスパ抜群なBenQのポータブルLEDホームプロジェクター「 GS1」【AD】

この記事は、reviews(レビューズ)より依頼した企画です。

先日記事広告でレビューした2機種に続き、BenQのプロジェクター「GS1」に関する記事広告のお話があり、前のめり気味に手を上げてレビューさせていただくことになりました。

BenQのモバイルプロジェクター「GS1」
BenQのモバイルプロジェクター「GS1」

というのも、前回の試用で完全にプロジェクター熱に火がついてしまったから。単に画面が大きいだけで内容そのものは変わらないはずなのに、しかも自宅のテレビは40インチでそこそこ大きいサイズなはずなのに、プロジェクターで見る映画は没入感が段違い。さらには知人の家ではなく自宅の見慣れた壁が映画館に変わるという体験をして以来、プロジェクターの価値に目覚めてしまったのでした。そんな前回のレビューはこちらからご覧ください。

Huluが「映画」になる100インチスクリーンの臨場感。BenQのホームプロジェクター「HT1070」【AD】
https://bloggingfrom.tv/wp/2016/12/13/14974

1.5mから100インチを投影。狭い部屋でも大画面が楽しめるBenQの短焦点プロジェクター「HT2150ST」レビュー【AD】
https://bloggingfrom.tv/wp/2016/12/13/14990

しかしレビューした2機種は、機能からすれば当然すぎる価格帯とはいえ10万円という価格は正直言って気軽に手を出しにくい。一時期は中古でプロジェクターを探したりもしたほどプロジェクターに興味を持っていたタイミングで、今回の「GS1」レビューのお話をいただき、むしろ購入前提でいろいろ触ってみるぞという気持ちで名乗りをあげさせていただいた次第です。

同梱バッテリーで3時間駆動するモバイル型の短焦点LEDプロジェクター

今回レビューするBenQのプロジェクター「GS1」は、アウトドアでの利用を意識したポータブルタイプの短焦点LEDプロジェクター。距離1mで60インチの投射が可能な超短焦点、約3時間まで利用できるバッテリー同梱といった特徴に加えて、何よりも実売5万円以下という価格が一番の注目ポイントでした。なお、本製品はコストコ専売モデルとのことで、現在のところ購入できるのはコストコのみ。実際の価格はコストコ店頭にてお確かめ下さい。

価格が安いのにはそれなりの理由もあり、GS1の解像度は1920×1080ドットのフルHDではなく、1280×720ドットのHD解像度かつ、明るさの基準であるルーメンも300ルーメンと、一般的なホームプロジェクターが1,000ルーメン以上であるのに対して1桁低い値。このあたりはLED光源および持ち運びやすいサイズ感とのトレードオフといったところです。

とはいえ、自分にとって動画を見る時はフルHD解像度でも十分に満足、さらにプロジェクターの用途が主に映画ということを考えると部屋は暗くしてみるのでルーメン数もさほど気にならない。一方で実売5万円以下という手軽な価格帯に加え、3時間駆動するモバイルバッテリーを組み合わせるといろいろ面白く使えるんじゃないか、というのが本製品をレビューしたいと思った主な動機です。

片手で持てる小型サイズながらインターフェイスは充実

まずは基本的なスペックから、本体サイズは146×139.2×46.5mm、重量は約570gと、成人男性なら片手の平に載る程度のサイズ。縦横はほぼ正方形に近く、CDケースを縦に何枚か重ねた感じのサイズ感です。

片手で持てる小型サイズ
片手で持てる小型サイズ

外付けのバッテリーは縦幅が同じながら横幅が若干小さく、横から見るとキノコ的な外観に。バッテリー装着時でも重量は約970gと1kg以下なので、取り回しはさほど困りません。

バッテリー装着時
バッテリー装着時

本体底面にはバッテリー接続用の端子が用意されており、ここを使って本体とバッテリーを装着します。また、底面にはネジ穴もあるので、三脚を使って好きなところに固定することも可能です。

背面にはバッテリー装着用の端子とネジ穴
背面にはバッテリー装着用の端子とネジ穴

接続インターフェイスは充実していて、HDMIに加えてUSBやmicroSDの動画再生にも対応。USBは給電にも対応しているので、ChromecastやFire TV Stickのようなワイヤレス映像伝送機器も別途電源を用意することなく利用できます。本体には2W×2chのスピーカーが内蔵されています。

背面は充実のインターフェイス
背面は充実のインターフェイス

さらに本体はAndroidベースのOSを搭載しており、無線LANに接続することでWebサイトを閲覧したり動画を再生することも。Android向けに提供されているアプリを利用すれば、Androidをリモコンとして利用したり、Android内の画像や写真をGS1で再生することもできます。

Androidベースの独自OSを搭載
Androidベースの独自OSを搭載

操作方法はシンプル。小型でどこにでも設置しやすいのが魅力

使い方は非常にシンプルで、本体上部の電源ボタンを押すだけ。モバイルプロジェクターということもあって起動時間も早く、8秒程度でロゴが表示され、20秒かからずに起動が完了します。縦方向の台形補正も備えており、投射されている状態に合わせて自動で補正。なお、横方向の補正はないので、写したいスクリーンに対してGS1を垂直に設置するよう意識しましょう。

本体上部に操作ボタン
本体上部に操作ボタン

レンズ横にはフォーカスを合わせるダイヤル。これ忘れるとなぜか映像がぼやっとしたままになってしまうのでプロジェクター初心者は気をつけましょう。

連増横にフォーカス調整用のダイヤル
レンズ横にフォーカス調整用のダイヤル

本体の高さ調節は前面下部のダイヤルを回して調整。調整範囲は非常に短く数cm程度ですが、本体が小さく軽いので置き場所はさほど困らないのが嬉しい。身の回りにあるコミックを積んで上に載せる、といった多少乱雑な設置方法でも十分に安定するコンパクトさは、モバイルプロジェクターならではのメリットでしょうか。

前面下部のダイヤルで高さを微調整
前面下部のダイヤルで高さを微調整

細かな画質の設定は本体の「MENU」ボタンから変更可能。「ムービー」「キャンプ」などいくつかのパターン選択に加えて、細かくカスタマイズできるユーザーモードや、投影する壁の色に合わせて画面を調整してくれる機能もあるので、初回は自分好みの絵になるようがんばっていじってみるのがおすすめ。

プリセット以外にも細かく画質をカスタマイズ
プリセット以外にも細かく画質をカスタマイズ

さらにMENU一番下の「設定」からはより細かな本体設定が可能。天井に設置するとか常に映像を投影していたいとかでもない限り普段はあまり調整することもなさそうですが、ちょっとわかりにくいところにあるので「とりあえずこういう設定ができる」と覚えておけばいいかな。

「設定」から本体設置時の細かな設定も可能
「設定」から本体設置時の細かな設定も可能

大画面なら720pでも十分以上の大迫力。音声は外付けスピーカーの組み合わせがお勧め

GS1を使って実際に映画を鑑賞してみましたが、事前の予想通り、解像度はほとんど気になることはなく、むしろ自宅の壁いっぱいに広がったスクリーンの大きさによる臨場感のほうが素晴らしい。そもそも、Blu-rayのようなパッケージならともかく、ネットで配信されている動画は高クオリティでもHD画質程度が主流になっているので、ネット配信の動画を見たいということであればフルHDの画面はむしろオーバースペックなのかもしれません。

圧倒的に臨場感ある大画面。下にあるのはサイズ比較のiPhone 7 Plus
圧倒的に臨場感ある大画面。下にあるのはサイズ比較のiPhone 7 Plus

超短焦点ということで、1m程度の距離でも60インチ、さらに距離を開ければ約1.8mで100インチの投影も可能。本体がコンパクトで持ち運びしやすく、どこにでも気軽におけるのがうれしい。今回はGS1が入っていた段ボール箱を台にするという超お手軽設置で投影してみました。

1m以下の距離でも迫力のある大画面
1m以下の距離でも迫力のある大画面

画面については十分満足な一方、課題は本体のスピーカーで、映画にのめり込もうとするのは正直言って非力。ということで今回も前回同様、ソニーのスピーカー「SRS-X77」を組み合わせて音質を大幅向上することで、映画を大いに楽しむことができました。本格的に映画を楽しむのであれば、外付けスピーカーの組み合わせがお勧め。Bluetoothも内蔵しているので、Bluetooth経由でのスピーカー接続も可能です。

同梱バッテリーで「ケーブルレス」なプロジェクター環境を実現

と、ここまでは一般的なプロジェクターとさほど大差ない使い方ですが、ここからいよいよGS1ならではの使い方に踏み込んでいきたいと思います。まずは「3時間駆動」を謳う同梱のバッテリーから。本製品はアウトドアでの利用が積極的に推奨されていますが、個人的に使った印象では屋外だけでなく屋内でも活用できるのがこのバッテリーです。

同梱のバッテリー
同梱のバッテリー

バッテリーの充電方法は2種類で、1つは本体とバッテリーを充電した状態で本体に電源アダプタをつなぐと、本体を経由してバッテリーを充電することができます。そしてバッテリー側のMicro USBポートを利用することで、バッテリー単体を充電することも可能。Micro USB経由でのバッテリー給電は背面シールによると5V/2Aなので、USB充電アダプタなどを使ってスマートフォン感覚で充電することができます。

充電中はランプが青く点灯
充電中はランプが青く点灯

このバッテリーのポイントが「3時間」持つというところで、一般的な映画が2時間上映であることを考えると、家の中で映画を1本見ようと思ったらバッテリーだけで十分にこと足りてしまう。肝心の映画もChromecastなどのワイヤレス映像伝送機器を利用すれば、電源やHDMIケーブルなどの取り回しを一切気にすること無く、家の中で手軽にプロジェクターを楽しむことができます。

プロジェクターは非常に魅力的な存在なんだけど、家の中でいつも置いておくには場所を取るし、かといって見る時だけ設置するのも意外と手間がかかる。その点このGS1はバッテリーを充電さえしておけば、本体を取り出してChromecastをつなぐだけで手軽に映画が見られる。アダプタの設定などで多少時間を使ったとしても実質2時間半以上は映画に充てられることを考えれば、大抵の映画は問題なく視聴できるでしょう。

とはいえ、映画にはタイタニックのように3時間超えの大長編もあるし、バッテリーがへたってくると3時間は持たなくなる可能性も。そんな時にバッテリーだけで視聴していると最後のクライマックスシーンでバッテリーが無くなってしまう、なんていう雰囲気ぶち壊しの事態にもなりかねませんが、そこで併用したいのがMicro USB経由の充電です。

Micro USB経由での充電にも対応
Micro USB経由での充電にも対応

GS1はスマートフォンのようにMicro USBで充電できるため、明らかに時間の長い映画だな、と思ったら手持ちのモバイルバッテリーを併用すれば、駆動時間を3時間以上に伸ばすことができます。

ACアダプタ経由の給電が19V/3Aに対してMicro USBでの給電が5V/2Aなので、投影しながらだとどうしても充電が追いつかないものの駆動時間を伸ばすことはできるため、一般的な映画の長さである3時間程度であれば十分に本体とバッテリー、心配になったらモバイルバッテリーの組み合わせで乗り越えられそうです。

ケーブルレスで非常に便利なバッテリーなのですが、一点だけ残念なのが、本体に装着すると常に本体へ給電してしまうこと。バッテリー装着した状態でフル充電して保管しておいても徐々にバッテリーが減ってしまうので、長時間保管しておくと使いたいときにバッテリーが空になっていた、なんてことも。これを防ぐには満充電時にバッテリーを本体から外しておけばいいのですが、保管場所も無駄になってしまうので、バッテリーも一切使わない電源オフもできると最高なのですが。

なお、前述の通り映画の臨場感を高めるならGS1にはスピーカーも併用したいところ。そのためスピーカーもできればバッテリーで駆動する製品がオススメです。バッテリー駆動のスピーカーはいろいろありますが、クオリティとコストパフォーマンスの面からお勧めしたいのがソニーの「h.ear go(SRS-HG1)」。

この製品は以前に試用したことがあるのですが、小型ながら音もよく、最長12時間利用できるロングバッテリーに加えて、Chromecast built-inにも対応しているため、Google Play MusicやAWA、Spotifyといった音楽の定額配信サービスをスピーカー単体で再生することも可能。お値段は実売2万円前後とそこそこの価格ですが、GS1をモバイル運用したいけど音質にもこだわりたい、という人にはお勧めです。

Androidベースの独自OSを搭載。スマートフォンからリモコン操作が可能

バッテリー以外に注目したGS1のポイントが、Androidベースの独自OSを搭載していること。GS1は標準で無線LAN機能を備えており、家庭内の無線LANに接続することで「手持ちのスマートフォンやタブレットをリモコンとして利用する」「本体内のアプリを利用する」という使い方が可能になります。

まずは前者のリモコン利用ですが、こちらはBenQ Smart Controllという名前のアプリをインストール。アプリのタイトルが中国語なのでびっくりするかもしれませんが、アプリの説明画面やそれ以降は日本語対応しているので心配はいりません。アプリはAndroid、iOSともに対応しています。

本体内のアプリからインストールできるQRコードを表示できる
本体内のアプリからインストールできるQRコードを表示できる

使い方はとてもシンプルで、同じネットワークにBenQ Smart ControllをインストールしたスマートフォンとGS1が存在すると自動的にGS1を検出し、あとはアプリから接続するだけ。GS1本体のネットワーク設定は本体のホーム画面から「設定」を選択、「ネットワーク」から自宅のネットワークを選択しましょう。なお、GS1の無線LANは2.4GHzのみで、5GHz帯には非対応。家庭用であることを考えると5GHz対応してほしいところですが、価格帯を考えるとさすがに2.4GHzのみで十分かな。

アプリのリモコン画面
アプリのリモコン画面

リモコンアプリは本体に同梱しているリモコンの代わりだけでなく、タブを切り替えることでポインタとして利用したり、文字入力に使ったり、GS1にインストールされているアプリを直接起動したりと多彩な使い方が可能。テキスト入力は一度アプリ側で入力した文字列を挿入するというちょっと手間なやり方ですが、操作に慣れるとこれはこれで十分使いやすく、少なくともGS1本体の十字カーソルで文字を入力するよりはよっぽどいい。IDやパスワードなどを入力する手間もかなり省けます。

また、Wi-Fi経由で操作するメリットとして、リモコンを本体に向ける必要がないのも地味に便利。GS1を設置した場所と離れていたり、近くにいるけれどリモコンの受光部が見えない位置からでも、居場所を一切気にすること無く本体を操作できます。

Netflixアプリを使えばプロジェクター単体での映画視聴が可能に

もう1つの本体内アプリ利用は、いくつかのアプリがプリインストールされているほか、専用のアプリストア「アプリマーケット」が用意されており、ここから動画や音楽、ゲームなどのアプリをインストール可能。

アプリを追加インストールできるアプリマーケット
アプリを追加インストールできるアプリマーケット

プリインストールのブラウザアプリはAndroid標準のシンプルなものですが、前述のリモコンアプリと組み合わせるとブラウジング程度であれば十分に使えます。

Android標準ブラウザがプリインストール
Android標準ブラウザがプリインストール

また、YouTubeのショートカットも用意されており、YouTubeをブラウザ経由で再生することも可能。アプリに比べると利便性は落ちますが、最低限本体のみでYouTube動画を楽しめるかな。

ブラウザベースのYouTubeも利用可能
ブラウザベースのYouTubeも利用可能

ブラウザアプリ以外のアプリは、追加インストールするものも含めて割とシンプルなものばかりなのですが、1つお勧めなのが、もう1つのアプリストア的な存在である「Aptoide TV」からインストールできるNetflix。Netflixのアプリを本体に内蔵することで、NetflixのアカウントさえあればChromecastなどを使うことなく、GS1のみで映画を楽しむことができ、GS1のモバイル性をより活用できます。

NetflixをインストールすればGS1のみでの映画再生が可能に
NetflixをインストールすればGS1のみでの映画再生が可能に

なお、Aptoide TVにはYouTubeアプリも用意されているのですが、こちらは「Google Play開発者サービスが必要」と表示され、利用できませんでした。

また、多少裏技的ではありますが、Androidアプリをバックアップし、microSDカード経由でGS1にインストールすることもできます。具体的には手持ちのAndroidスマートフォンやタブレットに「Apk Extractor」などのバックアップアプリをインストールして対象のアプリをバックアップ。続いてそのファイルをDropboxやOneDriveなどのクラウドストレージにAndroidからアップロードし、そのファイルをPCからMicroSDにコピー、GS1に装着してからGS1内蔵の「ESファイルエクスプローラー」アプリで起動する、という流れです。

ESファイルエクスプローラでいくつものアプリをインストールしようとした形跡
ESファイルエクスプローラでいくつものアプリをインストールしようとした形跡

しかしながら苦労してやってはみたものの、dTVとdアニメストアは動画が再生できず、Amazon プライムビデオは動画を起動するとアプリが落ち、HuluはFlashが未インストールのため再生できない、U-NEXTはYouTubeと同様にGoogle開発者サービスがないため利用できないとのアラートが表示され、ほとんど使い物になりませんでした……。試しにGoogle Play開発者サービスもバックアップしてGS1へのインストールも試してみたのですが、こちらはアプリをインストールすることもできませんでした。

dTV、dアニメストアは動画再生不可
dTV、dアニメストアは動画再生不可

結局のところまともに使えたコンテンツ系サービスは電子書籍アプリ、しかも横表示に対応したアプリのみ。とはいえ情報量が非常に多く画面が小さいと読みにくいdマガジンも大画面で見ると読みやすいですし、同様にマンガアプリも見開き表示さえ対応していれば大画面で楽しむことができる。かなりマニアックな使い方かつ、このやり方ではアプリを自動でアップデートできないためセキュリティ的な問題もあることから自己責任的なやり方になってしまうため、これはあくまで一例として、通常はAptoide TV経由でのNetflixインストールをお勧めします。

文字の細かいdマガジンを大画面で見開き表示(dancyu dマガジン版 2017年6月号 5・6ページ)
文字の細かいdマガジンを大画面で見開き表示(dancyu dマガジン版 2017年6月号 5・6ページ)
マンガの見開きも大画面で読みやすい(恋は雨上がりのように/眉月じゅん 電子書籍版1巻 4・5ページ)
マンガの見開きも大画面で読みやすい(恋は雨上がりのように/眉月じゅん 電子書籍版1巻 4・5ページ)

AirPlay対応でiPhoneの画面共有も可能

スマートフォンとの連携でもう1つ興味深いアプリが、プリインストールされている「AirPin」。これ、ネットワーク好きなら地味にすごいアプリで、これ1つでDLNAとAirPlayの両方に対応できる非常に優れもののアプリです。

プリインストールのネットワークアプリ「AirPin」
プリインストールのネットワークアプリ「AirPin」

まずDLNAについてはスマートフォンやタブレット内の画像や動画をプロジェクターに映し出す機能に加え、同一ネットワークに存在するDLNAサーバーの動画や音楽、静止画を再生する機能も搭載。アプリ操作の手間はかかるものの、NASに保存した家族の写真をさっとプロジェクターで見る、なんて使い方も可能です。

自宅内のDLNAサーバーからコンテンツをストリーミング再生
自宅内のDLNAサーバーからコンテンツをストリーミング再生

そして面白いのがAirPlayで、音楽のストリーミング再生だけでなくiOSの画面共有にも対応。iPhoneやiPadの画面をプロジェクターにそのまま映し出すことができます。AirPlay対応製品でもできるのは音だけで画面は再生できないものも多い中、画面共有がそのままできるのは実に便利。

iPhoneをGS1に接続せずにプロジェクターへiPhoneの画面を投影しているところ
iPhoneをGS1に接続せずにプロジェクターへiPhoneの画面を投影しているところ

ただし、著作権保護されているコンテンツはAirPlayでは出力できないため、dTVやHulu、Netflixみたいなコンテンツを映し出すことはできません。とはいえYouTubeがGS1本体にインストールできない状況では、画面共有でYouTubeの画面を映し出せるのもなかなかに便利。Chromecastをわざわざ装着する手間も省けて予想外に便利な機能でした。

利用場所や時間が限られる屋外。再生環境の準備が必要

なお、本製品は屋外での利用が想定されているとのことで、実際に屋外での再生も試してみたのですが、予想以上に使いどころが難しいな、というのが正直な感想です。

まずは屋外での視認性ですが、300ルーメンという明るさでは屋外の光には非常に弱く、直射日光を受けるところではスクリーンとの距離が相当に短くないとまともに画面が見られません。試した日は晴れと曇りの間くらいの明るさでしたが、真夏の日差しだとこれほとんど見えないレベルかも。

明るい屋外で短い距離でないと絵が見えない
明るい屋外で短い距離でないと絵が見えない

場所を変えて木の生い茂った公園でも試してみましたが、多少大きめに投影はできるものの、自宅ほどの大画面で楽しむことはできず。また、そもそも屋外なのであまり大きな音を出して楽しむことも難しく、実際にこれで動画を見られるのはかなり限られた環境かも。

日陰で多少距離を伸ばしたところ
日陰で多少距離を伸ばしたところ

実際に利用する場合には、夕方以降の日が落ちてからの時間帯に利用するか、屋外で日差しをよけられる屋根などの機材を揃えるなど視認性を上げるための工夫に加え、そこそこの音を出してもいい環境、そしてプロジェクターを投影できる壁がそろえば屋外でもそれなりに利用できそうですが、これを全部そろえるのは至難の業かも。真っ白なキャンピングカーを所有しているくらいアウトドア指向な人であればうまく活用できそうですが、友達と開催するBBQに持って行く、くらいだとちょっと使いどころが難しいかもしれません。

専用ケースやリモコンなど同梱の周辺機器が充実

最後に周辺機器類をまとめてご紹介。ただでさえ便利すぎるバッテリーが標準で同梱されているGS1ですが、それ以外にも便利な周辺機器が標準でいくつも同梱されています。

まずはリモコン。このリモコンがなくても本体上面のボタンですべての操作が可能ですが、映画を見ながらちょっと音量を変えたい、なんてときにはやっぱりリモコンが便利。前述の通り、Androidをお持ちの方は専用アプリが便利なのですが、Androidを持っていない人はもちろん、スマートフォンをあまり使わない家族のためにもあると便利な存在です。

同梱のリモコン
同梱のリモコン

そしてこちらは屋外で利用するためのラバーケース。これを装着していれば60cm程度の高さからの落下に耐えるだけでなく、IPX1相当の防水機能も備えるとのこと。IPX1は防水の中で最も低い基準で、垂直に落ちてくる水滴に耐える、という程度ではあるのですが、それでもないよりは防水効果が上がるのは間違いなし。むしろ60cmの高さに耐えるというほうがメリット大きいかもしれませんが。

防水・耐衝撃のラバーケース
防水・耐衝撃のラバーケース

そしてこれら本体やケースを収容できるキャリングケースも標準で同梱。モバイル用途で外出先に持って行くのはもちろんのこと、部屋の中にしまっておくときにも便利です。

ラバーケースを装着したGS1とキャリーケース
ラバーケースを装着したGS1とキャリーケース

低価格ながら機能充実のプロジェクター。ネットワーク周りの機能が魅力的

以上、一通りGS1を利用してみましたが、満足度は事前の期待以上でした。自分のようにネットの動画配信サービスを見まくりたい! という用途なら720pの解像度は何の不満もないし、それ以上に画面の大きさによる臨場感と没入感がうれしい。課題の音についても、外付けのスピーカーを使えばいくらでも向上できるのでさほど気になりません。定額配信でラインアップされてはいるもののついつい見そびれている映画も、これがあればサクサク消化できそうな気がします。

プロジェクターとしての機能以上に、ワイヤレスで映画1本は十分に見られるロングバッテリーや、Androidからリモコン操作できる連携機能がさらに便利。特にNetflixについては、ケーブルや機器類を一切接続することなくGS1だけで映画の視聴環境を完結できるのは本当に素晴らしいの一言。欲を言えばHuluなどほかの動画配信サービスにも対応してほしいなと思いつつ、GS1のためだけに加入してもいいんじゃないかと思えるほどにナイスな組み合わせでした。

Netflixのインストールが非常に便利
Netflixのインストールが非常に便利

AirPlayやDLNAなどネットワーク系の機能も充実しており、使い込めば使い込むだけ面白くなりそうなGS1。もうちょっとお金を出せばそこそこのプロジェクターは手に入るのですが、ネットワーク機能がこれだけ充実していて、バッテリーもいろいろと活用できそうなGS1は相当に気に入りました。

バッテリーが常に給電されてしまうところだけちょっと残念なのですが、そこはバッテリー外しておく運用でとりあえずなんとかなるかな。

正直言って店頭販売されていたらすぐ購入するレベルなのですが、本製品はコストコ専売とのことなので、コストコ会員にならないと購入できないというのが実に残念。一般販売も期待しつつ、コストコ会員に同伴させてもらって購入する方向もちょっと検討しているところです。

また、BenQ製品のモニター企画などを実施しているアンバサダープログラムもあるようですのでよろしければこちらもどうぞ。

BenQアンバサダープログラム
https://form.ambassador.jp/get/benq/ambassador/entry

Nintendo Switchはやっぱり「据え置き機」だった

NXという謎の型番の頃から期待し、これまでの数々のプレゼンテーションですっかり魅了されていたNintendo Switch。無事発売日購入できて数日遊んだ最初の所感などを記しておきたいと思います。

Untitled

「携帯ゲーム機」ではない、「Wii U後継」だったSwitch

発売前までは据え置き機なのか携帯機なのか位置付けが微妙、という印象のあったSwitchですが、実際に体感してみて痛感したのがやはりこれは任天堂の言うとおり「持ち運ぶこともできる据え置き機」であって携帯機ではなかった。

まず携帯機として見るとサイズが大きすぎる。本体だけならさほどの大きさでは無いけれど、両サイドにJoy-Con装着すると横幅はWii UのGamePad並み。数値で比較するとGamePadの横幅が255.4mm、Joy-Con取り付け時のSwitchが239mmなので、GamePadより若干小さいくらい。ちなみに横幅大きめの携帯ゲーム機であるPlayStation Vitaの横幅が183.6mmなので、横幅だけで50mm以上の違いがあることに。

IMG_20170303_081554

で、実際に持ち歩いてみたけれど、かなり大きめのダウンジャケットでもポケットに入れるのは厳しいサイズ。鞄に入れるにしてもケースにいれないとアナログスティック周りが不安すぎる。Vitaもアナログスティックあるので同じように見えて、Vitaのはサイズが小さい分多少ポケットにいれてもなんとかなるんだけど、Joy-Conのスティックサイズは壊れないか不安になる。

バッテリーも全然持たず、ゼルダやってると1時間くらいで1/3は消費している。どこかで聞いた「ゼルダはバッテリーで3時間くらい」ってのは確かにそんなものかも。携帯機として使うにはちょっと心許ないバッテリーです。

また、実際に携帯機として家庭内に複数台Switchが存在したとするとこれは運用に困ることに。ゲーム機の数だけテレビやディスプレイがある家というのもそうはないだろうから、テレビでプレイしたいときはドックの取り合いになるし、ドックの設置場所も大変。もちろん複数台運用が不可能というわけではないけれど、現実的には1つの家に1台、というのがSwitchの理想的な運用形態ではないかと。

Untitled

実際にプレイして感じたのは、これWii Uでやりたかったことのリメイクなんだなと。本体とコントローラが一体化されているとはいえ、テレビ画面でプレイしたものをコントローラでもプレイする、という体験はWii Uそのまま。もちろんGamePadに比べると横幅は同等ながら重量は軽くなって本体もスリム化しているので取り回しは楽になっているものの、本体デザインが違うことを除けばやっていることはほぼWii Uだった。

これは以前にもブログで書いてたのだけれど、Wii Uの2画面は「テレビと同じゲームをコントローラでプレイする」「2画面ならではのゲームを実現する」という2匹の兎を狙った結果、何ができるゲームなのかが曖昧になってしまった感がある。その点Switchは「2画面ならでは」を省略し、「テレビと同じゲームを持ち歩き時でもプレイできる」という方向に割り切ったことで、Wii Uよりもコンセプトがわかりやすくなった感がある。

とはいえWii Uの場合はWiiリモコンを切ってしまったにもかかわらず、結局他のゲームでWiiリモコンも必要だったりと方向性がいまいち定まっていなかったのに対し、SwitchはJoy-Conを使えばWiiリモコン的なこともしっかりできる、WiiとWii Uのおいしいとこどり、というハードウェアに仕上がっています。とはいえこのいいとこ取りが後述する課題にもつながるのですが。

タッチスクリーンなのにゲームに使わないのはもったいないなあという思いもあったけれど、実際に使ってみるとこれはこれでありというか、タッチ操作できるときは多少便利になるよ、くらいの落としどころは結構シンプルでわかりやすい。Windowsのタッチ対応モデルを使っている人なら、「普段はキーボード操作、画面スクロールや拡大はタッチ」という使い分けが便利だということがわかる通り、Switchのタッチも「文字操作やスクロールに使うと便利」というくらいでちょうどよかった。ただまあタッチスクリーンについては今後タッチ専用ゲームとかの可能性もあるのでまだ結論は保留ですが。

周辺機器に見るSwitchの理想と現実

据え置きと携帯の住み分けについては実際に使ってみて納得した一方、周辺機器周りは結構なちぐはぐ感を感じる。結論からいうとこれ3万円を超えないというプライスキャップの中でなんとか落としどころを見つけた結果なんだろうなと感じた。

例えばTVモードと携帯モードの使い分けでいうと、携帯モードはさほどバッテリーが持たないのでこまめに充電しないといけないものの、ドックに装着すると携帯モードで遊べないのでJoy-Conを取り外してJoy-Conグリップに取り付けなければいけない。じゃあTVモードだけで遊んでればいいかというと、Joy-Conグリップには充電機能がないので、Joy-Conのバッテリーが切れないよう、こまめに本体に装着して充電しなければいけない。

Untitled

では携帯モードで充電しながら遊べばいいかというと、充電用のType-Cはドックの内側に収容する仕組みになっていて、取り外しも若干手間がかかる。また、ドックの仕様上仕方ないのですがType-Cコネクタが本体下部にあるため、Joy-Conを本体から外し、本体はテーブルの上に置いて遊ぶ「テーブルモード」中は充電ができないという、どのプレイスタイルでも課題が残る仕組みに。

Untitled

TVモード時の問題を解決するためにはJoy-Conグリップに充電機能を搭載しつつ、Joy-Con用に電源アダプタをもう1つ用意すれば解決。Wii Uは実際本体とコントローラ用にアダプタがあったわけだし。Proコンのような専用コントローラを同梱してもよかったのかもしれないけど、Switchのよさを損なってしまう可能性もあるのでここはJoy-Conグリップの充電対応のほうがいいかな。

で、それを解決するために周辺機器の「Joy-Con充電グリップ」が別売されていて、この充電グリップは専用USBケーブルも付属するので、携帯モードのままでも充電できそうなのですが、これが同梱されないあたりがコスト面で苦労したのかな……。充電グリップは2480円ですがJoy-Conグリップは単体発売されていないので価格差がわからず、とはいえLEDや通信機能も搭載しているのでそこまで安くはないと思われるのですが、その差分を削るほどに価格設定厳しかったのかな。

【追記】
知人に指摘いただいたのですが、Joy-ConグリップはLED機能がついているわけじゃなくて、Joy-ConのLEDをうまいこと表示しているだけなのね……。ますます電気的機構がないので原価はお安いんだろうな。

ちなみにJoy-Con充電グリップは発売前から大人気であり、Amazonでは大変に高騰していることもあってリンク先はマイニンテンドーストアにしておきます。

Joy-Con充電グリップ | My Nintendo Store(マイニンテンドーストア)
https://store.nintendo.co.jp/category/ACCESSORY/HAC_A_ESSKA.html

「1人プレイ」に物足りなさを感じるローンチタイトル

ローンチタイトルの看板であるゼルダについてはすでにエントリーしているのでファーストインプレッションはそちらをご覧いただくとして。

「ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド」ファーストインプレッション | カイ士伝
https://bloggingfrom.tv/wp/2017/03/05/15101

1-2-Switchはいろいろ惜しい。ゲーム自体は面白いんだけど、最初にプレイできるゲームが少なくて、プレイを重ねると実績解除ですべてのゲームがプレイできる、という仕組みはある程度わかっている人でないと理解できないし、最初にできるゲームだけで飽きる人も出てしまいそう。すべてのゲームを動画で説明するくらい説明重視なのに、ゲームをプレイし続けるとゲームが増えるという説明がないのは実に惜しい。

また、パーティーゲームとしては非常に盛り上がるんだけど、Wii Sportsのように1人でひたすらプレイし続けるゲームがないのも惜しい。複数人でプレイする楽しさを伝えたいのはわかるんだけど、Wii Sportsは「1人でも楽しいけど対戦はもっと楽しい」だったのに対し、1-2-Switchは「2人でしかできない」という差があって、結果として1人プレイでじっくりやるときに起動されなくなってしまう。

一方、ゼルダは面白いんだけど大作過ぎて万人受けとは言いがたい。Wiiの場合はゼルダもあったけれどWii SportsもあってはじめてのWiiもあっておどるメイド イン ワリオもあった。Wii Uはマリオもあったしニンテンドーランドで1人でも楽しめたのですが、Switchのローンチは「1人で楽しむ」ときの選択肢がちょっと厳しいかな。サードパーティーのもリメイクだったり複数人数プレイ前提のものが多いし。ドラクエヒーローズI・IIはいいんだけど、もうPSでクリアしちゃったしな……。

ちなみに隠れたローンチタイトルの名作として評価高いのが、ダウンロード専用の「いっしょにチョキッと スニッパーズ」。2人でやるとそのもどかしさでわーわー楽しめるし、1人プレイだとじっくり考えながらプレイできる。ひとまず体験版でだいたいのことはわかるので、Switch買った人はとりあえずインストールしておくと良いと思います。

いっしょにチョキッと スニッパーズ | Nintendo Switch | 任天堂
https://www.nintendo.co.jp/switch/baawa/index.html

ゲーム機としては大変満足。周辺機器とラインアップ拡充に期待

いろいろ書いてきましたが、実際に手に取ることでSwitchがどんなゲーム機なのかの体感はだいたいできたし、そこに大きな不満はなし。Wii Uの課題を解消しつつ、Joy-Conを活用すればWiiリモコン的な楽しみ方もできる。何より最初からコントローラが2つあるというのは、Wii的な遊び方を提案する対戦ゲームの拡充が大きく期待できるところ。

とはいえ初期状態の周辺機器ではSwitchを満足に遊べないのでいろいろと周辺機器が必要。Switch使い込むなら充電グリップは必需品といっていいというか、これモデルチェンジのタイミングで同梱されるんじゃなかろうか。あとはテーブルモードで充電しやくなるアタッチメントとか出るといいですね。本体下部に取り付けてUSBの向きだけを変えるアタッチメントとかどうだろうか。

ラインアップについては今まで以上に物寂しいですが、発表から発売までの期間を考えると現状しかたないところかも。夏発売予定のスプラトゥーン2までにARMSやマリオカート8デラックスでどこまでつなげるか、が鍵でしょうか。個人的にもう1回マリオカート8買うのは微妙なので、マリオカート8購入者向けの割引も検討いただきたいところです。

あと地味にウルトラストリートファイターII ザ・ファイナルチャレンジャーズが楽しそう、なんだけど、Switchのアナログスティックで昇竜拳出せる自信がないぞ……。

CAPCOM:ULTRA STREET FIGHTER II The Final Challengers 公式サイト
http://www.capcom.co.jp/usf2/

R-1ぐらんぷり2017の感想と俺ベスト

例年今ごろにはもう上がってくるはずのレポートが来ないことに業を煮やして去年のフォーマットを再利用してエントリー。

はじめに

準決勝はパワーダウンが否めなかったものの、それでも決勝進出者には大好きなアキラ100%、もう1ネタ見たいなと思うルシファー吉岡に加えて敗者復活枠も期待していた当日ですが、サンシャイン池崎に加えて準決勝で面白いと思っていた紺野ぶるまが上がってきたという点も加えてなかなか楽しみな決勝となりました。

すでに売れっ子となっているサンシャイン池崎よりも、準決勝で会場を沸かしまくっていたアキラ100%が、決勝の場でも受入れられるのかが最大の焦点。あの勢いのまま突き進めるか、そしてファイナルステージで1本目を超えられるネタができるのか、そこで丸腰刑事に戻ってしまうのかが注目ポイントでした。

グループA

芸人名 順位(票数) お茶の間 俺ベスト
レイザーラモンRG 4位(0票) 4位(4%) 3位
横澤夏子 3位(3票) 2位(27%) 4位
三浦マイルド 2位(8票) 3位(21%) 2位
サンシャイン池崎 1位(10票) 1位(48%) 1位

基本的にほぼ全員準決勝とネタは一緒。レイザーラモンRGはトップバッターということもあってか客いじりがうまくはまっていなかった感。これ順番が多少前後していたらもうちょっと変わってたのかな。

横澤夏子の細かすぎる系はちょっとキャラが強すぎてあるある感がなく個人的にツボらない。キャラの強さが前回のプロポーズネタではすごく相性良かったんだけど、今回のお母さんネタはどんなキャラかだいたい見えてしまったので細かい一言ボケしか山がなかった感。

三浦マイルドはさすがのうまさ。これも準決勝と同じネタだけど、言葉選びのうまさに鉄板感ある。ただぶつかった相手が悪かった。

オープニングから「あれあの芸風捨てた?」と思わせていつものネタをやりきる、のは準決勝とまったく一緒なんだけど、いつもの料理もちょっと手を加えるだけでまったく新しい料理に、といううまさがあった。ただあれは最初の1回しか使えない飛び道具だけど、準決勝と同じくそれががっつりハマってファイナルステージ進出は納得。

グループB

芸人名 順位(票数) お茶の間 俺ベスト
ゆりやんレトリィバァ 2位(6票) 1位(37%) 2位
石出奈々子 1位(10票) 2位(32%) 4位
ルシファー吉岡 3位(5票) 3位(17%) 1位
紺野ぶるま 4位(0票) 4位(14%) 3位

R-1デビューから3年連続出場しているけれどどんどんネタが弱くなっていく感のあるゆりやんレトリィバァ。毒舌もヤンキーにこだわりすぎてそこがハマらないと他も生きない。その後のテレビ出演も含め、ちょっと裏からのごり押し感をそこはかとなく感じてしまう。

石出奈々子のジブリっぽさは確かにうまいんだけど、「ああ、あそこのネタ!」とみんなが共感できるところがとても弱くて、ジブリっぽい、で終わってしまう。もうちょっとジブリの名フレーズとか名シーンが欲しいなと思いつつ、周りの不出来に恵まれた感あるファイナルステージ進出。

設定も面白いけど最大の山場が信長しか無かったのが惜しかったルシファー。長い歴史の中でもっといじれるエピソードを使って山場を増やして欲しかった。逆に仲良くなる歴史ネタとかでもいいし。

まさかの敗者復活で上がってきた紺野ぶるまは、準決勝ほど受けていなかった。あのネタはテレビで見るより現場のほうが面白いネタかなあ。あと準決勝で一度見てしまった既視感があるとそこまで強くないネタなのが残念。だけどあのキャラクター好きなので別のネタを期待したいところ。

正直これというエースがいない中の混戦を石出奈々子が抜け出したかなという感じのBグループでした。

グループC

芸人名 順位(票数) お茶の間 俺ベスト
ブルゾンちえみ 3位(5票) 1位(44%) 3位
マツモトクラブ 4位(0票) 4位(7%) 4位
アキラ100% 1位(9票) 2位(39%) 1位
おいでやす小田 2位(7票) 3位(10%) 2位

準決勝と同じく、後ろの男性ユニットがいないとブルゾンちえみのネタは面白さ半減かなー。あとネタが飛んだところ、「あれ?」と思ったけどそれなりにごまかせていたのに、あそこで泣いちゃったのは惜しい。せっかくの強気キャラがあそこで壊れてしまった感。まあ感情ばかりはしかたないですけどね。

マツモトクラブも準決勝ならいいけど、決勝で見るとやはりネタが弱い。2本目を温存して準決勝ネタだったのかもしれないけど、相手がアキラ100%だったことを考えると1本目に山を持ってきて欲しかった。

準決勝と同じだけれど何度も面白いアキラ100%。細かいフレーズやネタの回し方など、単なる裸芸ではなく細かいところまで考えられている。個人的には12組中ダントツトップでした。

おいでやす小田、連続ボケと途中で斜めの方向に持っていくあたりとてもうまいし面白いんだけど、ややテンポが早すぎて見ている方と距離がある感じ。ネタの数が多すぎるのでもうちょっとテンポ遅くしてもいいのかなあ。

点数的には僅差だったけど応援していたアキラ100%が無事決勝。この時点で他のメンバーと比較してアキラ100%が優勝かなー。

ファイナルステージ

芸人名 順位(票数) 審査員 俺ベスト
サンシャイン池崎 2位(5票) 2位(30%) 2位
石出奈々子 3位(2票) 3位(10%) 3位
アキラ100% 1位(14票) 1位(60%) 1位

一度だけのネタを準決勝で使ってしまい、いつも通りのサンシャイン池崎。ネタは面白けれど1本目を超えられない、という点で弱かったかな。

石出奈々子は超えられないというより1本目よりも弱かった。1本目で感じた「それっぽいけどこれだというフレーズがないので共感できない」感がより強かったネタ。最後の飛行石もそこ飛行石みたいなメジャーなアイテムじゃなくて「わかるわかる!」みたいなアイテムじゃないとツボらないんじゃないかなあ。せっかくの国民的アニメを題材にしているだけに。

基本的には1本目と同じネタなんだけど、他の2人と比べて1本目を超えてきたのがアキラ100%。よりエンタメ度を高めてきていて、お盆芸の幅の広さを感じた。会場の笑いも圧倒的でこれはもう決まりかな。

会場投票、審査員投票ともにアキラ100%がぶっちぎりの優勝。単なる裸芸ではなく細かいコメントも面白いので今後も期待できそう。問題はいつ服を着て活動できるようになるのか、ですが、大好きなサンシャイン池崎はブレイクしまくり、アキラ100%も優勝でこれから登場が増えるということで、なかなか満足したR-1でした。

「ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド」ファーストインプレッション

発売日初日から数時間ほどプレイし、序盤は終えてやっとメインストーリーに入った、というところでしょうか。現状の感想は「今までのゼルダとは違いすぎてまだ自分の中できちんと消化できていない。けれど現状は今までの作品を通じて感じた不安がぬぐい去れない」という感じ。この不安をクリアする頃にはぬぐい去ることができているならいいのですが。

あまり露骨なネタバレはしないつもりですが、ストーリーの先は一切知りたくない、という人はいろいろダンジョンやらなんやらの名前が飛び交いますので、このあたりで止めておかれることをお勧めします。

元々Wii Uタイトルとして開発されていたものの、度重なる延期を繰り返すことで次世代のハードであるNintendo Switchのローンチタイトルとなったゼルダの最新作「ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド」(BoW)。そういえば先日のエントリーにコメントもらって気がついたのですが、Wiiのローンチだった「トワイライトプリンセス」もゲームキューブ用に開発していたのが長引いた結果Wiiのローンチタイトルとなったのでした。しかもBoWがSwitchとWii Uで同時発売、トワプリがGCとWiiで同時発売というところまで一緒という。

ディレクターの青沼英二は宮本茂からWiiリモコンを使ったゼルダの開発の検討を持ち掛けられる。実際に弓矢の操作にWiiリモコンの操作を導入したところ新しい遊びが生まれたことを実感し、2006年末への発売延期とGC・Wiiの両機種での発売を当時の社長・岩田聡が決断した

ゼルダの伝説 トワイライトプリンセス – Wikipedia
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%BC%E3%83%AB%E3%83%80%E3%81%AE%E4%BC%9D%E8%AA%AC_%E3%83%88%E3%83%AF%E3%82%A4%E3%83%A9%E3%82%A4%E3%83%88%E3%83%97%E3%83%AA%E3%83%B3%E3%82%BB%E3%82%B9

それはさておき、今回のゼルダは「オープンワールド」が1つのコンセプト。オープンワールドは最近のゲームにおけるトレンドで、街やダンジョンで画面が切り替わらず、すべてが1つのフィールド上に存在しているというゲームシステムです。例えるならドラゴンクエストではなくヘラクレスの栄光的なフィールドとでもいいますか。

オープンワールドになるとゼルダは何が変わるのか – All About NEWS
https://news.allabout.co.jp/articles/c/467555/

とはいえ、すべてが同じフィールド上にあるという意味では風のタクトやトワイライトプリンセス、スカイウォードソードなど同じような仕組みはこれまでのゼルダシリーズにもあったのですが、今回はそのオープンワールドにかなり力を入れている点が大きな違い。フィールドはこれまでとは比べものにならないくらい広い面積で、そのフィールドをひたすら歩き回るような構成になっています。

これまでゼルダのルールと化していたシステムも大幅に変更となりました。まずルピーやハートは草を刈っても出てこず、ライフを回復するには食べ物を食べる必要がある。その食べ物も複数の食材を組み合わせる料理システムになっていて、料理の組み合わせで回復量が違ったり特殊効果がつけられたり。

装備品もこれまで一部の防具くらいしか壊れることがなかったのが、今回は武器も防具も一定の寿命があり、使いすぎると壊れてしまう。いや使いすぎるとというレベルではなく、戦いを数回繰り返すだけであっさり壊れてしまうため、こまめに武器を補充しなければいけない。

このあたりは発売直前に公開された対談を読んでいただけるとどういうコンセプトでこのシステムが作られたのかもわかるとおもいます。本エントリーもこの対談を読んでいる前提で進むことあらかじめご了承下さい。

まず2Dゲームで開発、社員300人で1週間遊ぶ!? 新作ゼルダ、任天堂の驚愕の開発手法に迫る。「時オカ」企画書も公開! 【ゲームの企画書:任天堂・青沼英二×スクエニ・藤澤仁】
http://news.denfaminicogamer.jp/projectbook/zelda

こうした開発者の思いを読んだ上でプレイした新ゼルダですが、オープンワールド感は確かに面白い。料理作ったり、アイテム作るための素材を集めるために敵を倒していたり、自分の好きなようにフィールドを駆け回ったりという自由度の高さは、今までのゼルダよりも圧倒的に上。シナリオを意識しないのであれば、フィールドでひたすら敵や動物を狩ってアイテム集めるだけでも没頭できる。

なんだけど、これがストーリーを進めようとするととたんに雑になる。例えば序盤の4つの祠周り、ある1つの祠をクリアするにはどう考えても必要なアイテムがあるんだけど、そのアイテムをどうやって入手すればいいかというのは一切示されない。フィールドをひたすら歩き回るとそのアイテム入手のためのヒントがもらえるのだけれど、そこへの導線は「ただフィールドを歩き回る」でしかない。正確にはこのアイテムがなくても他のアイテムでなんとかできないことはないんだけど、普通にプレイするなら便利アイテムというより必須アイテムのたぐいだよねこれ。

どうも既視感あるなとおもったらこれ、風のタクトでこれがないとプレイにストレスたまりすぎて困ってしまうためほぼ必須アイテムと言える「快速の帆」が、まともなヒントもないのとほぼ同じだった。クリアのための必須アイテムか、快適なプレイのためのアイテムかという違いはあれど、この投げっぱなし感には共通項を感じる。

Wii U「ゼルダの伝説 風のタクト HD」で海を2倍速く進められる「快速の帆」入手方法 | カイ士伝
https://bloggingfrom.tv/wp/2013/09/29/11403

その後はちゃんと行く先がある程度示されていて、その途中で自分の好きなところにいったり、新しい村でのクエストこなしたり、と自分のスタイルで楽しんでいたけれど、シーカーストーンの壊れた機能を回復し、いよいよメインストーリーというところでまた投げっぱなしが勃発。四神獣に向かえ、というのはいいけれどそこまでのルートが全然示されない。地図上に場所は示されるけれど、それを頼りに広大なマップをひたすら歩いたにも関わらず、熱すぎて死ぬわ寒すぎて死ぬわで、結局なにをどうしていいのかわからずじまい。

すべての行き先を懇切丁寧に示せ、というつもりはまったくないし、フィールドを歩いて見つける楽しさというのももちろんあるんだけれど、あまりに広大すぎるフィールドでここまで投げっぱなしにされると、何のためにフィールドを歩いているのかわからなくなる。自分が好きで歩き回る分には楽しいけれど、シナリオを進めるための義務として歩き回るには無目的すぎて距離が長すぎてストレスにかんじてしまった。

4方向に何かがある、というのは3Dゼルダの金字塔である時のオカリナも同じ仕組みだったけれど、時のオカリナではその方向に行くと何らかのヒントが用意されていて、露骨な無駄足感はなかった。それに対して今作はあまりにも広すぎるフィールドで同じようなことをやった結果、たどり着くにも探し当てるにも無駄が多くなりすぎて疲れてしまう。まあ、その無駄こそが楽しいという人もいるかもしれないのでこれはあくまで個人の感想ですが。

例えば前述の4つの祠でも、攻略ルートで通りそうな場所にあのヒントを置いておくとか、四聖獣もマップの大まかな位置はわかるけれど、あの長い距離を進ませるのであればもう少し途中にポイントが欲しい。決してヌルゲー化して欲しいというわけではなくて、適度な難易度は望むところだけど、今のところは難易度というよりも投げっぱなしに感じてしまうというのが正直なところ。

とはいえ前述の対談のように、すべてのバグを取るよりある程度のバグは肯定する、という仕組みは理解できるし、そのためにオートセーブにして多少おかしくなってしまっても強制的に戻れるという、露骨にテレビゲームっぽくなってしまったシステムも理解はできたんだけど、要所要所にストーリー進めるためのポイントを置くのはバグとは関係ない話であって、少なくとも今のところ、自由度の高さと投げっぱなしでいうと後者の要素が強い感じ。

だからといってこれがつまらないというわけではなく、オープンワールドで好きにプレイすること自体は楽しいし、料理や素材集めしているだけでも時間が過ぎていくほど没頭もできている。そうした自由なところは楽しんでいる一方で、ストーリーとして義務的に進めなければいけない要素まで「自由度」の名の下に投げっぱなしにしすぎているような不安を感じているのでした。

まあまだ序盤なのでこれから最終的にどんな感想になるかはわかりませんが、いまのところは毎日夢中になって電源オンしてプレイしまくるほどではないかなあ。とはいえ4つの祠を終えて四聖獣に向かうまでのところはそうとうのめり込んだので、あのくらいのバランスで今後進むといいのですが。

いわゆるオープンワールドのゲームに慣れた人だとこれが当たり前、なのかもだけど、ゼルダ好きとしてはなんかこう相容れないというか、「大海原を冒険したい!」という気持ちはわかるけどその船の移動やらタライとホースやらはただの作業ゲー化してるだろうよ、という風のタクト感をすごく感じてしまった序盤戦でした。

ちなみに前述の通り本作はWii Uでも発売されているんだけど、Wiiのリモコン操作かGCのコントローラ操作かといった違いがあったトワプリに比べ、本作はあまりハードの違いを感じない仕様になっているので、スプラトゥーン2までSwitchはいいかな、と思っている人はWii Uでもよさそうです。まあそもそもWii U持っていない人はSwitch買った方がよいとおもいますが。

余談だけど本作はオープンワールドと言う呼び方ではなく「オープンエアー」という独自名称で展開されているんだけど、あんまりエアー感感じないよね。エアーというなら空と陸を切り替える前作のスカイウォードソードのほうがよっぽどオープンエアー感あった。

ついに発売したNintendo Switchの開封からゲーム購入まで

セブンイレブンのオムニ7から午前8時受け渡しの一報を受け、これは日本一早く手にできるのではと浮かれていたのもつかの間、AmazonがPrime Now会員向けに午前0時販売午前6時渡しという、配送の方々本当にお疲れ様です施策を投入したことで朝一番ではなくなったものの、それはそれ早く受け取れるに超したことは無いよねということでセブンイレブンにて朝8時に無事ゲット。ちなみにnanacoで払えるというのでnanacoに4万円チャージして支払ってみたけどポイントどのくらいついたのかな。

Untitled

開けると左側にJoy-Con、右に本体。

Untitled

下の段にドックやケーブル類。この二段階はWiiっぽい。

Untitled

本体を取り出したところ。

Untitled

iPhone 7 Plusとサイズ比較。7 Plusがデカすぎて比較にならない気もしつつ、タブレットサイズとして考えると割とコンパクト。

IMG_20170303_081454

しかしJoy-Con取り付けると結構横幅でかい。どことなくLynx感あるな。

IMG_20170303_081554

Joy-Conだけにすると割とコンパクト。Wii Uに慣れきっているとコントローラがすごい小さく感じる。ボタンの押しごこちは良好で違和感ほとんどなし。

Untitled

Joy-Conだけ取り出したところ。片手プレイは結構小さくて大変そうだ。

Untitled

Joy-Conの着脱は背面のボタンを押しながら。ボタン類が上に固まっているので、取り出す時に他のボタンを押してしまってちょっと外しにくい。この辺りは慣れの問題か。

Untitled

ドックに装着。両側のJoy-Conが無い状態だとかなりスリム。

Untitled

電源アダプタはUSB Type-C。任天堂もついに電源が汎用化されたのかーというのは感慨深い。

Untitled

背面はフタを開けて中にケーブル類を収容できる仕組み。つまりドックの本体はさらに少ないってことですな。リビング回りをすっきりさせられるのは嬉しい配慮。

Untitled

よーしやるぞ! と意気込んで電源入れたら、何も言わずに「気が早いよドックから取り出せ」とたしなめられる。

Untitled

取り出すと今度はJoy-Con装着を指示。ここまで貫かれる無言スタイル。

Untitled

Joy-Con装着でやっとSwitchロゴを表示。

Untitled

まずは言語選択。そうか言語決まってないからひたすら無言なのね。感じ悪いなとか思ってすまんかった。

Untitled

続いてインターネットに接続。ちなみにドックに有線LANポートは無し。USBがあるからUSB型のLANアダプタ股使うのかな。

Untitled

ここで改めてテレビ接続を指示。大画面がいいよねということで切り替えてみる。

Untitled

まずはJoy-Conを取り外し。

Untitled

ケーブルの接続なんかも懇切丁寧に教えてくれる。このあたりは説明書いらずの任天堂安心感。

Untitled

接続が終わったら本体をドックに装着、テレビに映ったら切り替え完了。4Kディスプレイでもちゃんと出力できました。

Untitled

安定のユーザー設定。

Untitled

Miiは引き継げるのかと思ったらそんな機能はなく、amiibo経由でコピーするくらい。それはニンテンドーアカウントで連携できないのだろうか。

Untitled

Mii作るのは面倒なのでひとまずありもののアイコンから。大好きなフォックスを選んであとは背景色をカスタマイズ。

Untitled

続きまして保護者向け機能。このあたりは華麗にスルー。

Untitled

やっとこさ設定が終わっていざゲーム!

Untitled

初期状態のホーム画面はシンプルすぎるほどシンプル。ゲームカード差してないと何も表示されない。無駄に豪華だったWii Uの画面からするとその違いに驚く。

Untitled

そして来ました安定の本体更新! とはいえ今回は数分で終わるので、Wii Uのような長時間待機はしなくてすみます。

Untitled

ここでニンテンドーアカウントと連携。

Untitled

おもしろいのがJoy-Con上部の-と+もボタンになっていること。見た目に反して、アクションゲームは難しくても、RPGやシミュレーションくらいなら使えそうなしっかりした押し心地。

Untitled

ニンテンドーアカウントを設定したあとにNintendo eShopへ。今回はソフト買ってなかったので全部ダウンロードで。1-2-Switchなんかはそもそも内蔵しておきたいしね。

Untitled

1-2-Switchはヨドバシカメラでコード購入していたので入力。LとかOとか使わない文字がそもそもグレーアウトしてあるあたりはとても親切。ちなみに本体操作だとタッチ入力できるので、文字操作系は本体でやったほうがよさげ。まあコントローラもサクサク動くのでさほどストレスではないですが。

Untitled

今までWii Uや3DSで使っていたアカウントとのおまとめ機能もあり。これ地味に便利そうだ。

Untitled

ひとまず1-2-Switchとゼルダを購入、ひたすら長いゼルダのダウンロード時間がヒマなので勢いで書いてみました。

R-1ぐらんぷり2017準決勝行ってきた

気づけば決勝が放映されてしまうというタイミングということで、もはや10年以上のライフワークとなりつつあるR-1ぐらんぷり準決勝、今年も参戦してきました。

IMG_0937

毎度のフレーズですが40組以上のピン芸人を3000円のチケットで見られるコストパフォーマンスのよさは半端ない。しかも準決勝ということは3回は勝ち抜いているという実力もあるわけで、安心して見られるお笑いが多いのも嬉しいところ。

そんなこんなで長らく通い続けている1年に1度のお楽しみですが、今回はいろいろと変更が。まずここ数年ラフォーレ六本木だった会場がメルパルクホールに変更し、東京と大阪だった会場も今回は東京のみに。東京都民としては今まで画面でしか見られなかった人を生で見られるのは嬉しいけれど、大阪の人は残念だろうなあ。

さらにスポンサーもマルちゃんでおなじみ東洋水産からサイゲームスに変わったと思ったら今年は準決勝にスポンサーの枠はなし。決勝はテレビ放映するのでさすがにサイゲームスの名前が出るんだろうけれど、スポンサーもつかないイベントになったのかというのはちょっとさみしかった。

そして最大の変更は会場審査がなくなったこと。おそらくこれはスケジュールの問題で、準決勝が終わった夜には決勝進出者を発表するという流れだったために、会場審査は反映できなかったのでしょう。これが定番になるのかどうかは謎ですが、会場審査楽しかったので来年は再開して欲しいところ。

唯一といってもいいいつもと同じだったのはMCがはりけーんずだったところ。とはいえ10年以上も見続けているとはりけーんずも10年は若かったわけで、いつの間にか年を取ったなあとちょっとしみじみ。

というわけでいよいよ本題の準決勝感想です。すべては個人の独断と偏見によるもので、笑いのツボは人によって違うという大前提でよろしくお願いします。

AMEMIYA
ごはんのおかわり自由です。冷やし中華はじめましたの別バージョンで安定感ある。トップバッターとしてきっちり仕事していった感あり。

あばれる君
あばれる君の第二ボタンが2人の女の子で取り合いに。何度か見たことある鉄板ネタ。これまたある程度売れてきた人の安心ネタ感。

石出奈々子
なんとなくジブリのヒロインっぽい子が大阪に行ったら。確かにジブリっぽいんだけどそのジブリっぽさを使ったあるある感に欠けた感。前回のコンビニ店員後半のほうがジブリあるあるがうまく出ていて好みだった。

キャプテン渡辺
鬼を見たときの話。その鬼はバイトの鬼。安定の漫談だけど、クズの話に比べるとちょっと弱かったのと、そんな意図はないままあとあと出てくる人にいいとこ与えちゃった感。

西村ヒロチョ
ロマンティックネタなんだけどいつもより振り切っていた。前までは単にロマンティック推しだったのが、振り切りきった結果自虐も取り入れることに。わかりやすくはなったんだけど、ロマンティック貫くスタイルが好きだったので若干のさみしさはある。

霜降り明星・粗品
フリップ芸の中ではナンバーワンだったというかこれはもう個人の嗜好が色濃くでるのですが、予想を裏切ってくるネタ運びが大好きで毎回楽しみにしてしまう。印籠とか速度制限とかよかったなー。

サンシャイン池崎
これまた安心のサンシャイン池崎。もう見慣れて笑えなくなっちゃったかなと思ったけど、一番笑ってしまった人でした。3年前のR-1準決勝で見たときからすると完全にブレイクしていて嬉しいと共に一抹のさみしさが残るのがファン魂だろうか。ドルフィン!

——————–

中山功太
おかしなラジオのCMに突っ込む。ただちょっと予想の範囲内過ぎるかなーと思うのと、この人のネタは音声に対して突っ込むのでいつも時間が倍取られてしまってもったいないなあという気がする。

バイク川崎バイク
野球のピッチャーネタ。いつものバイク川崎バイクを捨てたしっかりしたネタなんだけど、1つのボケまで時間がながいのと数は少なくて笑いどころがもったいなかったかなあ。とはいえ前回の扉ネタよりよっぽど面白かった。

藤崎マーケット・田崎佑一
カリスマ居酒屋店員のお話。まさかの道具活用で絵的な面白さはあるけどネタとして何か面白いというよりは道具に頼っている感。テレビ受けしやすそうかなーという感はある。

脳みそ夫
縄文時代だってアラサーいるっつーの。聖徳太子が神過ぎたので、あれをベースにネタを展開するとどうしても劣化感は受けてしまう。

クロスバー直撃・前野
自動販売機の解体ショー。自動販売機のあるあるで攻めるのかなと思いきや、自分の世界満載で若干のもう中学生っぽさ。自動販売機ならではの「あー、わかるわかる」みたいな共感が欲しかったところ。

パーマ大佐
つっこみアンサーソング。童謡に突っ込んでいくのだけれど突っ込みがとても普通で「そうきたか!」感に欠けるなあというのが正直なところ。一番の笑いどころも「来るだろうなー」と読めてしまった。

平野ノラ
バブリーコント。テレビだと途切れ途切れなバブリーネタをフルで見られただけで満足。

——————–

マツモトクラブ
雪のホームで、線路の向こうの上司と大声でやりあうサラリーマン。今までのマツモトクラブネタに比べると若干パワーダウン感はあり。ただこの人は持ちネタいっぱいあるのでもっと他のネタに期待したい。

もう中学生
回転寿司のネタ。完全なるもう中学生ワールドなんだけど、手作りの小道具に変わったギミックがほとんどなく、世界観だけでの勝負だったのでちょっと弱かった感が。とはいえ卵の下りでぼそっと発した「egg jr」はちょっとツボった。

守谷日和
全日本表現力選手権。ハナミズキの歌に合わせて歌詞を踊りで表現。バカバカしい系なんだけど会場では結構笑いが起きていた。今までやってたネタからするとかなりせめて来た感。「100年続きますように」の部分は会場で一番笑いが起きていたシーンかも。あ、これJASRAC方面からなんか言われるやつかな。

横澤夏子
3児のおかあさんネタ。前にも見たことあるいつものネタだった。あまりこういう女性のなりきりネタがツボらないのだけど、前回のプロポーズネタは良かった。

ルシファー吉岡
歴史の授業。これまた前回の先生ネタに比べるとパワーが弱い感じ。信長の下りは最高だったんだけど、あれくらいのフレーズがもうちょっと早めかつ数が多いと嬉しかった。

ゆりあんレトリィバァ
いろいろ迷走したのか、さらりと暴言吐くという2年前に見たネタのシンプルバージョンっぽい仕上がりだった。ただ2年前に初めて見たときの英語っぽく聞こえる大阪弁、という面白さが今回はないので、初見を超えられていない感。最初のネタが良すぎたためにその後が大変そうな感じ。

——————–

藤崎マーケットトキ
あえて感謝状。感謝してないものをあえて感謝していじる。スタバの下りとかはなかなかおもしろくて、ただ感謝状のスタイルにしたために1つのネタが長くなっちゃってもったいない感じも。1枚1枚にかける時間を少なくしてもうちょっといろいろみたかった。

ZAZY
転校生。めくるめくZAZYワールドで個人的には絹恵ネタより好きだった。

エハラマサヒロ
うたのおにいさんのステージ。ネタというより歌だったんだけど、歌詞もうまいし最初の客席よびかけもおもしろかった。同じ童謡をネタにするという点でパーマ大佐とかぶるんだけど、エハラマサヒロならではの味が出ているのがさすがのベテラン感。ただ歌もよかったんだけど、もうちょっとボケがいっぱいみたかった。

おいでやす小田
なんでもまじめに返してしまう彼女。前回の履歴書がすごすぎるバイトと同じなんだけど、必ず言葉通りに返すために先が読めてしまうのでもうちょっと裏切りが欲しかった。

紺野ぶるま
中国人の占い。中国人っぽい口調で女性をDISるんだけどそのしゃべり方とDISり方が結構ツボった。もうひとネタ見てみたいところ。

アキラ100%
絶対見せないdeSHOW。笑ってはいけないで結構ブレイクしていたために、最初フリップが見えて「フリップ芸に転向しちゃうの……」と思っていたら安心のアキラ100%。むしろ丸腰刑事を超えてきた感ある。

三浦マイルド
言葉研究家。前に見たことあるネタだけど、言葉選びが本当にうまい。しかしR-1は優勝してもほんとに売れないなあ……。

——————–

ニッチェ近藤
日本アラサー大賞。アラサーあるある自虐ネタなんだけど、こういう女性の自虐ネタはあまりツボらない。
パタパタママ木下
芸人なのにバイトをしすぎるとこうなるネタ。正直ネタとして面白いところはなかったけど、バイト仲間もお笑いばかりで、仲間内で初の準決勝進出という点と、キャプテン渡辺が作ってくれたバイトの鬼ネタをうまくいかして会場の共感を得ていた。決勝行ったところを見てみたいけどネタとして面白いわけではないのが悩ましい。

ヒューマン中村
同じ意味で違う言葉。毎回フリップネタ変えてくるのはすごいんだけど、パワーダウンしている感が否めない。ことわざ辞典が歴代で最高だったなー。

中村涼子
何度も続く間違い留守番電話とのやりとり。最後のボケまでが長くて、それ以外に笑いどころがなかったのがちょっと惜しい。

ナオ・デストラーデ
10年連続営業成績ナンバーワンのサラリーマン。鉄板のネタをちりばめたわかりやすい笑い。オチは見えるんだけどそれをパワーで超えてくる感じ。ただ王道過ぎてあまり好みではなかった。

とにかく明るい安村
相撲の行司風に言うと力士の名前っぽく聞こえる言葉。ただそれっぽい言葉を選んでいるだけなのであまり面白みは無いんだけど、途中英語でちょっと方向変えてくるあたりはよかった。選んでいる言葉がそりゃ相撲っぽいに決まってるというのが多かったので、もっと全然違う言葉を拾って欲しい。

——————–

スリムクラブ真栄田
私の近況、DJ知念ゆたかへのハガキ投稿。スリムクラブ真栄田っぽい独自の世界が結構ツボった。

アイデンティティ田島
野沢雅子の物真似。コンビでやる時に比べてパワー不足だった。もっとエロネタをふんだんにつかうコンビのほうが面白かったので改めてコンビネタで見たいな。

まとばゆう
手短に名作アニメ。名作アニメを短くまとめてぶったぎるんだけどそのぶった切り方が面白い。

ブルゾンちえみ
女です。おもしろ荘などで見せるいつもの世界観を1人でやるんだけど、あれは後ろの男性がいるから活きるので、完全に1人でやるとパワーダウン感は否めない。でもいまブレイク中だからまあ決勝は確定だろうねという感じ。

ぶらっくさむらい
TAKINO BEST。今回一番ツボったネタではあるんだけれど出オチ感は否めないので、同じネタで2回は難しそう。他のネタも見てみたいな。

レイザーラモンRG
トランプネタだけど最後は意外な着地。これも面白さというよりいつもの安定感あるRGでした。

全体的に例年よりパワーダウンしていて、すごく面白いとおもえるネタは少なめ。R-1見過ぎてネタになれてしまったというのもあるかもだけど、ぶっとんだ人が少なかったかなあ。

決勝の女性4人はもうテレビのための演出だなあと思いつつ、準決勝ではそこまで爆発しなかったルシファー吉岡がもう1ネタ見られることに期待。あとは敗者復活枠だれが来るかですかねー。

これまでのR-1ぐらんぷり参戦歴はこちら。

カイ氏伝: R-1見てきたよ
http://blogging.from.tv/archives/000015.html

カイ氏伝: 「R-1ぐらんぷり2007」準決勝見てきました
http://blogging.from.tv/archives/000333.html

R-1 2009準決勝行ってきた
https://bloggingfrom.tv/wp/2009/02/09/1699

R-1ぐらんぷり2010準決勝とって出しレポート
https://bloggingfrom.tv/wp/2010/02/09/3356

R-1ぐらんぷり2011準決勝見てきたよ
https://bloggingfrom.tv/wp/2011/01/31/4897

R-1ぐらんぷり2012準決勝見てきたよレポート
https://bloggingfrom.tv/wp/2012/03/03/7305

R-1ぐらんぷり2013準決勝見てきたレポート&R-1ぐらんぷり決勝所感
https://bloggingfrom.tv/wp/2013/02/18/8500

R-1ぐらんぷり2014準決勝行ってきた
https://bloggingfrom.tv/wp/2014/02/22/12181

R-1ぐらんぷり2015準決勝行ってきた
https://bloggingfrom.tv/wp/2015/02/02/13980

R-1ぐらんぷり2016準決勝行ってきた
https://bloggingfrom.tv/wp/2016/02/27/14742